話しはそれから!

枝野官房長官「尖閣が侵略されれば自衛措置」…中国で猛反発

枝野幸男官房長官が10日の参院沖縄北方特別委員会で、尖閣諸島について「他国が侵略してきたら、あらゆる犠牲を払ってでも自衛権を行使する」と述べたことに対して、中国で反発が高まった。各メディアが報じ、インターネットでは「日本に原爆を落とせ」など、一般読者による過激な意見が集まっている。

 枝野官房長官は、みんなの党の江口克彦氏への答弁で、尖閣諸島が侵略された場合には「あらゆる犠牲を払ってでも自衛権を行使し、これを排除する」と述べ、自衛隊出動を含めた厳しい対応をとることを表明した。昨年(2010年)の漁船衝突事件など、中国の一連の動きを念頭に置いた発言であることは、明らかだ。

 中国メディアは相次いで、同発言を報道。「愛国論調」が強い環球網などでは、猛反発する読者のコメント投稿が続いている。

 「日本と戦争だ」、「日本を滅ぼせ」、「釣魚島(尖閣諸島の中国側通称)を失うなら、日本に原爆を落とさねばならない。あとのことは考えなくてよい。まったく腹立たしい。取るに足らない小国に、大国であるわれわれが馬鹿にされてたまるか」など、過激な書き込みが多い。

**********

◆解説◆ 中国の胡錦濤政権には、過激な反日世論や行動を「歓迎しない」傾向が強かった。しかし、7月に黒龍江省内で「満蒙開拓団の日本人死亡者名簿の碑」が作られたことで、反日感情が高まった。同碑は撤去されたが、批判報道は続いている。

 中国の世論は、共産党上層部内の“綱引き”に大きく影響される場合が多い。「本当に自発的な民意が形成されるとは言い難い」との見方もある。中国では高速鉄道が大事故を起こしたことなどで、政府への批判と不信が高まった。そのため、政権側にとっては、世論の高まりを抑さえにくい状態になった。(編集担当:如月隼人)

・・・・・・・・・・・・・・・・

僕の受け答えです。


「日本と戦争だ」

いきなり戦争なんだ?

「日本を滅ぼせ」

ほう・・・。

とりあえずやってみたら?


「釣魚島(尖閣諸島の中国側通称)を失うなら、日本に原爆を落とさねばならない」

原爆か・・・。

まぁ〜日本人を目覚めさせるにはいいかもね。


「あとのことは考えなくてよい」

あたま、わるそうだね。

「まったく腹立たしい」

腹立たしいのはあなたではなく、僕に決まっているでしょ!

「取るに足らない小国に、大国であるわれわれが馬鹿にされてたまるか」

と、と、と、と、取るに足らない小国?w

た、た、た、大国であるわれわれ?w

ば、ば、馬鹿にされてたまるか?w

そうね。

ここで僕の感覚で解説すると、

まず、取るに足らない日本に原爆を落とすんだ?w

取るに足らないのに相手にし過ぎ?w

それに、自分たちは大国だと思っているのに自信なくない?w

だって、自信があって大国だと思っていたら、

普通は余裕があるってことだから、

馬鹿にされているとは思わないよね。

つまり、

この発言をした奴は自信がないってこと!



しかし、ちぐはぐな政権だね。

民主党は靖国に参拝をしないと言いながら、

官房長官は尖閣のことでは威勢のいいことを言っている。

そもそも国を守る気概のない民主政権なのだから、

枝野一人が言ったところで、あとに続く奴がいるとは思えない。

だって、民主党ってサヨク質の傾向が強い政党だから。

サヨクってのは領土を守る意識がないから。

領土のために武器を使ったり、紛争になったり、戦争になるのなら、

領土はいらないと言うのがサヨクだからね。

肝心なところは答えないで逃げるのがサヨクだからw

サヨクでなくても、サヨク質な人間も同じ。





人気ブログランキングへ とりあえず、原爆を落としてもらおうか?と思った方はクリック