中川昭一氏死亡のニュース速報をスルー

TBS青木裕子アナ大失言! 中川元大臣死去のニュースに「注目しないで!」

 4日に放送されたTBSの情報バラエティ『サンデージャポン』内で飛び出した、同局青木裕子アナの失言が波紋を広げている。

 番組では、開始直後から司会の爆笑問題・田中裕二の離婚問題について特集が組まれていたが、この特集に被さる形で中川昭一元財務相の遺体が自室で発見されたというニュースの速報テロップが流れた。この際、爆笑問題の2人や出演者のテリー伊藤らがこのニュースに気を取られているのを見咎めた青木アナが、「速報は注目しないでください」と言い放ったのだ。

 番組はそのまま進行し、田中の離婚問題についての「真相激白」なる特集が放送されたが、この青木アナの発言に対してネット上の掲示板は紛糾。「なんでそんな事言う必要あるんだよ」「普通の神経じゃ考えられない」「社会人としてダメだろ」など、青木アナへの批判的な書き込みが相次いだ。

「今回の青木アナの失言は、進行を焦ったことによる単なるポカと言っていいものでしょうね。しかし、同番組はバラエティとはいえ、政治についても言及することが少なくありませんし、中川氏がG7で"酩酊会見"を行ったときにも面白おかしく報じていました。それが、亡くなったというニュース速報に対して『注目しないでください』というのは、あまりにも節度を欠いていると言わざるを得ませんよ。だいたい、ニュース速報は視聴者に注目させるために流しているものですから」(芸能記者)

 TBS『サンデージャポン』は昨年10月にも"ヤラセ騒動"を起こし、放送倫理・番組向上機構(BPO)から「事実の報道をしている自覚の希薄さなど、番組制作の基本的問題に起因している」として勧告を受けているが、今回の件で、再度、番組の放送倫理が問われることになってしまった。



これは動画で見たけど、青木アナには配慮がなかったね。

もう少し心遣いがあっても良い筈だけど、

どうして、心が使えないのか・・・。

若いからかな・・・。

でも、年齢は関係ない。

やはり、ハートの問題だよ。

アナウンサーでも、その人間の心の問題ね。

だから、私は、いつも心と言っている。

だけど、あしらう感じで番組の進行を優先させた・・・。

まぁ〜良く考えれば、訃報の速報に立ち会ったことがないから、

焦ってしまったのかも知れないけど、

そうだったとしたら、後で誤解を解かないと・・・。

そして、できれば、速報の時に、

「中川元財務相が亡くなられたようです。ご冥福をお祈りいたします」

と、一言あり、次に行けば問題はなかったよね。

ただ、青木アナだけでなく、

他のコメンテーターや新聞にマスコミ全般で、

配慮の欠ける発言が目立つのは残念に思う。

私は、常々思っていましたが、

日本人は優しさもなければ、

思い遣りもない心の持ち主が多いと・・・。


しかし、そういう人間に限って、

優しさと思い遣りを求めるんだよね!

でも、それは間違っていると思う。

なぜなら、それらを求めるのなら、

まず、自分が優しく思い遣りのある人間になれと・・・。

心を磨けと・・・。心を養えと・・・。

そう思う訳です。



人気ブログランキングへ 日本人の心は希薄でダサイ!