October 31, 2007

小栗旬のキムタク越え

はいー、こんばんはー

半分以上が初登場です。

 1位 初登場 『クローズ ZERO』(東宝)
 2位 8週目 『HERO』(東宝)
 3位 初登場 『象の背中』(松竹)
 4位 2週目 『ヘアスプレー』(GAGA)
 5位 初登場 『ブレイブ ワン』(ワーナー)
 6位 初登場 『スターダスト』(UIP)
 7位 2週目 『グッド・シェパード』(東宝東和)
 8位 初登場 『自虐の詩』(松竹)
 9位 初登場 『仮面ライダー THE NEXT』(東映ビデオ)
10位 4週目 『未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン』(松竹)


7週連続1位だった『HERO』を押さえて
1位は今一番の小栗旬主演の『クローズ ZERO』です。

クローズ







高椅ヒロシの人気コミック『クローズ』の主人公坊屋春道の登場以前のオリジナルストーリー。
監督は三池崇史、出演は小栗旬、やべきょうすけ、山田孝之、黒木メイサです。
主演の小栗旬さんですが、いじめられっ子、障害のある役などなどこなす役者ですが、結構昔からいますよね。なのになぜ今hottyなのか。わかりません。やはり『花より男子』でしょうか。


3位初登場は『象の背中』
秋元康原作、出演は役所広司、今井美樹。


象の背中







天才秋元康の長編小説の映画化です。
秋元康はすごいですね、
とんねるずをあそこまでのし上げたのも秋元康。
おニャン子を伝説にしたのも秋元康。
そのままおニャン子持っていったのも秋元康。
『川の流れのように』の作詞も秋元康。
『おしゃれカンケイ』の企画・構成も秋元康。
OH!MYコンブも秋元康。
SEGAのドリームキャストの宣伝プロデューサーも秋元康。
あの湯川専務の自虐的なCMです。

やるなー。

さよならさよならさよなら。



isaragi2 at 18:08|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

October 23, 2007

HERO7週連続1位です

はいこんばんわー。

毎週更新が目標ですが無理でした。

久しぶりにランキングをチェキるとまだ『HERO』が1位です。

 1位『HERO』(東宝)
 2位『ヘアスプレー』(GAGA)
 3位『グッド・シェパード』(東宝東和)
 4位『インベーション』(ワーナー)
 5位『クローズド・ノート』(東宝)
 6位『未来予想図〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』(松竹)
 7位『キングダム/見えざる敵』(UIP)
 8位『パーフェクト・ストレンジャー』(ディズニー)
 9位『幸せのレシピ』(ワーナー)
10位『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(クロックワークス/カラー)


HERO








天下の木村拓哉さんの『HERO』が興収73億を超えました。
テレビの力はすごい。
今映画はテレビ局と組まなければ売れない時代です。
それはテレビ局の爆発的な宣伝力のせいです。

去年10億円を超えたいわゆるヒット映画は確か27本、
そのうちテレビ局と組まなかった映画は4本。
邦画が何年かぶりに洋画の日本国内の年間興収を上回ったようですが、
売れているのはほぼ東宝のテレビ映画なんですよね、これは映画ではないですね。

テレビ局をあえていれずに頑張っているのが李さん率いるシネカノンです。
『フラガール』とかですね。

いつまでテレビ映画最強時代が続くのでしょうか、
東宝・松竹・東映さんに映画についてもう一度考え直して欲しいものです。
他力本願ですがシステムを変えてよって感じです。


2位は『ヘアスプレー』


ヘアスプレー








監督はアダム・シャンクマン、出演はジョン・トラボルタ、ミシェル・ファイファーなど豪華です。
内容はファットな女性が60年代ファッションで踊るミュージカル映画です。
ちょっとみたいですねー。


私の観たい映画。
『ショートバス』
『ミスター・ロンリー』


isaragi2 at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 02, 2007

はい、どうした沢尻エリカ

はいこんばんわー。

『HERO』が相当強いです。

 1位 HERO (東宝)  
 2位 パーフェクト・ストレンジャー(ディズニー)
 3位 クローズド・ノート(東宝)
 4位 ファンタスティック・フォー(FOX)
 5位 幸せのレシピ(ワーナー)
 6位 アーサーとミニモイの不思議な国(アスミック・エース)
 7位 エディット・ピアフ(ムービーアイ)
 8位 ヱヴァンゲリヲン(クロックワークス/カラー)
 9位 めがね(日活)
10位 ミス・ポター(角川)

天下のキムタクが新作4本無視して4週連続1位です。
動員446万人、興収は57億円突破だそうです。

アスミック、ムービーアイ、クロック、日活、角川とこんなに日本の配給会社が入っているのは珍しいですね。ブログ書き始めてムービーアイは初、日活は久しぶりです。
単純に外資系配給会社の穴の時期ですね。


3位はこれも天下の沢尻エリカ嬢主演の『クローズド・ノート』

クローズド・ノート







監督は行定勲、出演は沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、板谷由夏など。
主題歌はYUIです。
名前である程度映画は売れますね。劇場は流しますね。

問題は舞台挨拶でした。
沢尻嬢は『えーどーもありがとうございました』『別に』しか言いませんでした。
司会の富永アナウンサーを睨みつけてました。
写真撮影は腕組みでした。
ベッカムくらい若さが間違った方向に出てしまいました。けけけ

ニュースでもみんな怒ってます。
なぜかテリー伊藤がフォローしてました。ちょっとおもしろかった。
坂口憲二にもアッコにもディスられています。

クローズド・ノート公式サイトもスターダストのサイトもパンクしているみたいです。

興業に影響した場合、何処と何処がもめるんですかね?
スターダストと東宝?和田アキ子?劇場?ヤクザ?
沢尻エリカ嬢が芸能界から消されるか女帝に成り上がるかですね。

誰が可哀相かってダントツで竹内の結子さんですよ。。私が好きだからです。

でもブリトニーとかパリス・ヒルトンとかマラドーナとかOASISとかみんなテンション次第ですよね。
日本は狭過ぎたかな沢尻さん。


さよならさよならさよなら。



isaragi2 at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 12, 2007

はいHERO

はいこんばんわー。

HEROです。

1位  HERO (配給:東宝)
2位  ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (配給:クッロクワークス/カラー)
3位  Life 天国で君に逢えたら (配給:東宝)
4位  ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (配給:ワーナー)
5位  釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束 (配給:松竹)
6位  オーシャンズ13 (配給:ワーナー)
7位  トランスフォーマー (配給:UIP)
8位  レミーのおいしいレストラン (配給:ディズニー)
9位  ラッシュアワー3 (配給:東宝東和)
10位 劇場版ポケットモンスター (配給:東宝)

天下の木村拓哉さん主演の『HERO』が1位です。
ヱヴァンゲリヲンじゃ勝てないですね。

HERO








監督:鈴木雅之、出演:木村拓哉/松たか子/大塚寧々/阿部寛/勝村政信/岸部一徳/松本幸四郎/イ・ビョンホン/タモリ/中井貴一/綾瀬はるかとお金があるぶりをアピールです。
監督の鈴木雅之、誰もがラッツアンドスターだと思いますが違います、フジテレビの人です。
テレビの人が映画を作ってもテレビです。スペシャル番組でやれば良いのにと激しく思います。
キャストは豪華絢爛、テレビのキャストです。

『Life』もそうだと思いますが映画が好きな人は見に行かないのではないでしょうか。
しかし、初日2日間で興収10億円突破。劇場に映る木村拓哉目的でみなさんお金を落とす訳です。

別に東宝が嫌いな訳ではないですが、ダントツで売れている東宝映画は最近テレビ映画ばかりです。
東宝が日本映画を駄目にする、した。という話はよく聞きます。

いくら面白い映画を作っても見に来てもらわなければいけないし、売れなくてはいけない、
そうすると今の時代はテレビの影響が爆発的に強いからこういう結果になるんでようね。
みんな良いものを作って届けたいというよりも、稼ぎたいんでしょう。
配給会社も方向転換して欲しいものです。

何度も言いますが、ロングテールと言いつつも映画界は東宝の一人勝ち。
東宝、松竹、東映に映画とはこういうもんだと見せていってもらわないと。

娯楽映画は大好きです、やるならハリウッドくらいやって欲しいものです。
愚痴ばかりのつまらないブログでした。

さよならさよならさよなら。

isaragi2 at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 05, 2007

ヱヴァンゲリヲン再起動はい。

はいこんにちわー。
ヱヴァンゲリヲン再起動です。

1位 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 配給:クロックワークス/カラー
2位 Life 天国で君に逢えたら 配給:東宝
3位 ハリー・ポッター不死鳥の騎士団 配給:ワーナー
4位 オーシャンズ13 配給:ワーナー
5位 トランスフォーマー 配給:UIP
6位 レミーのおいしいレストラン 配給:ディズニー
7位 ラッシュアワー3 配給:東宝東和
8位 TAXi4 配給:アスミック・エース
9位 劇場版ポケモン 配給:東宝
10位 西遊記 配給:東宝

今週1位は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
エヴァ








配給はクロックワークスとカラー、
監督は今まで同様庵野秀明。『ラブ&ポップ』『キューティーハニー』です。
奥さんは『さくらん』『働きマン』の安野モヨコ。
公開前からバシバシ至る所で宣伝を打っていました。
UCCのヱヴァンゲリヲン缶復活だったり、
バンダイチャンネル・MTVジャパンCHでTV盤が無料で放送されたり、
その他もろもろ。

『宇宙戦艦ヤマト』『機動戦士ガンダム』に続く第3次アニメ革命と言われています。
アニメなのに新聞・雑誌・ニュース等で取り上げらるわ、
「日本のメディア芸術100選」のアニメ部門1位になるわです。ジブリ超えか。

前回の劇場版は「意味が分からない」と不評でしたが、今回は「良い」との噂。
本編はCGなどを使用しパワーアップ、しかし1~6話のダイジェスト版とか。
本編終わりにある「破」の予告編が楽しいらしいです。
新劇場版は「序」「破」「急」「?」と4部作になっております。

作品に心理学・生物学・宗教学、音楽にはベートヴェンやバッハ、
登場人物の名前は村上龍の『愛と幻想のファシズム』から取ったりと文学的な臭いも漂わせています。
こういうなんというか、なんて言うんだろ。コジャレたところがアニメオタク以外の一般人からも人気があるポイントなんでしょうか。
台詞だったり、エヴァに出て来る言葉だったりって使いたくなるんですよね、
例えば
『汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオン』何か言いたくなる。
『フンベルトホーン・ディッキンゲン男爵』みたいな。(耳をすませばのバロンです)
『エドソン・アランテス・ド・ナシメント』みたいな。(ペレの本名)
『アルトゥール・アントゥネス・コインブラ』みたいな。(ジーコです)
『スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ』みたいな。(スリランカの首都)

まとめると、ガンダムガンダム言ってる子も、話題になり過ぎてるから見てないって子も
おもしろいから見てみろーってことです。

さよならさよならさよなら。

isaragi2 at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 22, 2007

はいベクシル-2077年 日本鎖国-

はい、こんばんわー。

1位 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 配給:ワーナー
2位 オーシャンズ13 配給:ワーナー
3位 トランスフォーマー 配給:UIP
4位 レミーのおいしいレストラン 配給:ディズニー
5位 劇場板ポケモン 配給:東宝
6位 西遊記 配給:東宝
7位 劇場板仮面ライダー電王/獣拳戦隊ゲキレンジャー 配給:東映
8位 劇場板NARUTO 配給:東宝
9位 ベクシル -2077 日本差国- 配給:松竹
10位 ダイ・ハード4.0 配給:FOX


先週とほぼ変わらずランキングです。
1位に『ハリー・ポッター』が帰ってきました。
アニメがいつもより粘っこい、好調ですな。

9位に初登場『ベクシル -2077年 日本鎖国-』

ベクシル







監督は『APPLE SEED』『ピンポン』の曽利文彦、配給は松竹、声優に黒木メイサ・松雪泰子・谷原章介、
制作はOXYBOT。全世界が注目するフルCGアニメーション作品です。
スイスのロカルノ映画祭でオープニング上映され、129カ国で公開が決定している。
名前のある方々を使っているだけあって内容は薄いとの噂。
TV局が入ってるからじゃないの?と偏見と羨望の目を向けられています。けけけ。

制作のOXYBOT、初耳なので調べてみました。
ROBOTと響きが似てるので関係あると思いきや関係なさそう、意識はしてるでしょうが。
曽利監督が立ち上げた映像制作会社でした。TBSの連結子会社。けけけ。

世界を初めっから意識したのか、後から意識したのか、
サントラは『Prodigy』『Underworld』とコジャレてます。

攻殻機動隊だったり、APPLE SEEDだったり、これ系って女性が主人公ですよね、
なぜか。
はてなです。

さよならさよならさよなら。


isaragi2 at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 14, 2007

はいオーシャンズ13 

はい、こんばんは。

夏休みな感じでの興業ランキングです。

1位  オーシャンズ13 配給:ワーナー
2位  ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 配給:ワーナー
3位  トランスフォーマー 配給:UIP
4位  レミーのおいしいレストラン 配給:ディズニー
5位  劇場板ポケモン ダイヤモンド・パール… 配給:東宝
6位  西遊記 配給:東宝
7位  劇場板 仮面ライダー電王/電影版 獣拳戦隊劇レンジャー 配給:東映
8位  劇場板NARUTO 疾風伝 配給:東宝
9位  ダイ・ハード4.0
10位 怪談 配給:松竹/ザナドゥー 


ワーナー配給映画が1.2位です。
ワーナーブラザーズの映画が始まる前のロゴを見るとテンションが上がります。
20世紀フォックスもしかり。ジェリー・ブラッカイマーフィルムもしかり。
 
ハリーさんが2位キープ、スピルバーグのおっさんは3位まで転落。
記録を作ろうが転落です。
ついにパイレーツが圏外へ行ってしまいました。

1位のオーシャンズ13について

Oceans13








監督スティーブン・ソダーバーグ、出演ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、
アンディ・ガルシア、ドン・チードル、アル・パチーノ。
泥棒たちのお話です。今回は『復讐』らしいです。

ソダーバーグは『トラフィック』『エリン・ブロコビッチ』『アウト・オブ・サイト』等を監督。
26歳で初の長編映画『セックスと嘘とビデオテープ』がサンダンスで観客賞、カンヌでパルム・ドールを最年少で受賞しました、すげーやつです。

出演のジョージ・クルーニー、意外に最近有名になった方です。10年前くらい。『ER緊急救命室』。
自分の大好きな彼女がジョージ・クルーニーと浮気してたら譲ります。
甘いしセクシーパリーグですよね。

この間、渋谷のスクランブル交差点何処見ても『オーシャンズ13』だらけでした。
本日行ったら、数は減っていましたがまだ巨大ポスターが。
TOKYUか何かのビルに主要3人のポスターが貼ってあり、コピーが書いてありました。

『後ロ二』『俺タチガ』『イルカモヨ?』

えーー。つるんつるんに滑ってました。

さよならさよならさよなら。




isaragi2 at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 08, 2007

トランスフォーマーはい

はいはいー。

最近エンターテイメント超大作が立て続けに公開されています興行成績です。

1位 『トランスフォーマー』 配給:UIP
2位 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』 配給:ワーナー
3位 『レミーのおいしいレストラン』 配給:ディズニー
4位 『劇場板仮面ライダー電王 俺、誕生!電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー 
   ネイネイ!ホウホウ!香港大作戦』 配給:東映
5位 『劇場板ポケットモンスター ダイヤモンド・パール 
ディアルガVSパルキアVSダークライ』 配給:東宝
6位 『劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝』 配給:東宝
7位 『西遊記』 配給:東宝
8位 『怪談』 配給:松竹/ザナドゥー
9位 『ダイ・ハード4.0』 配給:FOX
10位 『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』 配給:ブエナビスタ


『パイレーツ』がランク外になるのをなぜか寂しく思う私です。好きなのか。
『ハリー・ポッター』をヒョイとカワして今週1位は『トランスフォーマー』

トランスフォーマー







監督:マイケル・ベイ 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグです。
売れる超大作の臭いがプンプンですね。
もともとは日本のタカラが変形する玩具として発売、アメリカでトランスフォーマーという名前で売り出したら大ヒット。日本に逆輸入というかたちでアニメだったり玩具は入って来たみたいです。
『コンボイの謎』というファミコンのソフトまで出てめっちゃやってましたね。
トランスフォーマーの変形の音で友達と小競り合いをしたりもしました。
そのくらいブームでした。
なぜ今トランスフォーマー?売れるのか、って誰もが思いますが
マイケル・ベイとスピルバーグのゴリゴリのパワーハラスメントで売れちゃいます。

製作総指揮?って何やってるかはてなですよね。
人によって異なると思いますが、お金引っ張ってきて、制作にゴー出して、宣伝・興業にも絡んでという人も居れば、名前だけの人も居る。
最高責任者ではあるけれど、映画がつまらなかったら監督のせいにも出来る人ですかね。
ちなみに映画祭の作品賞というのは製作者に与えられるものです。
製作総指揮ジェリー・ブラッカイマーは間違いない。

全世界30カ国以上で初登場1位。記録です。
累計興収約5億ドルは突破しているようです。

最近、記録的なヒットを飛ばすハリウッド映画が多いように思います、日本だけではなく。
映画ブームかと思いきや、売れているのはほんの一部の超超大作です。

メジャーに勝つには。

さよならさよならさよなら。


isaragi2 at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 01, 2007

はいレミーのおいしいレストラン

はいこんにちはー。

今週の映画興業成績ランキングです。

1位 2週目 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団  配給:ワーナー
2位 NEW  レミーのおいしいレストラン     配給:ディズニー
3位 3週目 劇場板ポケットモンスター      配給:東宝
       ダイヤモンド&……
4位 3週目 西遊記               配給:東宝
5位 5週目 ダイ・ハード4.0          配給:FOX
6位 10週目 パイレーツ・オブ・カリビアン    配給:ブエナビスタ
       ワールド・エンド
7位  5週目 シュレック3            配給:アスミック・エース
8位 NEW  河童のクゥの夏休み         配給:松竹
9位 7週目 舞妓Haaaaan!!!           配給:東宝
10位 2週目 ピアノの森             配給:松竹


『ハリー・ポッター』はしばらく1位でしょう。
『パイレーツ』は公開10週目でもまだいます。


2位はディズニー・ピクサーの『レミーのおいしいレストラン』

レミー







監督は『Mr.インクレディブル』のブラッド・バード。
製作総指揮はジョン・ラセター。ピクサー創立メンバーの一人で『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』と製作総指揮をしております。
ストーリーは、シェフを夢見るネズミのレミーとへっぽこシェフのリングイニが、フランスはパリでおいしいの作ります。

ピクサーはもともとジョージ・ルーカスの映像制作会社のルーカスフィルム社であったが独立。
今はウォルト・ディズニー・カンパニーの完全子会社。

ピクサー作品はディズニーと共同制作で、ポスプロはピクサーが行い、配給・SPはディズニーが行う形をとっている。2社は今後10年間5作品の映画で制作費と興行収入を均等に2分配する契約を行った。
5作品の合計興収は25億ドル。すげー。
その後、作品やキャラクターの版権でもめてましたが、ディズニーがピクサーを買収。
結局、ディズニーの爆発的な力に飲まれましたね。

ディズニー・ピクサー作品って映像的にはすごいけど、内容は基本浅いですよね。
考えさせられるものが何も無い。
よく聞く話で、フリーペーパー『ゲドを読む』にも書いてあったけど、ディズニーがアニメを駄目にした
と言われております。まーディズニーだしね。別物ですよ。
日本のアニメは深いモノが多いかもね。

でも私は深いものが読み取れないのでザッツ・エンターテイメントが好きです。

さよならさよならさよなら。

isaragi2 at 12:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 26, 2007

ハリー・ポッターのピアノの森はいはい

はいこんにちわー。

興行成績0724





『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』初登場1位。
2~8位まではずれ込んで、9位に『ピアノの森』

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』について。

ハリー・ポッター






ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンの3人が主演するファンタジー極まりない作品。国内史上最多の950スクリーンで上映のシリーズ5作目。
オープニング3日間で興行収入およそ23億円です、よくわからない数字ですね。

原作の完結盤シリーズ第7作目も映画公開と同時期に発売、アメリカや中国で徹夜組で並ぶ猛者が出る程のセンセーショナルを起こしています。「amazonで買えば」と私は思ってしまいます。


9位『ピアノの森』について。

ピアノの森






原作は一色まこと。声優は上戸彩、池脇千鶴など。
監督は『花田少年史』の小島正幸、小学校の頃のあだ名は「マー坊」でしょう。
主題歌は綺麗なおねーさん松下奈緒、天は二物を与えてしまった感じです。

制作はマッドハウス。
『千年女優』『時をかける少女』『パプリカ』など手がけている集団。
『パプリカ』はヴェネチア国際映画祭コンペティション部門出品作品。

映画祭で「受賞」ではなく「出品」とよく耳にします。
これは何千と映像が送られて来る中からコペティション部門に選ばれたということ。だからすごい。
その中での受賞はもっとすごい。

仮説、
『眠れる森』『ナイスの森』『ピアノの森』『夢がモリモリ』『モーリス・グリーン』、
森がつけばヒットする可能性もある。

さよならさよならさよなら。


isaragi2 at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!