束の間の自由が始まった今
ブログでずっと書きたかったことと言えば

とにかく、Creepy Nutsは最高だって話ですよ

発売中のミニアルバム「助演男優賞」




曲はもちろんのことこのPVも凄まじい出来で
シンゴジラ以降の影響をナチュラルに
取り入れた編集など興味深いです



個人的に今回のミニアルバムで
一番きたのは「教祖誕生」です



毎回Creepy Nutsの新曲を初めて聞いた時は
爆笑しちゃうんですが今回も
現状のオリコンチャートを皮肉る歌詞で

「案ずるよりは売るが安し飽季元ってか?」

って聴こえた瞬間は吹き出しながら感心しましたね

僕が好きになった日本語ラップの特長の一つは
より的確な言葉を追及してて現実を描写するところです