2017年10月15日 TKP新大阪にて睡眠時無呼吸(SAS)の講演会を行いました。
図3
お昼からは医院へ移動し、臨床実習を行いました。
図1
参加していただいた先生方に、e-OA作成の為の流れを実際に体験して頂きました。
CIMG9310
熱心にお話を聞いて頂き、有意義な一日でした。
参加していただいた先生方に感謝です。
CIMG9306


睡眠時無呼吸は口腔内装置(スプリント・マウスピース『e-OA』)で改善できます。

いびき・睡眠時無呼吸でお悩みの方はご相談ください。


池尻歯科医院では睡眠時無呼吸・いびきの簡易検査装置『ウォッチパット』を保有しています。
ウォッチパット使用写真図1




睡眠時無呼吸・いびきがある場合には、口腔内装置『e-OAを作成します。
e-OA図1


口腔内装置『e-OA』は睡眠時無呼吸・いびきに効果がある口腔内装置です。
(c-papが使えなかった方でも『e-OA』は装着して使用していただけています。)

気になる方は検査されることをお勧めします。

詳細はスタッフにご確認ください。




いびきの新治療本写真図1
テレビなどで報道されている睡眠の大切さについて分かりやすく説明しています。