October 03, 2012

2012! International なおもてなし☆ー6

Hello(・∀・)つ

9/27 愛媛県「外国語接遇研修」 第6回 最終回でした

今回は受講生のみなさんにホテルのReception clerk(受付係)になって頂きました

電話で予約を受け付けます

まずは、「予約する」
"make a reservation"


ホテルの部屋だけでなく、レストランの座席予約などでも使えます

旅行先でレストランを予約することも多いので、
"I'd like to make a reservation." = 「予約したいのですが。」
は必須フレーズです

ホテルの予約では【確認】が大事ですよね
ホテル側も、ゲスト側も。

ということで、確認する際に使えるフレーズをご紹介

例えば、こんなシチュエーション
Hotel: "May I have your name and phone number?"
= 「お名前とご連絡を教えて頂けますでしょうか?」

Guest: "Yes, it's Mike Green and the phone number is 894-5173."
= 「はい。マイク・グリーンです。電話番号は、894-5173です。」


☆聞き返す
H: "Once more please."
= 「もう一度お願い致します。」


☆スペル チェック
H: "How do you spell your surname?"
= 「名字のスペルを教えて頂けますか?」


☆繰り返す
H: "Let me repeat it."
= 「繰り返させて頂きます。」


ホテルだけではなくて、日常会話でもビジネスの場でも使えますよね

他にも
ゲストから「○月○日にシングルルームを1部屋予約したい。」と言われ、空室状況を確認する際
H: "Ok. Let me check it for you. Please hold on a second."
= 「かしこまりました。確認致しますので、少しお待ちください。」


あとは
英語で受付するのはちょっと不安…
英語を話せるスタッフが今少しだけ席を外しているので、その人に対応してもらおう。
じゃぁ…
H: "Let me call you back."
= 「折返しお電話させて頂きます。」


確認に使えるフレーズは、覚えておいて損はないですよね
自分が使わなくても、相手に聞かれることもきっと多い

県講座120927-4


今年も 愛媛県「外国語接遇研修」 全6回のクラスに
講師 Tomoko, Piotr, and Glenのアシスタントとして参加させて頂きましたが、思いっきり楽しんじゃいました

受講してくださったみなさんも、思いっきり楽しんで頂けてたらいいな

海外に行くと、本当に日本のサービス、おもてなしは素晴らしいと感じます

日本人じゃないっ 日本語じゃないっ
というだけで、硬直してしまったり、
「どうせ何も言えないから」と無視したり、逆に珍しそうに凝視してしまったり…

そういうのは、とても残念ですよね。

もちろん、言葉の壁は大きいかもしれませんが、
誰に対しても日本人としての「おもてなしの心」は忘れないでいたいなと思いました

日本に滞在した人たちにはやっぱり「JAPAN好き!また来たい!」と思ってほしい
いい思い出にしてほしいです

あんまり上手にまとめられなかったけど…(*´∇`*)



さーーーーてっ!!!本格的に旅行ムード

ということで、11月に台湾行ってきまぁす

What is famous in Taiwan?

See you soon!


isaschool at 19:16コメント(0)トラックバック(0)SHIHO  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
  • ライブドアブログ