カテゴリ: ユーザー特別勉強会

先月の「福岡経営実践ジム」【後半
メイン講師(株)ハードリング
軍師・岡漱一郎様による「哲学」講座

DSC08786DSC08790







「経営方針(目的・目標)」の
形成について岡様が話す中で、


「会社も役に立たなくなると
 社会から必要なくなり倒産する。
 だから方針が大切。
 
 会社が大きな組織となると、
 それを動かす方向性を示すには、
 明確な方針が必要となる。

 そのロジックな面での方針が
 ランチェスターでは『1位作り
 精神的な方針が『経営理念』。
 別々ではあるが、
 不思議に結果として一致しないと
 掲げた方針は達成できない。

 その方針に大義があって
 『志』となる・・・」


ランチェスター経営(株)では
まるでタブー視され否定的
「経営理念」がバンバン飛び交い
ましたが、それは一面であり、
ロジックなもう一面では
ランチェスターから導かれた
一位主義を貫く必要があります。

ただ、浅はかな思考で導かれたら
全く差別化も何もないままで
業績も好転しないでしょう。
だから、正しく目的・目標を
設定するために、経営戦略を
学習する量稽古を!

DSC08787DSC08789







また、もう一面も同様で、


「・・・この『志』や『経営理念』も
 最初から直ぐには出てこない」


として、思考をトレーニングして
習得する必要があります。
こちらも量稽古を!

DSC08784DSC08792







それぞれの「方針」の形成には
段階があり、その点については
今年1月の「経営実践ジム」で、
「経営方針」策定ツールを使い、
岡様から説明がありました。
「経営方針」二段階形成とでも
申し上げるような形成です。
しかも、その活用もそれぞれ
の段階で異なってきます。
だから二段活用と勝手に
命名(失礼)

DSC08188DSC08189







しかし、晩節を汚す人々が集う
地域の経済団体で唱えるように
決して「はじめに理念ありき」
ではありません。

最初の段階では、最低限の
持ちうる戦略能力で、ロジックな
面での方針を掲げ、達成しないと
会社自体が生きていけません。
粗利益不足で直ぐ倒産です。

DSC08794DSC08795







こんなことも含めて、先日の
「経営実践ジム」復習勉強会
復習していきました。

そう勉強していく中で、


「そもそも、この目的は?」

DSC08796














などを、お互いに考え&考え
していきました。

その過程で、参加者から
フ〜っと出てきたご質問が・・・

CIMG8493












竹田先生名著
ランチェスター社長学」に
関係する内容でした。

*夏のように暑いので以上。
  この続きは、こちらで。

先月の「福岡経営実践ジム」が
終了して1週間が経ちました。
とのことで先日は、その
復習勉強会を開催しました。

DSC08794DSC08795







ですが、結局は1週間前の
復習ではなく、9カ月前
開催した「経営実践ジム」の
復習となりました。

そうなるに到った理由は、
この・・・


「そもそも、この目的は?」

DSC08796














などを、お互いに考え&考え
して頭を抱えてしまったので。
ほぼ「哲学」講座の延長と
なってしまいました。

DSC08793












考え疲れたので今日はココまで。
続きは天気が良くなってから。

実感があるかどうかは別にして
(世間的には「実感なき」との声)、
いざなぎ景気を超えた長期景気
拡大が続いているようです。

DSC08784DSC08785







先日の「福岡経営実践ジム」【後半
メイン講師の(株)ハードリング
軍師・岡漱一郎様から、各地の声で
同様に「景気が良くなっている」
と近況報告がありました。


「景気が良いから」
「仕事があるから」


営業地域を拡大する動きも
チラチラ目にしているようです。

ただ、一方で廃業する会社
ポツポツと出始めたようです。
これは景気に関係ない動きかと。

DSC08790DSC08792







そこで注意して欲しい点として、
市場が縮小して淘汰がはじまると。
生き残るのは1位の会社だけ
であるとの事実から。


「・・・将来的に、
 人口減少や市場縮小が、
 劇的に起こることが解っているなら、
 景気が少し上向きで仕事があり、
 周りの競争相手が営業地域の
 拡大に進む今の内に、
 早く地域シェア(占有率)
 を確保すべき」


これこそ、とある1位企業
トップがインタビューで語る


「実は、当社の売上げは、
 景気が悪くなると
 良くなる傾向があります・・・」

urauraw


















と実証データが物語っています。
それもランチェスターで・・・

先日の「福岡経営実践ジム」【前半】

DSC08781DSC08780







8月5日(土)に開催した
「失敗から学ぶ!」勉強会

DSC08586DSC08606







竹田ランチェスター研究会の研究
報告で、双方のランチェスター
学んだからこそ解った
「比較ランチェスター」論を、
少し応用してご説明しました。

7b2eb366-s[1]3e8ee2c8[1]











ランチェスター経営(株)
DVDテキスト「戦略☆名人
独立起業の成功戦略」とで、
【狭義の戦略】に該当する内容
が、無いのであれば・・・

結局、竹田ランチェスターでは
【狭義の戦略】が学べない
との矛盾に陥ります

DSC08782DSC08783







そうならないように、その空白
を埋めるのが、先に触れた
「比較ランチェスター」論
少し応用した内容なのです。

4post3












これは、そもそも竹田先生
された差別化とは何か
竹田ビジネスモデル
じっくり考えると自然と
出てくる答えでもあります。

ただ、出てきても難しいのは
難しいのですけど・・・

つい先日の「福岡経営実践ジム」、
いつも通り【後半】メイン講師
(株)ハードリングの軍師・
岡漱一郎様による「哲学」講座

DSC08790DSC08789







この講座もスタートしてから
前振りに2カ月あり)
はや半年が過ぎ、多くの方々が
徐々に覚醒しだした・・・
ような気配も感じられます。

DSC08787DSC08785







それよりも、正社員がいる
社長様の多くは、ここでの
学びを社内に持ち帰ってます。
時には、同じように課題図書を
読み合ったりなどなど・・・

こうする中で、


「いつも何を考えているか
 解ったようで解らない社員が
 意外にも物事を深く考えたり、
 かといって別の面では
 全く何も考えてなかったり
 思わぬ発見もある」


とのご意見もチラチラと〜
皆さん、やってますね。

DSC08784DSC08786







社内で一気に「共通了解」を
得ようとは出来ないまでも、
そんなコミュニケーションの
場を持てることが、今後に
繋がるのではないかと思います。
まずは続けることから。

BlogPaint












こんな「哲学」講座での
課題図書は、以前にチラっと
バックに↑写ったシーン
載せましたが、忘れた人も
いるようなので改めてご紹介。

はじめての哲学的思考」 
 苫野 一徳・著
ちくまプリマー新書

oha2te2
















★非常に読みやすい本です。

本の中身が気になる方もいる
と思いますので、幸いにも
途中まで「Webちくま」で
閲覧することができます。
せっかくですから是非ご覧を!

もっと気になる方はご購入を。
もっと&もっと気になる方は
実践ジム」か是非こちらを(笑)

先月末に開催した(通常の)
福岡経営実践ジム」を急遽、
欠席された方に向けて、
これまた急遽、時間を設け
皆済した復習の勉強会。
そのお二人目。

DSC08753DSC08751







この方だけでなく、当日の
「実践ジム」にもご出席でした
が、本当の意味の「復習」で
ご参加された方も加わりました。

また、ちょうど大阪市から
別の研修で福岡市までお越しで、
同時に竹田先生との面談のため
先にランチェスター経営(株)
まで足を運ばれた方々が、
「対(つい)」でご参加を。

これが「ついで」ではなかった
のは、「トウカツ」のお陰。
有り難うございました。

DSC08752












そんな大阪からお越しになる
ご熱心な方々がいる中で、
逆に、少し前には大阪まで
勉強に出向いてたご熱心な方が
ご一緒だったのも驚きです。
しかも若干、お互い関連性が
あるようで〜これまた驚!

DSC08750DSC08749







折角、勉強熱心な方々が集った
のですから〜と、8月5日(土)
開催の「失敗から学ぶ」勉強会
竹田ランチェスター研究会
成果発表で話題となったことを
再確認していただきました。

その雑誌を見つめるシーン↑


図のどこが
 間違ってるでしょうか?」

BlogPaint














誰も正解しませんでした。
8月5日ご参加の方も?)

なお、もう一つのご質問、


利益性の原則」とは何か?


こちらは時間が足らなかったのと、
テキストをお持ちじゃ無い方が
いらっしゃったので再確認せず。
次回までの宿題としましょう。

*ちなみに、私は大阪(高槻市)生まれ
  で、流れ流れて福岡に来て定住。
  わざわざ ランチェスター経営を
  勉強するため・・・かな?

先月末に開催した(通常の)
福岡経営実践ジム」を急遽、
欠席された方に向けて、
これまた急遽、時間を設け
復習の勉強会を開催しました。

DSC08741DSC08740







相変わらず、戦術作業などで
多忙な日々を過ごしており、
つい勉強会にも足が遠のき、
ほぼ「戦略を考える時間」が
取れなくなっているとか。

大事な「戦略を考える時間」で
ある「実践ジム」だけでなく、
8/5(土)セミナー勉強会
も急遽、欠席でした。

DSC08743DSC08744







ただ「戦略社長塾」ご参加前から
ランチェスター経営を勉強され、
その上で独立起業されるほど
熱心な方なので、欠席された
「失敗から学ぶ」勉強会
竹田ランチェスター研究会
成果発表を再確認しました。

7b2eb366-s[1]











すると、「やはり」なのか、
「何と〜驚っ!?」なのか、
戦略☆名人」からご質問で、


利益性の原則」とは何か?


には、少しピントが外れた
お答えを連発されて、最後の
最後に正解に辿り着きました。
(確かに答えは最後に記載)

IMG_3746












また、最近の「戦略社長塾」
でのミニ・テストも実施すると、
割と正解率は高かったのです
が、ご本人は少々不満気。
特にウエイト付の数字(%)が、
今一、覚え切れてなかったと。

やはり、「戦略を考える時間」
の前に、復習を含め勉強する
時間も足らないことを自覚。

DSC08742












最後に、10月6日(金)東京で
開催されるセミナー案内文が
「問い掛け」形式だったので、
それぞれの答えを再確認すると
意外な結末に・・・?

*下記に案内文の一部を抜粋。
  また、サイトの告知と、紙での
  案内文とでは文面が1項目
  異なります。ですがココでは
  案内文を引用しています。
 (たぶん告知サイトが旧・原稿)
 

ランチェスター先生・生誕150周年記念
法則を活用し、経営効率を高めるセミナー



ランチェスター法則を考えた
ランチェスター先生は、1868年10月28日
に生誕され、今年で150周年になります。

これを記念して、法則がどのようにして
日本に伝わり、どのように応用されている
かについての、セミナーを開きます。

lanchn
















1.ランチェスター先生は、
  どのようにして法則を考えついたか。

2.第2次世界大戦でアメリカ国防省は、
  ランチェスター法則をどのように
  応用して日本とドイツに勝ったか。

3.ランチェスター法則は、
  オペレーションズ・リサーチ(O・R)
  に、どのように応用されたか。

4.品質管理で知られる
  デミング博士は、なぜ
  ランチェスター法則が載っている
  O・Rの本を日本に送ったのか。

5.田岡信夫氏斧田太公望氏は、
  バーナード・コープマンの
  戦略モデル式を、どのように応用して
  市場占有率の3大数値を考え出したか。

6.経済的な価値を作り出す、
  「機械装置」といえる経営システムを
  作るとき、どのようにすると
  ウエイト付ができて重要度の違いを
  確かめることができるか。

7.実行手順の、目的・目標、戦略、戦術は
  どのようにするとウエイト付ができて、
  重要度の違いを知ることができるか。

8.販売担当者の仕事に対して
  ランチェスター法則を応用すると、
  なぜ実力向上に役立つか。

9.ランチェスター法則を研究すると、
  なぜ戦略と戦術の違いが
  明確につくようになるか。

10.ランチェスター法則を研究すると、
  なぜ論理的思考能力が高まって
  経営に役立つか。

IMG_3234













オマケが付いてきます↑


この「9」が、お互いに「?」

DSC05485












この「戦略と戦術の違い」が
明確につくようなったのは、
語源に戻すことと、日本での
「戦略」の意味をいろいろ調べ
・・・・・ても、はっきりせず。
(いや「納得せず」が正解?)

ひどく混乱したままだったので、
その悔しさを教材自主出版書
にして憂さ晴らししたはずでは?

DSC08158












とは言え、この参加者からは、


「でも、竹田先生のセミナーは
 いつも事前に告知された
 内容を話すことも無く、
 また、テキスト通りに
 進んでいくことも無く、
 全くテキストを飛ばして
 終わることも多い。

 結局(名講師だから)
 その長けた講演術もあり、
 『良い話しだったな〜ぁ』
 と満足させられ帰るので、
 誰も疑問に思わないでしょう」


・・・ごもっともです(意外?)。

DSC08596DSC08651







ですが、今夏に共演された
ランチェスター教の↑この信者の方は
別なのかも(バンバンご質問を?)

一昨日に引き続き、先日
福岡経営実践ジム」から。

DSC08730DSC08721







メイン講師の(株)ハードリング
軍師・岡漱一郎様が話された
言葉から、途中で別ブログ
入るも、シリーズものの続きで
(しかも少し変更を・内緒)

  ◆◆ランチェスター経営の◆◆
   ◆「間違い探した」その5◆


DSC08728












再び【後半】の「哲学」講座で、
「問い方のマジック」に
引っかからないとの解説から。

その「問い方のマジック」とは
二つの概念が矛盾または対立の
関係にある二項対立な問いを
して、どちらかに正解があるよう
誘導するテクニックのことを呼ぶ。


決して最近、地元・西日本新聞
にデカデカとご紹介された、
CIMG4848

ランチェスター経営を学ぶ
 マジシャンの方
 
CIMG4850

のことではありません。
(紹介の仕方は異なりました)


コレを身近なことを例にしつつ、
皆さんからも盛んに意見交換を。
そんな中から、


「悪徳訪問販売業者の
 一般的な勧誘の手口
 なので注意するように」

hebi


「TVとかマスコミでも
 よく見受けられるワザ
 ではないでしょうか?」


一般的に大衆は考えることを
 省略しがちだから・・・」


「それ、社長は社長
 同じかも・・・」


「だから、ノウハウ系
 戦術コンサルの多くも、
 このワザで誘導している。
 思考停止した社長は 
 すぐにダマされる

IMG_3243













先ほども触れたように、
 チラシなどの広告も、
 正解/間違いなどなく、
 会社毎に、商品客層など
 設定された戦略で変わるはず」


「だから、名刺に顔写真か
 似顔絵を入れるべきなど
 有り得ない理論では・・・」


これには皆さん納得でした。
私は同質化の名刺・失笑)

ただ納得するだけでなく、
この「哲学」講座を通じて、
物事を深く考える思考を身に
付け、その深い思考力をもって
深みのある戦略構築に活かす
よう努めなければいけません。

DSC08729DSC08724






そんな深い思考力があれば
カレンダーなどに飛びつく
ようなこともないでしょうし、
押し売りされても、丁寧に
お断りできるはずでしょう。

DSC08677DSC08680







・・・迫り来る恐怖(内緒

ほぼ忘却の彼方へ消えて
しまっている、先日
福岡経営実践ジム」【前半】

DSC08717DSC08719







写真↑から察するに、たぶん
竹田ランチェスター研究会
会長/(有)プラスソフト
竹花利明社長様が、メルマガ
ランチェスター全国代理店情報
で発表された内容のうち、

DSC08627












8月5日(土)にも再確認
した研究成果の一部だった
「竹田ランチェスターよくある誤解」

DSC08626DSC08625







その内容について「戦略☆名人
を鑑賞した後、ご質問しました
・・・だったと思います。

7b2eb366-s[1]











ご質問したその内容は、


「利益性の原則」とは何か?


先の研究発表と同じく、
そのままテキストを長々と
読み返すような回答が多かった
のには驚く限りでした。

DSC08718DSC08716






8月5日(土)勉強会の当日も
ご参加されていた方にとって、
到って簡単な答えだったので
つい答えたくて、ウズウズ
されていたかもです。

DSC08586DSC08606







もっとも、別のテキスト
戦略★社長」とかだと、
この章の最後の方で正解を
何度も繰り返し説明している
ので、解りやすくなってます。
(かなりクドクド)

a5013d0a[1]












逆に「戦略☆名人」が、なぜ?
そこまで結論が解りづらい説明
になっているか、おおよそで
推測できそうなのですが・・・
(ページ数の関係など)

「竹田ランチェスター研究会」
はじめ多くの方々は、たぶん
納得されないでしょう。

DSC02873












このご質問、昨日お越しの方
間違えましたので、今日も再確認
する予定ですお楽しみに!?

昨日に引き続き、先日
福岡経営実践ジム」から。

DSC08724DSC08723







メイン講師の(株)ハードリング
軍師・岡漱一郎様が話された
言葉からシリーズで、しかも
サブ・タイトルも正しく変更(笑)

◆経営の「間違い探した」その3◆

DSC08731












【後半】の「哲学」講座で、
「一般化のワナ」に陥らない
との解説の中から。

その「一般化のワナ」とは、
「自分の経験」が正解であると
自分自身にワナをかけてしまい、
経験を過度に一般化してしまい
がちなことを呼ぶそうです・・・が、
よく見かけることです(内緒)

コレを身近なことを例に、


「経営での『成功事例』は、
 その人のみが成しえた
 事例が多い。

 それを、人が見聞きして
 簡単にマネできるなら
 それは『ノウハウ』だ 
 との証拠だから、
 あくまで戦術であり、
 万人共通であるはずがない。

 だから、ほとんどの会社が
 『戦略なき経営』に陥っている。

makekatin













 やはり、
 勝ちに不思議の勝ちあり


その対極に
負けに不思議の負け無し

このことに加え、日頃からも
失敗から学ぶ」大切さを
ランチェスター経営では
繰り返し訴求しています。
(しかも、それに相応しい

DSC08728DSC08732







以前から申し上げるように、
この「経営実践ジム」は、
負けない経営を学ぶ場。

儲け話を聞きに来た人は
火傷をするかも・・・いや、
既に火傷をしているかも。
(だから悩むことに

↑このページのトップヘ