現在進行中の黒歴史

諫山創 別冊少年マガジンで進撃の巨人を連載してます

会心のデフォミカ

01f36f93731a30146d409f3257dc45ba8693ffd332_00001












サインを描く機会があり
お、これはいいデフォミカと思い写メしたやつです

今のところ簡単に描けるのはミカサだけですが
そろそろ他のキャラもいけるかもしれない

「無垢の祈り」観ました

 いや、 観てしまいました

 

どうも強烈らしいって話を頼りに
原作者「平山夢明」さんのファンである
週マガの「星野、目をつぶって。」の永椎君達と
渋谷の映画館に行きました

あまり渋谷には近づきたくないんですが
たまに渋谷でしかやってない映画があるもんで
たまに行かなきゃいけないんです

で、観てしまったんですが
噂にたがわぬ強烈さでした

正直、早く終わってくれ...と祈りながら観てました
それほど少女が生きている悪夢のような世界が
見事に映しだされているからです

冒頭の音からして観る者にストレスを与え
画面に映る全てが不快で、暗くて、狭くて、ずっと天気悪くて
ある悪夢そのもののような人物がそこに映るだけで
吐き気を感じるぐらいのプレッシャーを放っていて

常に、一秒だってここには居たくないと感じさせ
且つ、あのすすけた街が綺麗に見える瞬間も描く
それらが緻密に意図して作られているのでしょう

そのプレッシャーからわずかに開放されるのは
少女がある人物を探して工場地帯をさまよってる
間ぐらいです、地獄から希望を求めて行動しているシーン
だからでしょうか

あと、幼い時に虐待を受けている子が
「辛い目に合っているのは自分じゃない、別の誰かだ」
と思い込むことで、心が壊れないように
架空の人物を生み出す多重人格障害の原因
みたいな話を思い出しました

それがあるギミックで表現されていて
これはそういうメタファーなのか...
ってなります

原作未読でわからないところが多々あります

何故臭いを嗅ぐ?車椅子の女性は?
納屋の囚人(死刑囚?)は?
実は時系列どうりにみせていない!?

などなど

しかし、一番きつかったのは
少女が何を祈っていたのかが明らかになるところで
あんな角度からくるトラウマは初めてでした

今日もテレビで、監禁や解体のニュースをやってたけど
あの現場はこうなっていて
毎日どこかでああゆうのがあるっていう現実がまた

劇場を出た後もこの映画が続いているようで
そしたら僕はいつ、この映画を観終えるのか...

「君の名は」観ました

 

原稿終わってすぐ「聲の形」は観れたんですが
先日のロフトプラスワンのイベントまでに
「君の名は」は観れませんでした・・・
予約取ろうとした段階でもう一杯で・・・(映画の日)

なのでイベントではネタバレ聞きまくった後に
先日ようやく観たんですが

おもしろかったー‼

いや、まだ底知れないヒットの最中にあって
おもしろいとは散々聞いてましたけど

ここまでおもしろい!?って驚きながら観てました

個人的なツボはヒロインの田舎描写でしたね
方言が似通ってるとこあってなじみ深いし
何よりあの山の中の狭い世界観
そこだけの社会の仕組みや価値観が支配してるあの感じ

朝日が差さないとかの日照時間問題も俺の話で
つまり俺が住んでたところってクレーターの中だったんだ・・・

巷で言われてるように不鮮明な所は僕も感じましたが
全然前世から気になりませんでしたね

何故なら感情表現の抽象化により忠実であったから
ひとつの作品に統一されたアート作品寄りの完成度に
圧倒されたからです

何より「観た人を(より多く)楽しませる」というプロフェッショナルが
商品としてのリアリティを高めたからだと思います

逆に言うとディテールにこだわり過ぎる反面では
視聴者・読者を置いてけぼりにしてしまうきらいがあり
その商品が存在する義務が損なわれる面もあります

いや、これは自戒を込めてなんですが
これは、およその作り手の誰もが抱えるジレンマであって
個人的には作品性と商品性は両立できるとの
結論に至ったんですが(ただし超むずかしい)

どちらか、あるいは別箇所の何か飛びぬけた魅力が一つあれば
人を喜ばせることができるし作り手は生活できる
って話じゃないでしょうか

017609a825cc4f12eda9f2245b8f02fd6cc4461195






ところで、ロフトプラスワンの話に戻りますが

最前列で観覧されてた男性の方を僕の脳が
「見たことがある」と言ってたんですよね

僕は人の顔を覚えるのに自信があります
わずかな違いでも区別できる感覚があって
だからか、描いてる漫画ではキャラの顔の区別がつかないという
感想をよくいただきますが・・・

その時も、明らかに初めてじゃないという感覚がありまして
気になって男性の顔をしばらく見つめました
相手もそうなんじゃないかと思いましたが
ちっとも目が合わない

イベントが終わり退場する頃
我慢できずその方に声をかけました
「以前お会いしたことありますよね?」


そしたら「いえ・・・ないです」との回答が


その時「君の名はか!?」「前世か!?」とお客さんから
そう突っ込みを受けましたがその時は何のことやらでした

しかし、もう映画見た後ならわかります
つまり、彼が僕と入れ替わるのは三年後だということです
何故か僕の方が、彼の名がわかりませんが・・・


ちなみに「聲の形」の感想は原作者の大今さん
にぶつけたいのでここには書きません


キングオブコント2016

僕が以前ブログでかもめんたるさんが好きだ
と書いたこいとがきっかけで要望をいただき
応援コメントを送らせてもらいました


いや~結果は残念だったんですが
僕はやっぱり好きですね


特に二本目のは悲鳴がたくさんあがってて
最高におもしろかったです
アレをおかずに飯をかきこみ出した時とか・・・

でも、前回大受けして優勝した時のコントも
サイコホラーがベースだったはずですから
それを受けてのチョイスだったんだと思います

本当にバランス一つでホラーにも笑いにもなる
転がるという独特の綱渡りだったと

やっぱり「う大」さんは天才だし「本物の人」にも見える
・・・けど同時に可愛さもある、と思うんですがね…


シン・ゴジラナイト

0131542f1066ba131bec122ebdb3f7f7eb0f767baa







ロフトプラスワンの内装がめちゃくちゃかっこよかったです
んですごいたのしかったです!

記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ