昨日は「No.1社員養成塾」を開催、
ご参加は同じ会社から2名の方でした
有り難うございました。

以前は所長だったが、最近になって
本社勤務の部長に昇進した方と、
その部長の後任で所長になった若い方。

それぞれの役職・肩書きに成り立ての
ホヤ〜ホヤ〜の“新人さん”でした。

CIMG3997CIMG3999

この勉強会、案内文中には、

「30歳代前半の若手社員
 ・新入社員にもピッタリな内容」

と記していますから、新所長さんには
年齢的にも当てはまるようです。
新部長さんは年齢的に私と近そうで
時事的な脱線話に花が咲きすぎました。

とは言え、実務的な内容以外で
外部のセミナー・研修会に参加される
のは初めてだとか。
その割りにはしっかりされてました。

片や、そういう脱線話には世代的に共感を
しづらかった新所長さんでしたが、素直に
やりとりをお聞きして、素直に意味不明な
言葉・内容は質問されてきます。

CIMG4000CIMG3998

途中、休憩に入り、新部長さんがトイレで
離席された時に、新所長さんから若くして
所長になった感想などをお尋ねすると、

「本社で新体制の会議に呼ばれて、
 急遽、お客さんから電話があり
 離席していたときに決まってました。
 決まってしまったモノは何も言えません。 

 いざ所長になって営業所では、
 自分の父親よりも年上の先輩がいて、
 なんか不思議な毎日を過ごしています」と。

つい口にした本音でしょうか。
でも新部長さん、チラっと聞いてました(笑)

その場では知らない振りをしてましたが、
講義の内容が「お客作りの大切さ」などになり、
新部長さんと新所長さんと私で、現場での
細かな仕組み・企画などで盛り上がった時、

「そういう素直で前向きな考え方だから
 今回、お前を所長に抜擢した。
 年上の人がいようが気にしないで」

新所長さん、頑張ってください!
(新部長さんも)