昨日は、建築・リフォーム業
ランチェスター戦略社長塾
19期生、原則編の補講を開催。

DSC07548DSC07547







補講にお越しになった方は
昨年末の計画勉強会にも
ご参加された後継者の方。

その際、自社だけが人手不足で
苦しむのではなく、全国的に
全産業的な人手不足の中でも、
わざわざ隔週、勉強しに福岡まで
お越しになる他業種の社長様が
いらっしゃることを知りました。
そして、忙しい年始にも関わらず
今回の社長塾にご参加されました。

ただ、忙しさは半端ではなく、
結局、原則編2回目3回目
欠席されての補講でした。

DSC07549DSC07550







実際、先代社長から引き継いだ
公共事業中心の下請体質だった
会社を、元請業務に切り替えて
がんばっている状態だそうです。

ちょうど会社が、大都市圏と
地方都市との中間に位置して、
地場で1位だった同業他社は
営業の中心をどんどん大都市圏
に拡大したこともあり、今では
本社も大都市に移したとか。
また、同レベルの同業他社は
後継者不足などもあり、軒並み
倒産・廃業で、まさに空白地帯。
自ずと地元1位になったとか。

より地方にある地場ゼネコン
クラスの同業他社が、どんどん
営業所を出してくるようですが、
地元の人たちは見向きもせず。


「地元に古くから残る
 安心できる会社」


との信頼があるようで、結果
この会社に依頼をするようです。

まさに1位集中の原則

しかし、最近になっては、
金銭的に割に合わないような
お客さんも多く、それでも
社長自らが最前線に立って
無理矢理、対応しているとか。

お話を聞けば聞くほど、
客層戦略を展開すると、
いろいろと手が打てそうです。
(既に客層の不一致?)

客層1客層2












残念ながら今は資金力もない
だけに、周辺都市に点在する
大手の同業他社には隠密戦で、
まずは知識習得に努めるよう
忙しくても勉強ですね。