本日は「ランチェスター戦略☆社長塾
その火曜日コースの<応用(計画)編>
3回目:地域、業界・客層戦略を開催しました。
お申し込みは9名の方でしたが、結局は
7名のご参加(何とも・・・苦!)

ご参加の皆さん、有り難うございました。

CIMG3337CIMG3334

既に開始1時間前に、午前中のお仕事が
早くに終わったとのことで、早々に
お越しになった社長様と少し歓談を。

その社長様が初めて竹田社長の話しをお聞きに
なったのが、ある青年団での講演とのことでした。
話しの中で、その元メンバーのお知り合いで、
熱心にランチェスター経営を勉強されている
私も存じ上げる社長様のお名前が出てきました。
今回のテーマが地域戦略でしたから、折角と思い
そのお店を事例としてご紹介することに。

その店は、しっかりと来店調査をすることで、
思わぬ方向からお客さんが多く足を運び、
その理由を仮定することで、自社の強みを
検証することが出来るんです〜との事例でした。

CIMG3340CIMG3335

そんな地域戦略、土曜日コースの後記でも
ご紹介したように、竹田社長は


「自社で競争力ある商品を開発する場合、
 少なからぬお金が必要になるが、
 営業地域の決め方は知恵の問題で
 お金がいらないから、経営規模が小さな
 会社であるほど、しっかり研究すべき」


以上より、戦略の「略」の意味が「知恵」
である事に加えて、より知恵が必要となる
のが「地域戦略」とのことになります。

CIMG3338CIMG3339

以前に「馬鹿につける薬は地域戦略? 」で
逆説的に申し上げましたが、地域戦略は
考えて&考えて、考え抜くと、ある程度の
答えが出ます。 正確な情報が大前提ですが。

しかし、移動を伴わず、その業務のほとんどを
ネットで行う通販などであれば、知恵以上の
モノが差別化には必要となってくるはずです。

故に竹田社長自身も、鑑賞した
「独立起業の成功戦略」DVDでは、
「業界・客層戦略」が、わずか2ページ
・約12分間しか無いのですから・・・
(しかも、教材は無いですし)

そうなると、地域戦略を活かせる事業だけで
展開するのも一手かもしれません。