よく保守の人たちが、特に靖国に眠る先人達に感謝の念を抱きますが、このことが、なぜ大切なのか。その辺りを掘り下げて話してみたいと思います。まず、感謝の念を抱く理由として、今日の日本の繁栄は、先人達の礎の上に成り立っているということを聞いたことがあると思います。先人達には祖国を守ろうとした日本への忠誠心があった訳ですが、同時に、自分の家族を守ろうとした強い意志もあった訳です。

そして、様々な戦いに命をかけ、亡くなっていきました。その先人達が靖国に祀られている訳ですが、このことを踏まえて、今を生きる日本人は、その事をどのように感じているでしょうか。その事とどのように向き合っているのでしょうか。なかには何も考えた事がない人もいるでしょうし、知っていても自分には関係ないと思って生きている人もいるでしょうし、そんなものは必要がない何も感じないと思っている人もいると思います。

しかし、本当にその気持ちが正しいでしょうか。

ここからは、少し例をだして説明をしていきますが、最近、育児の疲れから、幼い子供を虐待し、場合によっては殺してしまう事があります。この親には、子育てをする過程で、ストレスや色々な悩みがあり、その事が子供に虐待をしてしまう要因になっていると思いますが、その親達のストレスや悩みというのは、どうもはっきりしないと言うか、親らしくないというか、本当にちっぽけな理由で子供に虐待をしているケースも目立つように思います。

普通の精神状態だったらイライラしない事も、子供に八つ当たりをしたりするケースもありますが、それらの親が、そのような行為をしてしまうのは、私は、その親達の心が弱いからだと思っています。辛抱強くないと言うか、我慢強くないと言うか、その殆どが自分の欲や自己中心的な考えのもとに、或いは、親同士が協力をしないが為に、何も悪い事をしていない子供に虐待をしてしまうという事です。

しかし、子供を虐待してしまうほどの悩みって、いったい何でしょう。もちろん、人間ですから悩みはつきものです。ですが、仮に靖国に眠る先人達のことを知っていたら、敵艦に体当たりをした特攻隊のことを知っていたら、それらの親が抱く悩みは、ちっぽけな悩みと思えるでしょうし、様々なストレスも薄れる筈ですし、悪い意味での欲もなくなる筈です。つまり、その時代を生き抜かなくてはいけなかった先人達の思いを感じとれば、現在よりも、ある意味、悪い状況だった当時を生き抜かなくてはいけなかった人々の思いを悟れば、現在は、色々な意味で条件はよく、遥かに幸せなはずです。(悪い状況といったのは一般論という意味でですが、私は、決して、当時を悪い状況だったとは思っていない)

しかし、全ての人とは言いませんが現在を生きる日本人は、どうでしょう。何でも便利さを追求し、利己的で自己中心的になり、自由を履き違え悪い意味での個人主義が横行し、自分勝手な人間いて見て見ぬ振りは得意で、何でも他人事で事なかれ主義が横行し、このような心の持ち主が増えれば増えるほど、私の感覚では世の中が荒れる速度が上がっていくように思います。実際、殆どの日本人が世の中がおかしくなっていると思っています。

この現象は、一言で言えば、過去に感謝していないからです。過去に起こったことと、現在の自分の置かれている状況を照らし合わせれば、全ての事とは言いませんが、現在が少しでも幸せと思えないとおかしな話ということです。過去というのは、戦前、戦中、戦後の復興も含めての事ですが、その中でも、一番、危険な任務をしたのが靖国に眠る先人たちなのです。私が知る限り、このことに勝るものはありません。ですから、現代人は、日本の繁栄の礎になった先人達に感謝を表す事は大切な事なのです。

それは、自分の為でもありますし、自分の子供の為でもあり、自分の生活の為でもあるのです。簡単に言うと、「少しの事でも有難いと思いましょう。小さな事でも感謝しましょう・・・」ということです。私は、宗教家ではないですが、この有難いとか、感謝とか、そのような気持ちが殆どないから、世の中が荒れる一つの要因とも思っています。先人達に本当の意味で感謝があったら悪いことは出来ないですし、殺してしまうほどの児童虐待も出来るはずがないという事です。


全ては、日本人の心構えの問題であり、

その心を強く持ち、精神的に向上させる事が大切なのです。

靖国に眠る先人達は、それを教えてくれるのです。

だから、我々日本人は、先人達に感謝の念を表すのです!



PS 私は、雨風がしのげる部屋に住めることは幸せと思うようにしています。このように基本的なことを有難いと思える。或いは、感謝することは大切と思っています。他にも、先人達への感謝の事では話したいことがあるので、考えがまとまった時に綴りたいと思います。また、今回、綴った事は、ありとあらゆる事にも当てはまります。

人気ブログランキングへ なるほど!と思った方はクリック