時間オーバーで終わったメイン講師
(株)ハードリング岡漱一郎様による
建築・リフォーム業「ランチェスター戦略☆社長塾」 
<応用編>7回目の本講に続いて、
<原則編>2回目の補講を開催。

CIMG3871CIMG3872

実は、私も前日まで開催を忘れていた
この補講でしたが(失礼しました)、
思い出して直ぐに「ご参加お忘れ無く」
との再確認FAXを差し上げました。

しかし、時既に遅し・・・
お一人、スケジュールが合わず2名と。
申し訳ございませんでした。

CIMG3870CIMG3869

さて、鑑賞する教材DVD「戦略☆社長」
「第2章 利益性の原則と市場占有率」
が今回の補講のテーマです。

CIMG3877CIMG3876

1人当たりの経常利益が市場占有率の
2条に比例する市場占有率の原則
地域戦略の概念から説明してます。

お客を集中して作り1位になると

1.営業経費が割安になる。
   「1位、経費割安の原則」

2.お客の紹介・口コミが多くなる。
   「1位、紹介の原則」
  
3.倒産や廃業が出ると、その会社が
  持っていたお客が1位の会社に流れる。
   「1位、集中の原則」

CIMG3881CIMG3880

以上のように他社に比べ、

・粗利益の補給力が強くなる
・お客を作る経費が割安になる

とのことで、アウトプット以上の
インプットが得られます。
いわゆる2乗作用(笑)によってです。

CIMG3728CIMG3729

ちょうど年末特別・竹田陽一セミナー
質疑応答の際に話しが出てきた、


「競争相手が多数いる中で
 1位になれば2乗作用が生じるので、
 アウトプット以上のインプットが得られる。

 ただ、2社か3社の中では
 アウトプット=インプット くらい。

 しかし、世間一般的には
 強い会社から2乗作用を受けて
 アウトプット以下のインプットしか
 得られていない会社がほとんど。
 不利な会社が有利な会社のマネをする
 から悲劇が生まれてしまう」


との竹田社長の説明を思い出しました。

CIMG3724

なるほど〜競争の無い未開拓市場に参入
しても、2乗作用は生まれないんでしょうね。

CIMG3884CIMG3886

とか考えていると、岡様が一気に
進行させ補講が終了しました。

早ぃ!考えがまとまりませんでした。

これが今年1年間の奇想天外、悪戦苦闘、 
試行錯誤の幕開けかも・・・