睡眠時無呼吸は口腔内装置(スプリント・マウスピース『e-OA』)で改善できます。

睡眠不足や睡眠障害など、睡眠に関する問題が関与したとされる事故災害としては、アメリカ・スリーマイル島原子力発電所事故(1979)、スペースシャトルチャレンジャー号爆発事故(1986)、旧ソビエト・チェルノブイリ原子力発電所爆発事故(1986)、アラスカ沖タンカー座礁事故(1989)などが知られています。

 

一方、SASが関与したとされる産業事故の例としては、船舶事故では豪華客船スタープリンセス号の座礁事故(1995)、鉄道事故ではアメリカミシガン州での列車衝突事故(2001)があります。

身近なところでも、作業中の過度の眠気や居眠りによって機械に体を挟まれて大怪我をしたり、最悪の場合死亡するといった可能性も十分にあります。

また、眠気や居眠りによって作業効率や生産効率は極端に低下しますので、企業や社会に与える経済損失は決して少なくありません。

睡眠(睡眠時無呼吸)をコントロールすることにより作業効率が3割ほど上がると考えられます。

出典 SASnet


いびき・睡眠時無呼吸でお悩みの方はご相談ください。


池尻歯科医院では睡眠時無呼吸・いびきの簡易検査装置『ウォッチパット』を保有しています。
ウォッチパット使用写真図1




睡眠時無呼吸・いびきがある場合には、口腔内装置『e-OAを作成します。
e-OA図1


口腔内装置『e-OA』は睡眠時無呼吸・いびきに効果がある口腔内装置です。
(c-papが使えなかった方でも『e-OA』は装着して使用していただけています。)

気になる方は検査されることをお勧めします。

詳細はスタッフにご確認ください。




いびきの新治療本写真図1
テレビなどで報道されている睡眠の大切さについて分かりやすく説明しています。