睡眠時無呼吸は口腔内装置(スプリント・マウスピース『e-OA』)で改善できます。

当院で行っている検査方法は簡易検査に属するものです。自宅でできます。

1時間当たりの無呼吸低呼吸指数に加え、覚醒・睡眠 (軽睡眠・深睡眠・REM睡眠) 段階の情報を同時に測定できます。携帯性・装着性にも優れた検査装置です。

 ウォッチパット写真ウォッチパット使用写真B

携帯型睡眠評価装置「ウォッチパット」は、上記の2つのセンサを装着し、終夜検査を行います。無呼吸低呼吸指数に加え、覚醒・睡眠(軽睡眠・深睡眠・REM睡眠)、いびきの有無、体位別(上向き・横向き)の無呼吸低呼吸指数、血中の酸素飽和度の状態、および心拍数等のパラメーターが表示・レポート化します。

 

簡易検査で異常がありなおかつ全身疾患も併発されている方は 高度医療機関を紹介し終夜睡眠ポリグラフ(PSG)を行い、睡眠中の低酸素状態や脳波による覚醒状態、鼻口気流の途絶・再開、胸腹部の呼吸運動などからSASの状態を詳しく判定します。

いびき・睡眠時無呼吸でお悩みの方はご相談ください。


池尻歯科医院では睡眠時無呼吸・いびきの簡易検査装置『ウォッチパット』を保有しています。

睡眠時無呼吸・いびきがある場合には、口腔内装置『e-OAを作成します。
e-OA図1


口腔内装置『e-OA』は睡眠時無呼吸・いびきに効果がある口腔内装置です。
(c-papが使えなかった方でも『e-OA』は装着して使用していただけています。)

気になる方は検査されることをお勧めします。

詳細はスタッフにご確認ください。




いびきの新治療本写真図1
テレビなどで報道されている睡眠の大切さについて分かりやすく説明しています。