本日は、メイン講師(株)ハードリング
軍師・岡漱一郎様による建築リフォーム
「ランチェスター戦略☆社長塾」7期生、
<原則編>の3回目を開催しました。

DSC02800DSC02819







ちょうど1週間前に補講を開催して、
今回は一段と参加者が大勢になる・・・
はずでしたが、欠席者が続出でした。

花粉の季節で私も体調を崩してますが、
それだけでなく別に危険物質が中国から
飛来しているので、皆さん要注意です。

DSC02807DSC02811







そんな中でも5名の方がご参加を。
有り難うございました。

テーマは「第3章 戦略と戦術」、
竹田ビジネスモデル(チャート)では
実行の手順に当たり、そのことで
「知っておくべき社長の役目を理解する」

DSC02802DSC02806







会社の規模(従業員数)が少なければ、
社長も日常で現場において、戦術作業に
勤しまなければ会社は潰れてしまいます。

ですが、その戦術作業は戦略に基づき、
その戦略は目的・目標に基づきますので、
これら戦略や目的・目標が無かったり、
何ら差別化されていなければ、ウエイトが
低い戦術だけで効果性を高めることは、
ほぼ不可能であり、結果は赤字転落に。

DSC02810DSC02813







今回ご参加の皆さんは、社長がなすべき
「役目」には戦略が存在することを、
改めて知り、その「やり方」には
ランチェスター法則の応用から、
強者の戦略、弱者の戦略の2通りが
存在することも知りました。

詳しい内容は<応用編>で触れていきますが、
知ることで今、現実社会で起きている
種々の情勢を見る目が変わってくるはずです。

DSC02818DSC02816







消費税の段階的増税や、政治的なデフレ脱却
からインフレへの移行もあって、その直前
での駆け込み需要によるバブル状態の中、
浮かれ気味で来る仕事&来る仕事をこなす
だけに終わっている会社もあるかもしれません。

しかし、その先に何が待ちかまえているかは、
幾多のバブルを経験したり見てきているはず。
歴史に学ぶのであれば、やはり大局観を持ち
目に見える戦術分野で右往左往するのは禁物。
そう言うことを今回、知ったはずです。

DSC02815DSC02814







そこで戦略思考を育み、見えない戦略分野で
一歩も二歩も先を見越した取り組みを今から
岡様とご一緒に学んでいきましょう。
(しかも、こっそりと・笑)