いよいよ先日の火曜日から開催した
「社長のリーダーシップ戦略」マラソン

DSC03056DSC03055







予想に反して(?)か、予想以上に大盛況!
福岡県内だけでなく、熊本&鹿児島&宮崎
から、6名の方にご参加いただきました
有り難うございました。

DSC03057DSC03058







さて「社長のリーダーシップ戦略」マラソン
と言えども、鑑賞するDVD
「(社長の)リーダーシップ戦略」では、

「1章 経営の全体像をつかむ」と、
「2章 経営の目的と戦略」と、
「3章 ランチェスター法則を知る」と、
「4章 戦術と戦術リーダー」と、

全6巻中、4巻までが、「はじめに」を除いて、
経営の原理原則について説明している内容。

s315[1]









ですから、経営原則の復習をするには、
ピッタリな内容ですが、直接的に
リーダーシップを学ぶ内容ではありません。

DSC03060DSC03061







しかし、この中で一番重要となる内容が、
「はじめに」に触れられています。

「上司の実力」と「新人の資質」の表、
そうです「社長と従業員との実力」の表。

syaju[1]














これは↑昨年の夏に開催しました勉強会
「リーダーシップ戦略&1位作りの組織戦略」
その案内文で使用してまいましたし、
「組織戦略」の教材でも触れられています。

ですから、意外な結果をもたらした
実態調査として、竹田先生が紹介しますが、
皆さんが知っていて当然かと思いました。

DSC03059DSC03066







が!?予想に反して、予想以上に間違い続出!

「忘れてました」との方は、また改めて
復習すれば大丈夫かと思います。

しかし、この「リーダーシップ戦略」でも、
「組織戦略」でも触れられているほど
大事であれば、無知は罪でしかありません。

どんなに経営戦略を勉強していたとしても、
個人としては素晴らしいかも知れませんが、
結果として、トンチンカンな組織作りしか
出来ないのかも知れません。

DSC03065DSC03062







このこともあって、竹田先生が常日頃から

「中小企業の社長は、
 フルラインの研究が必要」

と言っているのでしょう。

A5D7A5EDBCD2C4B9[1]














98%は社長ひとりの実力で決まる
 頑張りましょう!