先週末に「感謝コミ勉強会」2日目を開催。
ご参加は2社、いずれも社員の方々でした。
それぞれの会社、あまりにも対照的・・・

3月20日13月20日4







一方の会社は本業とは別で、非関連な多角化をされて
おり、中でも最近に立ち上げられた非関連な別会社。
その中でも、割と実績を上げている社員の方がご参加。
その方は、前職時代よりランチェスター経営をご自身で独自に
勉強・実践されており、転職後も地道なハガキ・コミを。
さらなるノウハウ収集・新たな仕組み作りでご参加を。

もう一方の会社は、1年前に私が担当社員向け勉強会
1人の営業マンの方がご参加され、それから独自でいろいろ
感謝コミを実践され、その方が地道に実績を伸ばされてたと。
その方も含め社内で数名が選抜され、今回ご参加を。

3月20日33月20日2







以前も「ハガキを書くことは戦略?戦術?」で触れましたが、
ハガキも含めて「感謝コミ」自体は戦術分野とも言えます。

しかし、案内文にも「顧客戦略の仕組み」と書かせて
いただいているように、内容は戦略分野が中心です。
特に最初は、着眼大局の原則として「竹田ビジネスモデル
からご説明するのですが、前者の会社の方は十分にご理解
されているご様子。ですが、会社全体に戦略が無いことを
今回、改めて痛感されてました。

逆に後者の会社の方は、以前に勉強会にご参加された方
以外は、半ば口を開けてポッカ〜ンと・・・ですが、
その会社は徹底して弱者の戦略で地元No.1の域に。
業績も素晴らしい限り〜天晴れ!

それを前者の会社の方は羨ましく思いつつ、
「ちゃんとクロージングになると、
 トップセールスの社長が動き出しますから」と・・・
社長自身をお客作りの仕組みに組み入れるとは、
さすが、したたかな戦略家〜天晴れ!!