昨年の夏に衆院選で圧勝し、民主党政権が誕生した。国民は、マスコミが連呼する政権交代という言葉に惑わされ、当時の鳩山代表率いる若手の多いクリーンなイメージのある民主党を支持し、国を良くしてくれると期待し民主党が圧勝したが、その国民の思いは見事に裏切られた。小沢は、検察の事情聴取に応じるみたいだが、もう既に遅い。今から国民の信頼を回復しようと思っても、支持率は、たぶん、二度と上がらないと思う。

上がるとしたら、保守主義のもとに、または、その姿勢で政策を変更していくしかない。しかし、民主党を主体とする政権は、決して、一枚岩ではなく、ましてや、同党は社会主義的な質を持っているので、その政策を変更していくことは、たぶん無理だと思う。簡単に言うと、右か左かなのだが、日本の為になる政策なのか、本当の意味で国益が重視されているのか、それらは本当に国民の為になるのか、それらの政策は、近い将来、問題にはならないのかなど、その辺りが、どうも真剣に議論されていないように思う。

或いは、敢えて、その部分には目を瞑り法制化を急いでいるのか、外国人参政権や夫婦別姓などの法案が急がれているように思うが、はっきり言って、これを法制化しても、急いでも、多くの国民が日本人として限りなく幸せになる訳でもない。日本人は、日本の領土の中にいる。その日本の土地の上にいる。そして、その土地の上に家を建てている。その中では、立っている場合もあれば、寝ている場合もあり、座っていることもある。

外では、歩いていたり、電車に乗ったり、車で移動をしたり、色々だが、一部は除き、殆どの国民は法律に触れることはしない。もちろん、法律に触れなくても道義的に問題があることをしてしまう国民はいる。1億二千万人いれば、色々な考えもあり、それぞれ夢や希望、悩みも異なる。これは、前にも言ったかも知れないが、私は国民は政治に対して、多くを望んでいないと思う。もちろん、子供手当てなどは、もらえるものは貰った方が特と思う人は大半だと思うが、そういう事ではなく、政治のあり方だ。政治家の姿勢や態度、人として、どうなのか!という所も国民は見ている。

だからこそ政治とカネの問題で、これだけ大騒ぎになり、問題視する国民がいるということだ。つまり、月並みだが、政治は誠実でなければならない。あらゆる部分が誠実でなければ国民は納得しないという事である。だから、政治家はカネの事で不正をしてはいけないし、秘書も、その辺りに注意を払うのは、ある意味、当たり前の話しでもある。それがプロというものではないであろうか。その意識が欠落しているから、今回のような騒動になる。

はっきり言って、政治だけではなく、こんな事は当たり前なのだが、カネが絡むと、人の心は邪心が入る場合もあり、その理性を保てるのか保てないかで、心の強さが決まってくる。政治家には、まず、その心の強さが必要であり、理性を保ち続けるバランス感覚や、それを維持し続ける本物の誠実さも必ず必要になってくるし、これが政治家の基本姿勢でなければならない。

国民は、政治に対して誠実さを求めているということだ。今回のことで、それが少しは分ったのではないだろうか。これが分らない政治家は鈍感だが、政治家、個人としてだけではなく、党としても誠実でなければ支持はされない。或いは、支持率は上がらない。もちろん、期待を裏切った場合は、反省しても、そう簡単には認めて貰えない。これは、社会の常識でもある。

誠実以外には、人間力の問題でもあるが、しっかりしているとか、常識を知っているとか、良心があるとか、良識を持ち合わせているなど、月並みだが、これらのことも政治家には求められる。いつも言うが、全ては心の問題だ。国民は、まず、政治に誠実さを求めているという事である!


人気ブログランキングへ 政治は誠実であるべき!と思った方はクリック