昨日は「独立起業★若手社長塾
ご参加は開業されて間もない
特殊能力を業とされる起業家
お一人がご参加でした。

有り難うございました。

DSC05192DSC05193







参加者がお一人の場合、
しかも既に起業されている方なら
自己紹介を兼ねて現状をお尋ねし、
その状況に合わせて内容を
組み立て進行していきます。

この方は、東京だから成り立つ
ような、ある特殊能力を売りに
されたビジネスモデルで事業化
した会社に勤めていた参加者。

起業され、その勤めていた会社と
同様なアプローチをしていたが、
全く見込客すら見つからず・・・

まさに、現状が「狂者の戦略

DSC05194













以前にアントレ」の取材で、
竹田先生が話されていた


ランチェスター経営版、起業の公式

・Y= aX の2乗 + b


・Y(ワイ)は、経営の推進力
・a(エー)は、商品戦略の能力
・X(エックス)は、営業戦略の能力
・b(ビィー)は、見込客などの蓄積


この公式に、参加者の現状を
照らし合わせてみると・・・
「a」しか無いままで起業を!?

しかも、「a」が特殊能力であり、
そのレベルは会社でも高かった故に
「何でも出来る」と勘違いを。

加えて参加者は「何でも出来る」
が故に、「誰でもお客さんになりえる」
とのアプローチに至ったようです。

あまりに特殊能力すぎるためか、
確かに競争相手は見当たりませんが、
どうやらお客さんも見当たりません。

これこそ、究極の誰もいない
ブルーオーシャン状態
(既に死語?)

ここで、参加者が落胆・・・

DSC05196DSC05195







そんな参加者の特殊能力に、
ある団体のピッタリな活動を
ご紹介しました。

「まさに、ボクの見込客が
 たくさんいるじゃないですか!?」

落胆されていた状況から一転、
歓喜の言葉をあげる参加者に、
つい笑ってしまいました。

ともかく、そのアプローチも
忘れずに弱者の戦略で!
その後は、指導先とともに是非、
優勝を目指してください(笑)
過去の優勝者をご紹介)