本日は、ランチェスター法則応用
「リーダーシップ戦略」勉強会を、
4名のご参加で開催しました。

DSC02621DSC02619

ご参加は、部長、所長、専務、工場長
との肩書きを持った方々でした。

とは言え、「リーダーのタイプと役目」の
項目で、ご確認いただきましたが、
経営の原理原則と経営規模からすると、
ほとんどの方が伍長さんリーダーです。

DSC02622DSC02620

ところで、自己紹介の際にお伝えしたの
ですが、今回のご参加は、「車」関係の
会社にお勤めの方々が中心です。
(すごく偶然が重なった結果?)

だから「車」の話しで和気藹々と・・・
とは、ほんとんどなりませんでした。
純粋な営業職の方がいなかったから
でしょうか。
どうも皆さん「職人気質」な気配で、
真面目なのですが質問も出てきません。

DSC02623DSC02624

休憩を挟んで、各々の会社の方に、
他にご参加されている各々の会社を
ご存じかどうかをお尋ねすると、
「何となく・・・」と。

競合では無さそうでしたから、
名刺交換ぐらいされればと促しました。

交換した名刺をご覧になり、
「思っていた会社と違ってました」と。

そこから笑顔が零れだして、
所在地が離れているだけに、各々の
会社同士では取引は無かったようですが、
中には共通のお客さんもあって場が和み、
ようやく和気藹々と〜遅かったですが。

s217[1]

今回、中心となって鑑賞いただいた教材
「係長課長のリーダーシップ」DVDでは、
学習効果の説明で、教材の質に関して
先行投資の比率:3〜5%に対して、
従業員であれば手取りの2〜3%と
説明する際、


手取りの2〜3%の金額分、
継続して本を買うべきである。

ところが実際では、車とか趣味に
投資する人はとても多くなるが・・・


本日のご参加の方々は「車」が趣味で
それに多く投資してもOKです。
仕事に置き換えがきく趣味どころか、
そのまま仕事が「車」ですからね。

その状態であれば、部下にも動機付けが
与えられて相乗効果を発揮します。