現在進行中の黒歴史

諫山創 別冊少年マガジンで進撃の巨人を連載してます

作業用BGM

神聖かまってちゃんの新曲ジャケット

この度、進撃の二期のエンディングを
「神聖かまってちゃん」に作っていただいた勢いで

5月24日に発売される新曲
「夕暮れの鳥 / 光の言葉」
のジャケットを描かせていただきました!

ナタリーさんの記事

news_xlarge_shinseikamattechan_jkt20170524









やはり、人様の作品なので重圧を感じつつも
楽しみつつ描かせていただきました
とても光栄です!


01022705e31b7f9e7bc7f5a3065cb97852404b0e20












お話を頂いた時からあった構図は
↑のような勢いのイメージでしたが

今回の収録曲は
神聖かまってちゃんのロックとか放送事故の
イメージではない部分だろうと思い直し
発表された構図に

↓以下はメンバーの皆さんの顔を練習したものです

僭越ながらメンバーの皆さんを
「自分の漫画のキャラとして
 漫画のコマのいちシーンとして描く」
というのがコンセプトです

前々から思ってたんですけど
神聖かまってちゃんのメンバーの皆さんは
それぞれ特徴的で記号化しやすい感じがありました

しかし・・・実際は、自分の力量の問題でむずかしかったです


「の子さん」

0116f085efd4fe2a19079e41fefe7609f5ab86f0b4
















「monoさん」

0118f2d35d5ac8521ad748d86cd9965ca18702294c
















「みさこさん」

0120248708ef62de3fab73778cd72d2d10fb3969aa
















「ちばぎんさん」

01b1f23e03a92ec08605dfcd68ecf50b6b049a3b2b

















今回は、あくまで「巨人」ではなく「キャラ」
と自分に言い聞かせながら描かせていただきました
写真見ながらだと巨人にしかならないので・・・

いや、実際どうなのか…
全ては見る人に委ねられます



そして、最近好きなのはまだ音源化されてない曲の
「緑の長靴」です!

 

曲の素晴らしさはもちろんのこと、毎回PVを作ってくれる
竹内さんのセンスの絶対的な信頼感たるや!

チェケラッチョのエキスパート

束の間の自由が始まった今
ブログでずっと書きたかったことと言えば

とにかく、Creepy Nutsは最高だって話ですよ

発売中のミニアルバム「助演男優賞」




曲はもちろんのことこのPVも凄まじい出来で
シンゴジラ以降の影響をナチュラルに
取り入れた編集など興味深いです



個人的に今回のミニアルバムで
一番きたのは「教祖誕生」です



毎回Creepy Nutsの新曲を初めて聞いた時は
爆笑しちゃうんですが今回も
現状のオリコンチャートを皮肉る歌詞で

「案ずるよりは売るが安し飽季元ってか?」

って聴こえた瞬間は吹き出しながら感心しましたね

僕が好きになった日本語ラップの特長の一つは
より的確な言葉を追及してて現実を描写するところです

みんなちがって、みんないい。

ラップユニット「CreepyNuts」さんへ
感想文を寄稿させていただきました




すごい好きな曲です、R‐指定さんは
「ファンキーモンキーベイビー」が
大好きなんだろうな

調教済みの豚共は声上げろ

昨日で今年の原稿も終わって
気分は以下のPVの通りです↓



今現在日本一MCバトルが強い「R-指定」選手が出演
しているMCバトルの番組「フリースタイルダンジョン」
毎週楽しみにしています

ももクロchanの前に放送してるし



ラップに興味ない人ほど新鮮に楽しめると思います

神聖かまってちゃんのベストアルバム

ベストかまってちゃん(初回限定盤)
神聖かまってちゃん
ワーナーミュージック・ジャパン
2015-06-24


本日発売中とのこと!

やっぱり「自分らしく」いいな~




もしハンジのキャラソンみたいなものがあったら
こちらの「自分らしく」なイメージですね
前にも言ったかもしれないけど

Wienners

でんぱ組の作曲経緯で知り
先月の原稿作業からお世話になってます




なんだか中高生の時死ぬほど聴いてたB‐DASHの
記憶が甦りました




バードマン観ました




今だかつて無い映像表現だ!とのお触れ書きを
真に受けて観てきましたが

本当に新鮮な映像体験でした
なんせカットが途切れない

時間経過や世の中の流れやらが舞台近辺で
抽象的に展開しつづけます

劇中劇のセリフや途切れない構図には
常に何かしらの意味があるのでしょうし

ギャグの密度とセンスと黄色い字幕!
ドラムソロ!ニューヨーク!オシャレ!

今まで自分が観てきた中で一番情報量の多い
映画でしょうレゴムービー以上に

ただ、終わり方がまた「解釈をゆだねる」系
といいますか、一度見ただけでは到底理解できないし
半分以上は見落とした情報があるだろう
と、思ったうえでの正直な感想としては

なんか安易な感じがするけど...大丈夫かな

って感じでネットの感想探したらなるほど!
見事に、安易なのは自分でした!


っていうかあまりの痛烈で身も蓋も無い皮肉に
ぞっとしました!


↓以下、バードマンネタバレ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。続きを読む
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ