靖国問題で政府答弁書決定 「戦犯」は存在せず 公式参拝であっても合憲

政府は二十五日の閣議で、さきの大戦後、連合国によって「戦犯」とされた軍人・軍属らが死刑や禁固刑などを受けたことについて、国内法上は戦犯は存在しないとの見解を明確にした答弁書を決定した。首相の靖国神社参拝に関しては「公式参拝」であっても、宗教上の目的ではないことが外観上も明らかな場合には、憲法に抵触しないとの見解を改めて示した。いずれも民主党の野田佳彦国対委員長の質問主意書に答えた。

答弁書は「(極東国際軍事裁判所やその他の連合国戦争犯罪法廷が科した)刑は、わが国の国内法に基づいて言い渡された刑ではない」と指摘。A、B、C各級の「戦犯」は、国内では戦争犯罪人とはいえないことを明確にした。この問題で自民党の森岡正宏厚生労働政務官(当時)は今年五月、「(戦犯とされた人々は)罪を償っており、日本国内ではもう罪人ではない」と発言したが、細田博之官房長官は「政府見解と大いに異なっているので論評する必要もない」と述べていた。

また、答弁書は首相の靖国参拝に関し、「戦没者の追悼を目的とする参拝であることを公にするとともに、神道儀式によることなく、宗教上の目的によるものでないことが外観上も明らかである場合は、憲法二〇条三項の禁じる国の宗教的活動に当たることはない」との見解を改めて表明した。

靖国参拝について藤波孝生官房長官(当時)は昭和六十年、「首相、閣僚が国務大臣としての資格で戦没者の追悼を目的として、靖国神社の本殿、社頭で一礼する方式で参拝することは、憲法の規定に違反する疑いはない」との政府統一見解を発表している。首相の靖国参拝をめぐっては、大阪高裁が拘束力を持たない「傍論」で靖国参拝を「公的行為」と認定。憲法の禁止する宗教的活動に当たるとしたが、政府見解はこれを真っ向から否定した。   (産経新聞)
それにしても、この野田さんの見解は当然の事です。櫻井さん、森岡さん、一部ジャーナリスト、地方議員、大学教授、政治家、私も、他のBolgをやっている沢山の方々が指摘をしてきました。全ての戦犯は、平和条約を昭和27年に締結した時点で、赦免(罪を許す事)され、名誉を回復し、一人も戦争犯罪人はいないのです。つまり、靖国神社にA級戦犯、B、C戦犯の方々は、祀られていないと言う事です。したがって、小泉総理が参拝をする事は、公的、私的に関係なく正しい事です。

また、この説明だけですと、解りにくい人もいますので、もう少し区別をして話をすると、靖国神社には、A級戦犯、東條英機元首相は祭られていないが、元A級戦犯、東條英機元首相、もしくは、国の為に殉じた東條英機という人物が祭られているという事です。

それに、もう少し踏み込んで話をすると、上記の記事の中で、「(極東国際軍事裁判所やその他の連合国戦争犯罪法廷が科した)刑は、わが国の国内法に基づいて言い渡された刑ではない」と、明確に発言しています。つまり、どういう事かと言いますと、我が国の国内法に基づいていない訳ですから、東京裁判が不当、もしくは、無効と言っている様なものです。

全ては、東京裁判が不当なものであり、それに振り回されているに過ぎませんし、だいたい戦争は、人殺しをするものです。敵国の兵士を多く殺した方が、褒め称えられるのです。これが現実ですが、人殺しをし合っていて、戦争犯罪人もなにもないです。

そして、上記の事を必死になって妨害して来たのは、「左派、左翼集団、反日勢力、売国奴」←こいつ等です。その妨害、攻撃は半端ではありません。人として常軌を逸している異常なものです。それでいて本人達は、奇麗事を言い、偽善者を装うっています。上記の説明をしても、頭が凝り固まっているので、なにも認めようとせず、訳の解らない事を言い出します。ちょうどゴミ屋敷の家主と同じ様な性質を持っています。

それに、このような輩が横行していたので、日本(教育)が荒廃してきた側面もありますし、国家の根幹を平気で揺らがす事を、この連中はして来ました。ですので、こいつ等、輩で良いのです^^

それにしてもしかし、昭和27年に決まっていた事が、此処まで来るのに53年かかりました。大変な年月です。これで多くの国民も、改めて戦犯が祭られていない事を認識したので、靖国神社に行き易くなったと思います。殆どの方が祖先の墓参りに行きます。それと似ている所があると思います。また、中国、韓国の主張は筋が通らない事になりますし、ほっておいて大丈夫です。それに、靖国神社と別の追悼施設を作ると言う事も、矛盾している事になります。

しかし、これだけでは、まだまだ不十分です。後は、日本政府に東京裁判(インチキ、リンチ、復讐裁判)無効の表明をして欲しいです。もしくは、理想は東京裁判を再審し、元A級戦犯の方々が、正式に無罪を勝ち取る事が、パール博士の仰っていたように国際正義を勝ち取った事になります。そうなる事によって、日本は自虐史観から解放され、健全な社会の発展をして行くのだと思います。(因みに、自虐史観という言葉を使い出したのは、パール博士のようです)

とりあえず今回の決定は、自虐史観脱却の原動力になります。また、左派勢力の勢いも衰えると思われます。ですので、当たり前の事ではありますが、ここは素直に喜びたいです^^ 元戦犯の方々、ありがとうございます!^^ 途中、過激に品を落とした文章になっていますが、どうか許し下さいね^^

ラダ・ビノード・パール  日本人解放計画

 日本国に戦犯の方々はいない、この事を嬉しいと思う方はクリックして下さい。
 「反対派の論理破綻」民主・野田氏

 民主党の野田佳彦国対委員長は、首相の靖国参拝に関して政府に提出した質問主意書で、「『A級戦犯』と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではない。戦争犯罪人が合祀(ごうし)されていることを理由に首相の靖国神社参拝に反対する論理はすでに破綻(はたん)している」と主張した。A級戦犯合祀を理由に、首相の靖国参拝を批判する前原誠司代表らと一線を画し、波紋を呼びそうだ。

 野田氏は「サンフランシスコ講和条約と四回に及ぶ(戦犯釈放を求める)国会決議と関係諸国の対応によって、A級・B級・C級すべての『戦犯』の名誉は法的に回復されている」と指摘。その上で「社会的誤解を放置すれば、『A級戦犯』の人権侵害であると同時に、首相の靖国参拝に対する合理的な判断を妨げる。『A級戦犯』に対する認識を再確認することは、人権と国家の名誉を守るために緊急を要する」と訴えている。

 また、講和条約一一条の和訳をめぐり、「外務省訳の『裁判』は『判決』の間違い」との指摘があるにもかかわらず、政府が「東京裁判などの『裁判』を受諾した」としている問題に言及。「裁判を受諾した場合は、日本は『南京大虐殺二十数万』や『日本のソ連侵略』などの虚構も含め、満州事変以来一貫して侵略戦争を行っていたという(裁判の)解釈を受け入れたことになる」と批判した。

 【野田氏の質問主意書要旨

 民主党の野田佳彦国対委員長の質問主意書の要旨は次の通り。

 「A級戦犯」と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではない。戦争犯罪人が合祀されていることを理由に首相の靖国参拝に反対する論理はすでに破綻している。「A級戦犯」に対する認識を再確認することは、人権と国家の名誉を守るために、緊急を要する。

 「A級戦犯」として有罪判決を受け禁固七年とされた重光葵は釈放後、鳩山内閣の副総理・外相となり、勲一等を授与された。同じく終身刑とされた賀屋興宣は池田内閣の法相を務めている。これらの事実は「戦犯」の名誉が国内的にも回復されているからこそ生じたと判断できる。

 重光、賀屋らの名誉が回復されているとすれば、同じ「A級戦犯」として死刑判決を受け絞首刑になった東条英機以下七人、終身刑ならびに禁固刑とされ、服役中に獄中で死亡した五人、判決前に病のため死亡した二人もまた名誉を回復しているはずである。

 「A級戦犯」とは、極東国際軍事裁判当局が事後的に考えた戦争犯罪の分類であり、法の不遡及(そきゅう)、罪刑法定主義が保証されず、法学的な根拠を持たないと解釈できる。   (産経新聞)