昨日は、メイン講師(株)ハードリング
軍師・岡漱一郎様による建築リフォーム
「ランチェスター戦略☆社長塾」7期生
<原則編>の4回目を開催しました。

DSC02911DSC02905







開始直後、近況報告で岡様からは、
今まで以上に時事的な話しが長々と。
それだけ政権交代後、徐々に世の中が
変わろうとしている様を、全国各地の
状況から読み取られているんでしょう。

じっと聞き入るご参加の皆さん、
中には焦りが顔色に出ている方や、
逆にやる気がみなぎる方など様々。

DSC02910DSC02907







DVDは、前回の「第3章 戦略と戦術」
から、残していた最後の部分から。
バタビン&セカビン」社長にならぬよう
ご注意ですね。

DSC02912DSC02914







続いて本題となる
「第4章 経営の全体図と社長の実力向上対策」

テキストとなる「戦略☆社長」の副題
上位3%を目指して」でないと、
たとえ業界平均以上の利益を確保しても、
潤沢な自己資本が貯まらないと。

そのためには、業績の中の98%を占める
社長の戦略実力を高めるしか無い。

DSC02915DSC02919







その実力向上の第1の要因が素質で、
第2が教材の質、第3が学習回数だと。

第2の教材の質で、研究テーマは
本来は仕事に直接関係する項目から
手を付けていき、人格や精神面に関しては
後から手を付けていけばいいと。

経営理念ばかりを重視する社長の中には
業績が悪い人が多いと竹田先生
早く言えば、ありがたい話しを好む割には
ボロの決算書がほとんどだと。

DSC02917DSC02920







また、良い教材かのチェックポイントで
著者がどういう人かを挙げており、

1.学歴が良く、40歳まで大きな
  有名会社にいた人はハズレが多い。

2.管理業務、人事、経理、工事・工場、
  雑誌や新聞記者を長くしていた人、
  教授などが書いたモノは、抽象的で
  大会社の話し中心でハズレが多い。

3.営業経験が5年以下か、全く営業経験が
  無い人は、ハズレが多い。

4.自分の努力で1位を作った経験の無い人。

以上のような人は、時代評論家や景気評論家が
多く、他人の指摘だけで、具体的な解決策を
示さず、スローガン中心で終わっている。


皆さん、いかがでしょうか?

CIMG3557














ただ、上記の「1〜4」の真逆にいる人って、
当の竹田先生くらいかも・・・(笑)

DSC02927DSC02924







さて、今回が<原則編>全4回の最終回。
ご参加の皆さん、より勉強したい欲求を高め
席を後にされていきました。
有り難うございました。

DSC02922DSC02928







同時に、今回で岡様講師の社長塾が一区切り。
岡様、お世話になり有り難うございました。

また・・・遅くとも11月8日(金)に、
お会いできればと思っております。
よろしくお願い申し上げます。