ランチェスター経営(株)からの
経営データとしてお馴染みとなる
各種利益表が出来上がったようです。

ac4c459e












ザックリ見て、全業種平均の数値が


1人当たり粗利益:786.3万円
1人当たり純利益: 40.6万円


と微増で、全小売業も全飲食業も
微増と、全体的に景気の良さが
感じられる結果でしょうか。
(国内旅行業はガタ落ち?)

また上場企業の経常利益表では、
あの家具屋さんサザエさん
くらいが ▲ で逆に目立ちますが、
全体的に景気が良さそうです。

コンビニ業界も、業界トップ3
+プラス1が、上から順番通りに
数字が並んでいます。
(2番と3番は店舗数は逆?)、

4a49a58c












加えて興味深いのは、中小企業
の各利益表で、新たな業種に
「コンビニ」が小売業で追加
されている点です。

今まで掲載が無かったので、
私が個別に9年前くらいに
ブログ記事は2010年
調べたりしたのですが、
その当時よりも粗利益も
純利益も多くはなってます。

しかも、他の小売業と比べると
粗利益は割と良いですが、
純利益は厳しい数字です。
これ以前、私は調べなかった
ですが、労働分配率を見て
ビックリ!?

誰に搾取されているのかが
ありありと・・・(内緒)

takedap3












ついでに、8月5日(土)開催の
「失敗から学ぶ!」勉強会
その案内文を一部訂正します。


・ソフトウエア業界(2017年7月)

1人当たり粗利益:797.2万円
1人当たり純利益: 34.5万円


ですから、当然1人当たりの生産性
高水準を維持。その平均と比べて

・3倍超の粗利益額/約2500万円弱
・純利益では16倍ほど/約550万円


そんなニッチ市場で「小さな1位企業」に

なった話しをゲスト講師の竹花利明 氏
(有)プラスソフト代表取締役社長
からお聞きすることが出来ます。

お楽しみに!

DSC07844












&続く特別・竹田先生セミナーでは、
各利益表の解説もお聞きできます。
(なぜ、あの会社を新たに追加したか?)

ダブルでお楽しみに!!