October 21, 2013

『ISA Cafe@the blue marble "What's up in America? Ver.2.0"』回顧録 後編の中編

前回の続き。
「なんか知らんけど、別にどーでもえーし」な方は、気にせずこのままどーぞ

そもそも、アメリカの"SPLIT"な話を、いろんな側面から2時間弱でまとめる、
という企画自体に無理があったことに気付いてしまった私は、
仕込んでたネタの2割くらいしか出せないまま、
半ば諦めムードで終盤に突入していたのだった。
えーそぉですとも、わかってましたよ、こーなるだろーことは
前の"Medialeaks"の時もそーだったし

それでも絶対に出したいネタが、私にはあった。
が、その前に「すのーでん」騒動について質問が飛ぶ。
ま、そりゃそーだな、事前の告知には、しっかりやる、って書いてたし。
んー、でもありゃ私の意図しないところで勝手に入ったので…と心の中で言い訳。
一応このハナシ(個人情報保護)も"SPLIT"なんだけど、なんせホラ、時間が…
ま、訊かれりゃいくらでも答えますけど。なんたって解説委員ですから、ワタシ。
藤原紀香のブログ、なんてネタも一応あったので、紹介することに成功。
つっても、口頭だけど。なんせ、ネット隔離状態、だったんで
一応紹介。興味のある方はどーぞ。
http://www.norika.ne.jp/blog/blog_201309_7.shtml
ま、別枠でやりたいネタではありますな。

で、私のやりたかった、とゆーか、出すべきだろ、と思ってたネタがコレ。
『何故女性のリーダーは少ないのか』 by Sheryl Sandberg
http://www.ted.com/talks/sheryl_sandberg_why_we_have_too_few_women_leaders.html
ウチ(ISA)はそもそも先代が女性だし、
ウチに集まってこられる方の9割以上(って、あくまで感覚だけど)が女性なので、
この問題に深刻さは普段それほど感じられませんが、ま、ウチは特殊ケース。
実際、この日もご覧のよーに、ほぼ女性一色

参加者の皆さん
お集まりの方々。ご覧のよーになんと立ち見まで!満員御礼、です。

とはいえ、周りの環境の影響は受けますから、いくらウチでも。
つーことで、あのFacebookのCOO(要は、お偉いさん、ですな)を務めるSheryl。
彼女の著書、"LEAN IN"は向こうでもベストセラー。日本語版も出てます。
あ、他人の本の告知してる場合じゃなかった
更に大事なお知らせ。ウチのFacebookっつーのも、ありますです。
このブログの告知もありつつ。
いいねよろしゅう。

当日は、なかなか衝撃的な数字もご紹介。
「日本の女性役員・取締役比率の1.1%は45カ国中44位で、モロッコの0.0%に次ぐ低さ。
 因みに米国は11位の14.0%。更に衆議院での女性議員は全体の7.9%。
 国会議員の女性比率としては、190カ国中163位」
うーむ、途上国並み…つーか、それ以下…
これ、今年の調査です。因みに

で、当日紹介したのが"Quota System"(クオータ制)。
つづりに注意決してクオーター制じゃありません。勘違いする人結構いるけど。
せめて4分の1は女性に、つーことではないのです。割り当て、の意。
で、そもそもなんでこのハナシを持ち出したか。
もちろん、男性と女性の分断、とゆーのも、依然存在します。アメリカにも。ですら。
しかしそれ以上に、実は更に今回の壮大な裏ネタがあった。

あー長かった。次回完結。
そもそもいーかげん止めないと、ワタシの記憶も薄れてるし
つーことで、今度こそ最後です。
とぅーびーこんちにゅーど

isaschool at 03:17コメント(0)トラックバック(0)二代目  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
  • ライブドアブログ