昨日は日曜日でしたが、ワードメーカー(株)
狩生孝之様がメイン講師で
比較されても選ばれる!1位づくりの
コピーライティング勉強会」を開催しました。

DSC02665DSC02672







お申し込みされていた方で急遽、
お一人が欠席となりましたが、
ご参加はお二人の方。
ご熱心に有り難うございました。

お申し込み自体は別々だったのですが、
会場でお二人が顔を合わせてビックリ!?

「あら?くまモン!」

今回ご参加いただいたお二人は特にですが、
皆さん、お知り合いの方々でした。

DSC02654DSC02662







そんなアットホームな雰囲気の中で、
まず私から、経営全体における「コピー」の
位置づけを原理原則に基づいて解説と、
改まって各自の自己紹介をお願いしました。

少し硬めな話しとなりそうでしたが、
アットホームな雰囲気なので程々に。

DSC02683DSC02679







原理原則を取り違えテクニックだけに走ると、

・見てもらえない
・覚えてもらえない
・買ってもらえない

では、どうするか?〜で、狩生様にバトンタッチ。

DSC02689DSC02690







狩生様が解説する中で、ワークの時間は
もちろんですが、資料に空白の項目が多く、
書かせる内容に一新されてました。

DSC02684DSC02686







アットホームな雰囲気な中、そのワークでは
せっかくですから私も加わって作業&発表を。

それが故に、後半は時間が足らなくなりました。
それは狩生様が典型的な日本人だから?

しかし、参加者の中からは
「あれ?16時半までと思っていた」
と少し勘違いされていた方もあり、
それはそれでOKだったのではないでしょうか。

そんなアットホームな雰囲気だから、
途中でバナナが飛び出したりまで!?

DSC02688DSC02685







ただお知り合いだった反面、ワーク後の発表で、
各々に対しお互いの主観的な感想ではない
意外な一面を知ることが出来ました。

それが「客観的に事実を知らせるコピー」
に、そのまま上手く繋がりました。

DSC02674














またバナナ以外に↑笑顔とピースも飛び出し、
その中で判明したことが、

「くまモンは、餃子が大好物だが、
 それだけで誘っても動きません」だとか。

それも意外な一面?

kakuk














なお、今回ご参加されたお二人に、
狩生様がお勧めされた本は↑こちら

書くことが思いつかない人のための
 文章教室近藤勝重氏・著 (幻冬舎新書

最近はブログネタに困っている私も、
早速ご注文いたしました。