先日は1位づくりの「コピーライティング勉強会」
を開催しました。社長様がお一人ご参加。

CIMG1986CIMG1984

お一人でしたから、ざっくばらんの
ぶっちゃけ話しを展開されました。
「今の事業でFC本部から圧迫が強く、
 精神的な自由を求めて
 新たな事業展開を考えている」なんと!?

こりゃ〜今回は「コピーライティング勉強会」
どころじゃありませんよぉ。
まさに「独立起業★若手社長塾」的な展開です。

そうなると参加者だけでなく、私やメイン講師の
ワードメーカー(株)狩生孝之様ともども、
ついつい三者三様で語り出してしまいました。

CIMG1979CIMG1980

以前から耳にはしてましたが、FCに関して、
フランチャイザー(本部)と、受ける側の
フランチャイジーとでは、こうも差が激しいとは。

確かに精神的な圧迫は強いと思いますが、
自由を求めすぎるが故に、何をするか
参加者にとって全く明確にされてません。
そうなると、また安易にFCに走り出す・・・
端から見ていると、結局は悪循環に
はまっている様子が見て取れます。

今の事業でも戦略的な発想もされておらず、
今後の事業展開でも同様で、何か看板を
掲げればお客がやってくる的な思考でした。

CIMG1987CIMG1982

以上のような「独立起業★若手社長塾」的な展開先に
時間を半分以上も費やしてしまいましたが、
今日は「コピーライティング勉強会」です。
収拾がつかないまま、狩生様にバトンタッチを。

しかも参加者の方に、今の事業か、いくつか
話しに上がった今後の事業か、どの事業を
主にして、コピーライティングの話しを展開
して欲しいか尋ねたところ、私が思いつきで
話を展開させた今後の事業についてとご返事が。

CIMG1983CIMG1985

空想の事業に対して、空想な見込客を想定して
話を展開させる・・・結局は前半に話した
「独立起業★若手社長塾」的な展開で終了でした。
参加者は思わぬお得感だったかも。

CIMG1977

狩生様、お疲れ様でした。
だから、焦点がぼやけた写真↑だったのかも。