現在進行中の黒歴史

諫山創 別冊少年マガジンで進撃の巨人を連載してます

落書き

神聖かまってちゃんの新曲ジャケット

この度、進撃の二期のエンディングを
「神聖かまってちゃん」に作っていただいた勢いで

5月24日に発売される新曲
「夕暮れの鳥 / 光の言葉」
のジャケットを描かせていただきました!

ナタリーさんの記事

news_xlarge_shinseikamattechan_jkt20170524









やはり、人様の作品なので重圧を感じつつも
楽しみつつ描かせていただきました
とても光栄です!


01022705e31b7f9e7bc7f5a3065cb97852404b0e20












お話を頂いた時からあった構図は
↑のような勢いのイメージでしたが

今回の収録曲は
神聖かまってちゃんのロックとか放送事故の
イメージではない部分だろうと思い直し
発表された構図に

↓以下はメンバーの皆さんの顔を練習したものです

僭越ながらメンバーの皆さんを
「自分の漫画のキャラとして
 漫画のコマのいちシーンとして描く」
というのがコンセプトです

前々から思ってたんですけど
神聖かまってちゃんのメンバーの皆さんは
それぞれ特徴的で記号化しやすい感じがありました

しかし・・・実際は、自分の力量の問題でむずかしかったです


「の子さん」

0116f085efd4fe2a19079e41fefe7609f5ab86f0b4
















「monoさん」

0118f2d35d5ac8521ad748d86cd9965ca18702294c
















「みさこさん」

0120248708ef62de3fab73778cd72d2d10fb3969aa
















「ちばぎんさん」

01b1f23e03a92ec08605dfcd68ecf50b6b049a3b2b

















今回は、あくまで「巨人」ではなく「キャラ」
と自分に言い聞かせながら描かせていただきました
写真見ながらだと巨人にしかならないので・・・

いや、実際どうなのか…
全ては見る人に委ねられます



そして、最近好きなのはまだ音源化されてない曲の
「緑の長靴」です!

 

曲の素晴らしさはもちろんのこと、毎回PVを作ってくれる
竹内さんのセンスの絶対的な信頼感たるや!

ラ・ラ・ランド観ました

事前の雰囲気では同監督の「セッション」
を超えてるとかそんな
間違いない評価の映画だと思っていました

しかし、日本公開が始まると
意外と賛否別れてる感じなので
その話題性に乗っかりたいと思い
観てきました




結果、賛否が分かれる感じもわかりましたが
僕はあるシーンで号泣してしまいました
「泣く」ではなく「号泣」です

お嗚咽を漏らしそうになるのを堪えるのに必死で
そのシーンをまともに見れなかったぐらいです

正直、映画でこんなに泣かされたのは初めてで
恥ずかしくて軽く怒りが沸いたぐらいです

具体的にどのシーンだとも言いたくないんですが
終盤のそのシーンは冒頭の渋滞のシーンと
同じテーマというか

僕はこの映画を恋愛ミュージカルではなく
「馬車馬さんとビックマウス」物として刺さりました




この映画に泣かされたというか
元々自分の中にため込んでた何かが
図らずも公の場で決壊してしまった感じで

要は、僕もララランドに来てたし
僕の周りにいる人達もララランドの住人だから
すごく個人的な見方をしたんだと思います

夢に取りつかれ踊り狂う姿は傍から見れば
滑稽に見えるかもしれませんが

この映画は、そんな頭がラララな人達、我々を
強く肯定してくれる賛歌のようなものだと感じたのです

こればかりは僕が、音楽にもミュージカルにもジャズにも
無知で得したところです

正直、素人の僕が聞いてもライアン・ゴズリングのピアノは
たどたどしく聴こえたぐらいなので
そういうノイズを多く受信する人にとっては
映画鑑賞どころではなかったでしょうし

かと言って、たどたどしくてもゴズリングの生の演奏
じゃないと伝わらないものもあったと思うし
僕はこの監督のスタンスが好きです

018ca40dae90c6e3b4a40a58d5ddc6ea18e504bc63












↑はUFC見ながら描いたらくがき

アルミンは ある意味 My men

01d8c6270d67a983dadabf7c8f45ddaae5caf56c79












↑今月のアルメンの下描きなんですが
これではちょっと夏のCMみたいに眩し過ぎると思い
この下描きは消して描き直しました

でもなぜか結果的には完成したものと
あまり印象が変わってないです

今月の話を描いて思ったんですが
アルミンには地元の友人の影響が強く反映されてます

彼とは小学生の頃からビーダマンやエアガンで遊ぶ仲で
当時しょっちゅう言ってたことは

「今は子供で欲しいおもちゃは手に入らないけど
 大人になって金を自由に使えるようになったら
 全部買って手に入れよう」

みたいなことを言ってました

で、大人になった今
彼はその願望を実現し当時欲しかったものを
手あたり次第買い揃えて
それを僕に嬉しそうに報告してきます

「やっぱいいよね~ここのここが最高やね~」と

しかし、僕はというとさすがに30になった今は
ビーダマンもエアガンもゾイドも遊戯王も
コロコロコミックにも子供の時のような興味は
すでに失ってしまったわけで

なんだかそれがすごく後ろめたいのです
その後ろめたさの正体はおそらくこういうことでしょう

彼の純粋さはかつての自分の感受性であり
歳を取るごとに自分が置き去りにしてきた
すごく大事だったはずのもの

っていうそれは誰にでもある普通の話なんですが
そうやって知らず知らずのうちに
あの頃の自分を殺していくのが普通のことなんですよね

でも彼は全然あの頃の自分を殺してない
すなわち罪を犯してない無垢なる者のように思え

そんな彼が語りかける僕はとっくに僕が殺した人物であり
僕は彼にバレないようにあの頃の僕に成りすます

てのが後ろめたい
そして彼がうらやましいって話が
ずっと描きたかったのかもしれません

最初っからそう考えてたわけではありませんが
漫画は無意識の心理テストみたいなものですので
僕が殺してしまったあの頃の自分が
アルメンなんじゃないかと思います

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

前回の記事はただただ呪詛を吐いたつもりでしたが
ためになる助言やベストアンサーいただきました!

インクを買い溜めして古くなったものを使ったり、
 蓋をきちんと閉めなかったり(上に乗せるだけとか)
 してませんか?
 自分も昔、インクが原稿用紙に全然付かなくて、
 それを改善したらよくなったので…。
 新しいインク買って、ちゃんと蓋を閉めるようにしたら
 描きやすくなりました。



呪いの正体はこれだと思います!
インクって素人が簡単に調整できるもんじゃないってことを
肝に銘じて大事に扱いたいと思います

ありがとうございました!

あけました

おめでとうございます!

01f69bb0ae465401d5c908f59f863bf33407305645












0187c25ad2c2a6a8ae1a0ca36a74034f037d0d1576












01184de71e93089ce8c1296c1ac15392b0a0553827












姪っ子に言われるままに
うろ覚えで描きました

今年最後の更新になるものとする

  去年は無事に2015年から2016年になりましたが
果たして今年も世界は年を越すことができるのでしょうか?
毎年12月31日はハラハラしながら経緯を見守っています


今年、進撃の巨人は物語的な転機を迎えました

この種明かし的な構造で行こうと考えた連載開始時は
そこまで連載が続く気もしなかったもので
一巻の中で明かそうという案もありました

正直その種明かし自体には自信なかったです
まあ古典的だし、「アイアムレジェンド」だって
滅亡寸前の人類の話だった所までが面白いし...

でもけっこう好意的に受け取ってもらえてる
空気は感じてます、そうであれば良かった!

いやしかし、それが21巻のケツに来ることになるとは...
長い...長かった...七年!?

とにかく、今はどういうつもりで漫画描いてるかっていうと
とにかく、無事に収め、無事に終わりたい、の一心です



今年はゲーム・オブ・スローンズに出会えてよかった


↑の80年代風アレンジの音楽がダサくて最高で中毒です
この感じだと普通に会話してた人がいきなり腹を
何度も刺したりしなさそうな話に見える

01998c98c9d0981ef3e8caf81a76c588527b3d547e












ティリオン描いてみましたが
これはティリオンではないな


で、今年見たかどうかは定かではない
映画ベスト5は

1位 この世界の片隅に

2位 イット・フォローズ

3位 シン・ゴジラ

4位 ヒメアノ~ル

5位 シビル・ウォー

って感じです!

無事年が変わればですが
また来年!

良いお年を!

サー・ジョラー

ゲーム・オブ・スローンズ
いい顔おじさんその②

0179b213d723c67af66ecac406a546602d00e356e3












ジョラー・モーモント aka 一途おじさん

なんか僕が描くとひ弱に見えるなやだな

GOTシーズン6まで観終わった

またゲーム・オブ・スローンズの話です
現在世界で配信されてるのを全部見ました

1話約1時間が10話で1シーズン

それを6シーズン、約60時間を約三週間で
一気に見たら人はどうなるのか?

ひどい時は目をつぶってもティリオンの
憎まれ口が幻聴となって聞こえる始末で
当然、その最中に書いた今月のネームにも
大いに影響されまくっています

とにかく、よーくわかったことは

極めて上質なシナリオをこれ以上ないくらい完璧な配役で
並みの大作映画でもお目にかかれないほどのセンス!
センスがいいとしか表現しようのない演出で映し出される
それが毎シーズン膨大な予算で余すことなく再現される
中世暗黒時代の世界観

こんなもん見せられたらもう、他にエンターテイメントは
いらないいじゃないかと思いますよ
全てはこれひとつで事足りるんじゃないかと

この圧倒的な質、それがしかも帰納法のシナリオで
あるらしく、完璧で且つ予想道理ではない結末が
すでに保証されていることでしょう

もう、ひれ伏すしかないのか・・・
そんなこと思ったのは初めてです


それにしても、いいおっさんがいっぱい出てくる
何がいいって顔がいい!

014d1a2c0d8849cb1f0bfc6c6630c5ac4c04d26297











ダヴォス aka 玉ねぎの騎士

ことごとくおっさんの顔がいい!
当然キャラもいい!

とにかく、これは参った

ゲーム・オブ・スローンズ

おもしろすぎる!

記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ