本日は、トップのための
感謝コミ勉強会・実践編
を開催しました。

DSC07988DSC07987







今回は、竹田先生の改訂版新著
1枚のはがきで売上げを伸ばす方法
あさ出版)がテキスト。

81CZLmh5hbL















ちょうど、お盆直前に開催
しました(ような夢を見た


「竹田先生による
 ランチェスター法則応用セミナー」

DSC07908DSC07917








の最後に竹田先生から直々で、
個別にキャッチフレーズを
サインと共に書いてもらった
方もご参加でした。

ですから、先に本を手にされ
既に読まれていたので、
その感想やポイントを少し
お話しいただきました。

すると、私も先にブログ
書いていたように、


「本のタイトルが
 ハガキとなってますが、
 決してハガキの内容
 ばかりではなく、
 勘違いしそうですね」 

*敢えて読みやすいように
  「はがき」は、カタカナで
 表記してます(他も)。


それには勘違いさせる狙いも
実はあるようで、このことは
私から追加で解説を。

また、もう一人の方は先日、
台風が上陸した鹿児島から
お久しぶりにお越しだった
ので、その被害状況なども
お話しいただきました。

DSC07990DSC07989







こんなランチェスター経営
既に勉強された方々のご参加
でしたので、今回は本の中
から(ハガキに限らず)
お礼状を出しにくくする
「6つの障害」から。


お礼状を出さない6つの障害
(ハガキに限らないバージョン)

1.出すタイミングが分からない

2.その時間がない

3.字が下手。書きたくない

4.何を書いたらいいか分からない

5.名簿がない

6.「ついでの仕事」意識が高く
  つい後回しになる


それぞれの対策が書かれた
後の「仕組み」作りのポイントを、
各々で確認していきました。

307big












しかし、この「2」に関して
他の本や、顧客戦略の教材など
でも竹田先生からは、


5分以内(4分以内との表記も)
で書ける、書きやすいハガキや
FAX用紙を準備する。


と説明されてますが、果たして、
それだけで十分でしょうか?

ただし、「感謝コミ」など
他の本では、最後の最後に、


代わりに書く人を探して、
有料で代筆してもらう。


とまで説明されてますが、
それだと通常のDMと同じ
結果となる場合もあります。
今回は除外します。

hagkkan













実は、この「2.時間がない」に
関して、竹田先生は事例の中で
しっかり対応策に触れてます。

それは、今回の本だけでなく、
一枚のはがきでお客様を感動させる本
でも紹介されている、
マニアの中では有名な(?)、
あの田中真理子さんの事例。
今回の本から抜粋すると、

*この事例も、感動的なのは
 ハガキだけではありませんが。


福岡銀行の元・窓口担当
/田中真理子氏

預金獲得・4回連続トップの
裏に、年間1000通の
「手書きはがき」あり!



◆お客との距離を近づける5つのこと

1.来店したお客を待たせない


・・・との中です。

なお、以前にご紹介したブログ
ほぼ全文を書いてましたので、
その部分のみ慌てて削除を。

これが実践できないと、
お礼状であろうとなかろうと、
何も仕事ができなくなる
恐れがあります。

DSC06643














これが分かってないと
バタビン」まっしぐら。
皆さんも再確認ください。