昨日の「独立起業★若手社長塾」で、思い出せなかった
漢字
として示した「先天的」「後天的」、そのことに
後記では全然触れてませんでした〜ね。

これは、起業家として「先天的」に向き・不向きは、
あまり無く、ほとんどが「後天的」なモノだと、
そのことを言おうとしたときでした。
漢字を思い出せず、お恥ずかしい・・・

本題に戻って〜特に竹田社長も日頃から言われる、


「商売人の家庭で育った人は、土日・休日無く
 両親が身近に仕事をしている姿を見たり、
 そんな生活にどっぷり浸っている。
 かたや、サラリーマン家庭に育つと、
 土日・休日は休むのが当たり前。
 その差は、いざ起業したときには大きい」


まさにランチェスター経営利益時間戦略でしょうか。
これには参加者皆が納得でした。

7月4日77月4日4







加えて、以前に見たNHK 教育TVサイエンスZERO」、
ヒトの謎に迫る:人間は文化的か動物的か?」で、


「新奇探求性」と呼ばれる性格は
遺伝的な要素が強く・・・


とあり、いろいろと調べると、この性格は「新奇性探究」や
新奇性追求」とも呼ばれ、大本の理論は医学博士の
クロニンジャー氏のパーソナル理論とか。

難しいので専門的な事は↑↓各リンク先をご参考頂くとして、
勉強会でも触れている通り、この性格を持つ遺伝子は
日本人は欧米人よりも少なく、だから日本人は全般的に
「おっとり系」な民族だとか〜なるほど。

ですが、それをもって起業向きかどうかは別
後天的な“きっかけ”で成功できる〜と、先日竹内正浩様

6月27日お16月27日お9







“おっとりした人”向きの「独立起業★若手社長塾」、
“おっとりした人”向きの伊佐@ランチェスター経営
よろしくお願い申し上げます。
(確かに今まで、欧米人はご参加したこと無いですね)