内部通報で異動は無効…オリンパス社員逆転勝訴

 取引先の社員を引き抜こうとした上司の行為を社内のコンプライアンス(法令順守)窓口に通報した結果、不当な異動を命じられたなどとして、精密機器メーカー「オリンパス」(東京)社員の浜田正晴さん(50)が同社などに異動の無効確認と1000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が31日、東京高裁であった。

 鈴木健太裁判長は「上司は内部通報に反感を抱き、業務とは無関係に異動を命じており、人事権の乱用に当たる」と述べ、原告敗訴の1審・東京地裁判決を変更。異動を無効とし、同社と上司1人に計220万円の賠償を命じた。

 判決によると、営業担当だった浜田さんは2007年4月、上司が取引先の鉄鋼メーカー社員を引き抜こうとしていることを把握。取引先の信用を失うと考えて上司に中止を求めたが聞き入れられず、同6月に社内のコンプライアンス窓口に通報。窓口の担当者は、上司に通報の事実をメールで知らせた。浜田さんは同10月、経験のない部署への異動を命じられ、外部との自由な接触を禁じられるなどの嫌がらせを受けた。

・・・・・・・・・・・・・・・・

>窓口の担当者は、上司に通報の事実をメールで知らせた

重要な事実をメールで知らせるって、この担当者もダメだね。
普通に考えて、常識的に考えて、
こういうことはメールで話すことではない。
そのぐらいのことが分からない大人がいるのだから、
世の中、社会が変になるわけだ。
俺が、オリンパスのコンプライアンス窓口をやろうかな。
第三者の人間として。
意外といい仕事するよw



「正直者がばかを見ていいのか」逆転勝訴の原告

 オリンパスの内部通報を巡る訴訟で、逆転勝訴した原告の浜田正晴さん(50)は判決後、東京・霞が関で記者会見した。

 浜田さんは、「正しい行動をした正直者がばかを見ることがあっていいのか、という思いだった」と訴訟を続けてきた理由を語り、「一区切りついた思い。オリンパスには適正な処遇を考えてほしい」と訴えた。

 オリンパス広報・IR室は「1審判決通りの結果が得られなかったのは大変残念だ。判決文を精査した上で今後の対応を検討したい」とのコメントを出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・

この人いいね。
自分が勤めている会社に訴訟を起こすなんて勇気がある。
これが本物の正義であり、本物の常識と良識と言える。
だけど、この本物さを持ち合わせていない国民は多い。

だから、国も地域も会社も良くならない。
会社を相手取って戦うなんて言うのは、相当なリスクがあるし、
場合によっては、自分の居場所がなくなるかも知れないし、
同僚や上司に部下からは、厄介者、トラブルメーカーなどの、
レッテルを張られることもあるかも知れない。
それが、いくら正しいことだとしても。

では、なぜ、正しいことなのに、それは認めないで、
不味い社員として扱われるのか。

それは、正しいことを正しいと言えない人々が多いからである。オリンパスの場合、役員をはじめ、社内に正しいことを正しいと言えない社員が多いということだ。

では、なぜ、そう言えないのか。

それは、会社のコンプライアンスなんて、どうでも良くて、
自分が可愛くて、自分さえ良ければ良いからだ。
一言でいえば、ずるくて、卑怯者ということでもある。

役員や、関係部署で言えば、逆の意味で社の保身に走っているとも言えるが、臭い物に蓋をしたところで根本的な解決には至らない。オリンパスの関係者は、世の中が何を求めているのかが分かってない。

浜田さんは、「正しい行動をした正直者がばかを見ることがあっていいのか、という思いだった」と言っているが、浜田さんをはじめ、正直者がばかを見ることがあってはならない。
ただし、現実的には、正直者はばかを見ることが多い。

では、なぜ、正直者はばかを見るのか。

それは、正直でありたいと思っている社員や国民はいるが、会社の人間関係からくる、色々な圧力により、身動きが取れなくなるからだ。一人一人が保身に走ってしまうという現象かな。
もう少し悪く言えば、弱虫で臆病者ということになるが、そういう人間が圧倒的に多いからだ。

だから、オリンパスのような会社では理不尽なことが起こり、
その延長線上にある地域も、国も、良くならないのである。

これ、間違いない!

全ては、人間力です!

心です!

真心ね!

それ以外にはありません!

よろしく!




人気ブログランキングへ 正直者が幸せを見る社会にならないと、会社も、地域も、国も良くならない!と思った方はクリック