昨日の「ランチェスター社長学☆勉強会」へ
急遽、ご参加された塾師さんから、いただいた本。

CIMG8053














竹田社長の1983年の著書で、既に絶版の
『「利益時間」戦略』です。
たまたまブックオフで手に入れたそうですが、
帯もキレイ!有り難うございました。

大枠の内容は、当社の教材「時間戦略」や、
「自己啓発と時間戦略」と同じだとは
竹田社長本人から聞かされてましたが、
私はこの本自体を読んだことがありません。

早速、帯にも激辛で、
「利益=働く時間量×ウデ」
 スポーツや芸術と同じように、
 ビジネスでも徹底した「量稽古」
 によってウデがあがる。
 「時間投入の法則」とその具体的方法。

どうやら、社長や労働者とか関係無い内容で、
「権力者のための長時間労働ではなく、自分の
 潜在能力を引き出すために時間戦略を用いる」
とされている。蟹工船ではないようです。

CIMG8054













「竹田の子守り歌(本文中は「竹田の子守り唄」)」↑
とのページでは、「総合戦略図表」として、今の
竹田ビジネスモデル(チャート)」に通じる
その原型が載っているではないですか!?

ところで、「子守り歌(唄)」の「り」が
オリジナルとの差別化なのだろうか?
(何か変な文章になってしまう・・・気にされず)

さすがアマゾンで、4000円を超える値付け
(それでも以前よりは少し安くなったかも)
それにしても本当に細かい字で書かれた本
なので、日曜日くらいに読もう。