先日は、メイン講師のストラテジア・前田憲太郎様
思いっきり疲れさせてしまったWeb商品戦略勉強会
<プライシング(価格付け)戦略>勉強会を開催しました。

1月22日31月22日4







ご参加は、創業80年超の老舗企業、二代目会長と、
創業90年超の老舗企業、四代目後継候補者の方。
どちらも凄く歴史のある老舗です。
ご参加を有り難うございました。

しかも、あまりに近い業界で、それぞれ場所も近くですから、
参加目的も表面的には自ずと似てくるように思われました。
確かに自己紹介では、そのように話されてました。

1月22日51月22日6







前回にも触れましたが、弱者の会社は高価格か低価格か、
どちらかの価格帯を中心にすることが原則であると
教材「商品戦略」DVDでは説明されてます。

その価格をどうするか、決定されるのは各々でしょうが、
価格先決め・粗利益先決め方式のように、そこから
見出せる考え方は、どちらに転んでも応用しがいはあるはず。

加えて、伝統商品は高価格帯で、後発は低価格帯で、
と説明していますので、今回ご参加の老舗企業には
現状の高価格帯商品でピッタリ!

1月22日71月22日8







後は、原理原則から導き出せる王道を貫くのが筋でしょう。
そのためには「情報」をはき出しなさいとっ...と前田様。
でも、オレオレ価格前回よりもこっそりと、、、

1月22日91月22日10







王道を王道として受け入れるか、王道を素通りするかは、
業歴や業種・業態に限らず〜ジェネレーションギャップ?
しかし、同じ世代でも全然違います全然違います

1月22日111月22日12







もしかすると・・・↑乱筆すぎで読めなかったとか?!
これにはお詫びするしかないです。
申し訳ございませんでした〜あ?!お互いに・・・↑