October 22, 2013

『ISA Cafe@the blue marble "What's up in America? Ver.2.0"』回顧録 完結編、らしきもの

はい、都合5回にわたった回顧録は今回で終わり、です。
お付き合いいただいた皆様、お疲れさまでした。

で、前回の"Quota System"(クオータ制)ですが、
これ、説明してると終わらなくなるので、割愛。
つっても、要は「下駄を履かせる」ってヤツなんだけど…

で、割愛しようと思ったら、以前このネタについて書いてたことに、ふと気付く。
こーゆー"Quota System"みたいなことを、"Affirmative Action"と言ったり、
最近ではポジティブ・アクション(何でカタカナかってコレは和製英語です)とか、
この辺のことは結構いろいろあるので、
その辺を(多分)わかりやすく書いたものが、コレの下の方に。
ながえ孝子の『月刊 陽だまり通信』 2012年10月号
実は、元南海放送アナウンサーで前衆議院議員の永江孝子さんのメルマガに、
ご本人たっての希望(だったっけま、こんなのは言ったもん勝ち)で、
バイリン出版解説委員として、毎回時事解説のコラムを寄稿している私。
このメルマガ、全てのバックナンバーが彼女のサイトで読めます。
まぐまぐの無料配信版を購読するのもアリ。ご興味のある方は是非。

あと、なんか忘れてるよーな…
あ、政府閉鎖の行き着く先が、実は日本にとってもヤバい、とゆーお話
「けびん」が帰国してから、またひと山あった(って、別に「けびん」は関係ないが)けど、
これも長くなるんだよなー。なので、しょーがないけど、泣く泣くカット
はい、どんなひと山だったか気になる方は、ウチがほぼ週刊で配信してるこちらを。
無料メルマガ『ISA ひとことNews vocamail』 vol.541
因みに今日配信の最新号は、TPPがテーマ、です。
そーいや、TPPがアメリカではシカト状態、って、意外に皆さんご存知なかったよーで…
あの「けびん」ですら、「なんじゃそりゃ」って言ったのは、ワタシもさすがに意外でしたが。

さて、最後に。
今回の壮大な裏ネタ、とは…裏ネタとゆーか、テーマかな。
表はもちろん"SPLIT"だったんですが、裏というか(ワタシにとっての)本筋。
実は最後に当日ワタシが言った(ハズ。何せ記憶が…)こと。
「選挙にいったほうがいいですよ〜」
んー、裏、とか言って引っ張った割りにはベタな…

だってホントなんだもん。
”We're the 99%”にしたって、なんで1%の方が強いのか
それはマジメに選挙に行って、熱心に政治にCommitできたヤツが多いからです。
カネが力、って…それは結果です。あくまでも。
社会がまともに機能してこその、カネ
一部の独裁国家を見れば分かります。
カネより票の方が強い。政治は票になびく。それが民主主義。
だから票をカネで買うヤツが出てくる…カネより票が強い、何よりの証拠。
ま、褒められたコトじゃないけど。
自分の生活を護りたい人は(とりあえず)選挙を武器にするしかない。
この一番大事なことを教えるオトナが、ほとんどいない。
ついでにゆーと、政府は「あえて」そこをスルー

今回有り難いことに、たくさんママとママ予備軍の方々が来てくれました。
マトモな世の中を次の世代にのこすために…
この深遠な(自分で言うなって)想いを込めた「選挙にいったほうがいいですよ〜」
みんなに届いたかな〜


ママ&ママ予備軍
ステキなママ&ママ予備軍の皆さん。真剣な視線の先には何が…

あ、教育の義務、って子どもが勉強する義務、ってことじゃないから
親が子供に教育を受けさせる義務、世の中のことを学ぶ環境をつくる義務、ですから。
意外に知らない親が多い。この話もしよーとして、結局できなかったな…

と、様々な反省もありつつ、総括終わり
この反省はきっと次回に活きる…と信じたい…

「参加者のみんなぁ、さんきゅ〜また会いましょー

isaschool at 09:53コメント(0)トラックバック(0)二代目  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
  • ライブドアブログ