再び〜先日から、昔の竹田先生
講演テキスト旧版・教材テキスト
など訳あって見返しております。

IMG_3499















その中でも、以前に本が出版された
コトで既に世間的にも認知された上、
ついには東京大学にまで浸透
した「バタバタ貧乏」の「バタビン」。

4a88853b















その二番煎じだったからか、
いつの間にか消滅しつつある、
「セカセカ」と気ぜわしく
仕事をする「セカビン」。

DSC03327













その2つの傾向に陥りやすい社長
として分類がありました。


 ̄超犯出身が「バタビン」社長

 「網は広い方が良い」と言い、
 従業員が15人もいないのに、
 日本の半分の広さを走り回る
 全国バタビン協会の県支部長
 が務まる社長までいる。
 (いつもながらの竹田節


∪渋と出身が「セカビン」社長

 女子のパートでも出来るような
 仕事を自分で抱え込んで、
 「汗を流すことが仕事」だと
 信じて止まない社長までいる。
 (こちらは協会は無し)


もうお解りだと思いますが、
どちらも経営戦略など知らず、
それでいて真面目に仕事熱心な
社長と周りに思われているとか。

しかし、


戦略なき経営はムダが多い

価値が低い仕事を、
  いくら能率良くしても
  生産性は上がらない。


とのことで、仕事をしている割
には業績が悪い状態のまま。

前者は売上だけは上がりそう
ですが、それ以上に経費が
かさんでしまうでしょう。
後者は「売らない師」?

ともかく、どちらも
戦術社長」でしょうか。

DSC03333













この逆に、立派な「目的・目標」は
掲げるが、「狭義の戦略」は無い
ままで、従業員が自主的に対応
すべきとする、大会社の社長の
ように勘違いする「元帥」社長
もあるようですが・・・

syosi

ここに、新人が登場?
続きは明日