地酒・本格焼酎の銘酒を揃える創業1706年の東京の老舗酒屋、伊勢五本店。 Sake/Shochu store in Yanesen area, Tokyo. Since 1706
東京(千駄木・中目黒)にて、お酒をお探しの皆様のご来店をお待ちしております。
【日本酒】新政、醸し人九平次、黒龍、作、澤屋まつもと、冩楽、獺祭、鳳凰美田、ゆきの美人、etc.
【焼酎・泡盛】朝日、㐂六、佐藤、月の中、富乃宝山、豊永蔵、長雲、なかむら、春雨、龍宮、etc.
Sake/Shochu store in Yanesen area, Tokyo. Since 1706
今回は蔵元見学第二弾、新島の魅力をご紹介!
(前回の蔵元見学ブログはこちら
蔵元の宮原さんにご案内頂きました。

まずは、島を見渡すことの出来る展望台へ。
宮原さんお勧めのトトロに出てきそうな小道を抜けた
地元の人しか知らなそうな隠れスポットへも連れて行っていただきました。
上から覗く白ママ断崖は迫力あり。

DSCF0398
▲石山展望台にある、おそらく島で一番有名なモヤイ。顔面が落書きだらけ。

DSCF0375
▲島の北側、「若郷」の方まで見渡せます。右に見えるのが「羽伏浦海岸」

P5279502
▲宮原さんに蔵がある辺りなどを教えていただいています

DSCF0382
▲トトロの小道を抜けると・・・

P5279513
▲白ママ断崖の上から。生で見ると迫力が
 

次は、サーファーに人気の「羽伏浦海岸」と白ママ断崖。
インスタ映えスポットとしても人気があるそうです。


DSCF0529
▲せっかくなので「落陽」をインスタっぽく正方形に

DSCF0513
▲白ママ断崖


蔵までの帰り道に、サツマイモ畑も見せていただきました。

新島は火山の影響で砂地のため、保水性がなく米の栽培には適さないそう。
水はけが良く芋や根菜向きの土質のため
サツマイモや、他にもたまねぎや島らっきょうが特産となっています。

今回は契約農家の内藤さんご夫妻の畑へ。
農薬を使わず、自然に近い栽培に力を入れている農家さんです。

DSCF0545
▲木々に囲まれたサツマイモ畑。おいしいお芋が出来ますように!

P5289593
▲まだまだ成長中

撮影時は苗を植えたばかりでしたが先日電話でお話を伺ったところ
蔵人の櫻井さんが「いい感じに育っていますよ」と仰っていました。
どんな焼酎が出来るか楽しみです。

また、新島蒸留所では、地域の方との様々な取り組みをされています。
その一つが、新島高校の生徒さんがつくった「あめりか芋」で仕込んだ
「七福嶋自慢」を、成人式の日に生徒さんたちに渡すというもの。
20歳の記念に自分たちでつくったお芋の焼酎を飲めるなんて
2年後の成人式がさらに楽しみで特別なものになりますね!

他にも、地元の企業と協力して焼酎廃液を堆肥に変えて活用したり、
休耕地になったところを開墾して新しくさつま芋畑にしたりなど。

P5289596
▲堆肥を作っているところ。発酵熱で堆肥の温度が70℃位まで上がるそう。

こちらの堆肥は、島だけでなく東京本土でも使われているそうです。


次回で蔵元見学ブログは最後になります。
ラストは、誰もが気になる新島のあの特産品について…
他にも楽しい体験をしてきたのでご紹介します。お楽しみに!

Add Comments

名前
 
  絵文字