本日は「ランチェスター社長学☆勉強会」2回目
を開催。テーマが「社長の人徳能力の高め方」です。
ご参加は、食品メーカー後継社長さんがお一人。

先々週から同じテーマで、1回2回と開催し、
勉強会で取り扱うテーマとして「人徳能力(道徳)」は
とてつもなく難しいことを実感してましたが、まさに
今回も「難しい」で、ほぼ同意して終了でした。

難しいからこそ粗末に扱うのではなく、5年、7年、
10年と根気強く続けるしかないでしょうか。

CIMG8210CIMG8209







逆に、ご参加がお一人だった故に、ざっくばらんに
身近な時事ネタや、次回以降のテーマである
「社長の戦略能力の高め方」などにも言及しました。
その中でも、やはり経営理念と経営目的の設定に
現状だけでなく先代の時からも課題となっていたと。
簡単に「大義名分」と掲げても、そこに逃げたり、
それに救いを求める社員が見え隠れするそうな・・・

そんな状況にあって、参加者から出た質問の中で、
私が即座に的確なご返事が出来なかったモノに、


1.公職名誉職で、日中の半分を費やされると
  会社はどうなるんでしょうか?

2.直販が少ない食品メーカーとしての
  お客様の位置付けは?


そう言えば「1」に関しては、「2代目の悲劇」で
触れましたが、兵庫県の丹波市からお越しになった方
からお応えいただくのが良かったような・・・笑

CIMG8202













なお「2」に関しては、ただ今、事例紹介ビデオ
「DO IT!」シリーズを鑑賞して対応中です。
やはり「七福醸造様」が良いかな・・・
三河湾チャリティー100km歩け歩け大会」もあるし。

そう言えば、小池龍之介氏の著書
偽善入門―浮世をサバイバルする善悪マニュアル」に
凄く感心をされてました。Dr.大塚に感謝&感謝。