e-OAを使用している患者さんから、e-OAの効果の感想をいただきました。


「池尻先生のSASマウスピース治療で、自分自身もイビキと歯ぎしりが酷いと以前から言われておりましたので、早速e-OAを作製、装着しました。初日には装置の違和感や中途覚醒が有りましたが、3日目には違和感なく熟睡できました。何より、イビキ・歯ぎしりがなくなったことで妻が熟睡できるようになったとのことです。熟睡感もあり、日中の集中力が上がり疲労感が減ってきているようにも思います。池尻先生、ありがとうございます。」

                                                       平成29年10月31日


睡眠時無呼吸は口腔内装置(スプリント・マウスピース『e-OA』)で改善できます。




いびき・睡眠時無呼吸でお悩みの方はご相談ください。


池尻歯科医院では睡眠時無呼吸・いびきの簡易検査装置『ウォッチパット』を保有しています。
ウォッチパット使用写真図1




睡眠時無呼吸・いびきがある場合には、口腔内装置『e-OAを作成します。
e-OA図1


口腔内装置『e-OA』は睡眠時無呼吸・いびきに効果がある口腔内装置です。
(c-papが使えなかった方でも『e-OA』は装着して使用していただけています。)

気になる方は検査されることをお勧めします。

詳細はスタッフにご確認ください。




いびきの新治療本写真図1
テレビなどで報道されている睡眠の大切さについて分かりやすく説明しています。