憂国、喝!

決して、世の中を希薄にしてはいけない! 「秤を平衡に保つ努力をしながら・・・」 健全な未来へ!          

社会問題

光市母子殺害事件 元少年である福田被告の死刑確定!



光市母子殺害事件 元少年の死刑確定へ

本村さんは、偉いね。

凄く辛い悲しい長い13年だったと思うけど、

自分の悲しい辛い経験を踏まえ、

色々な方たちに配慮をしながら話している姿は、

他人事ではなく、その辛さ悲しさが少しでも伝わってくる感じがした。

彼の経験したことは、誰でも経験したくないはず。

もちろん、彼も、こんな辛い経験はしたくなかったけど、

その経験が、彼を人として大きく成長させている一面もある。

現実は厳しい。

世の中って、現代社会って、悲しいこと、辛いこと、厳しいことが多い。

彼の言うとおり、

この事件のようなことが起こらない社会になって欲しいね。



<光市母子殺害>元少年の上告棄却 死刑確定へ

 山口県光市で99年に母子を殺害したとして殺人や強姦(ごうかん)致死罪などに問われた当時18歳の元少年(30)の差し戻し上告審で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は20日、被告の上告を棄却する判決を言い渡した。広島高裁差し戻し控訴審(08年4月)の死刑判決が確定する。

 少年法は18歳未満への死刑を禁じており、事件当時18歳と30日だった被告に死刑を選択すべきかどうかが最大の争点だった。検察の死刑求刑に対し、1審・山口地裁判決(00年3月)、2審・広島高裁判決(02年3月)はともに立ち直り(更生)の可能性を重視して無期懲役とした。しかし、最高裁判決(06年6月)は「年齢は死刑回避の決定的事情とはいえない」として無期懲役の判決を破棄し、審理を広島高裁に差し戻した。

 差し戻し控訴審判決によると、元少年は99年4月、山口県光市の本村洋さん(35)方に配水管検査を装って上がり込み、妻弥生さん(当時23歳)を絞殺して強姦。長女夕夏ちゃん(同11カ月)も絞殺した。【石川淳一】

・・・・・・・・・・・・・・・・

>少年法は18歳未満への死刑を禁じており、事件当時18歳と30日だった被告に死刑を選択すべきかどうかが最大の争点だった。

18歳未満への死刑を禁じているのなら、18歳と30日だった被告を、なぜ、直ぐに死刑にしなかったのかが不思議。この手の裁判は長すぎる。3年から5年で決めないと、遺族や被害者が苦しむだけだよ。


命日に祈りささげ献花=「著しく成長」と弁護団―福田被告・光市母子殺害

 弁護団によると、福田(現姓大月)孝行被告はおととし以降、遺族の了解を得て被害者の月命日と誕生日には祈りをささげ、事件現場に花を届けているという。事件については「本当に重大な結果を生じさせた。2人の大切な人の命がなくなった」と反省の言葉を述べているといい、弁護団は「著しく成長しており、更生は可能だ」と訴えていた。
 被告は友人に宛てた手紙の中で、遺族の本村洋さんを「ちょーしづいてる」と中傷したり、「無期はほぼキマリでして、7年そこそこで地上にひょっこり芽を出す」と記したりしていたことが二審公判で明らかになった。差し戻し控訴審の被告人質問では、検察官に向かって「僕をなめないでいただきたい」と言い放ち、弁護側が後に弁論で「許される言葉ではなかった」と釈明する場面もあった。
 こうした経緯について弁護団は、「虐待の影響もあって人の気持ちがなかなか分からなかったが、いろいろな人に会う中で自分を見つめ直し、被害者や遺族の気持ちを考えられるようになった」と説明した。

・・・・・・・・・・・・・・・・

福田被告が、こんな手紙を友人に送っていたなんて初めて知った。こんな内容を書くようでは反省しているとは言えない。社会に復帰させれば、また、同じことをする可能性が高い。なので、刑の確定は、極めて妥当だと思う。


人気ブログランキングへ 長かった!と思った方はクリック

現代社会を生きる女たち!

「女をなめんじゃねー!」と女性が絶叫し、飛び降り騒動 朝の渋谷が騒然

この騒動、なんて事はないのだけど、男からすると、これだけ開き直られると怖いと思うかも知れない。いったい、この女性に何があったのか。

「女をなめんじゃねー!」「電話してこい!」

と叫び続けたらしいので、たぶん、その気持ちを伝えたいのは、おそらく男だろう。しかも、朝早くに渋谷のマンションで。女性は酔っていたのか、それとも、しらふだったのか。朝と言うから、もしかしたらホステスかも知れないし、違うかも知れない。

「女をなめんじゃねー!」と言う事だから、かなり怒っている感じだし、「電話してこい!」と言う事だから、約束をした男からの電話が来なかったか、何か仕事のもつれで憤りを感じていたのかも知れない。ただ、女性によっては、好きな男に裏切られたりすると、このように腹の底から怒りを表現する場合もある。本当に好きの裏返しってことかも知れない。

いずれにしても、この産経の記事だけでは詳しいことは分らない。

次ぎ!

2人の死刑執行 千葉法相「見届けることが責務」と立ち会い

千葉法相が死刑を執行した。これは意外。なぜなら、千葉は、死刑廃止論者だから。しかも、立ち会ったという。どのような心境だっのただろうか。記事には、見届けるのが責務とあるが、仮に、それが法相としての責務だとしたら、なぜ、一年もの間、刑を執行しなかったのだろう。不思議だ。

読売では、「30日に召集される臨時国会を控え、参院選で落選した千葉氏を続投させた菅首相への批判をかわす狙いがあるのではないか」と綴っている。

仮に、これが本当だとしたら、死刑囚とは言え、その人間の命を弄んでいるとも言える。まぁ〜死刑囚なので関係ないと言えば関係ないが、どうも、仮に、これが本当で、本質だとしたら、死刑廃止論者とは、いったい何なのか!と、疑念を抱いてしまう。

次ぎ!

辻元氏が離党会見「批判だけでは日本変えられない」

辻元が離党したことが騒ぎになっている。辻元は、「批判だけでは日本変えられない」と言ったらしい。確かに、これは一理あるが、この言葉は、福島党首や社民党のあり方について指摘をしている部分もあるのだと思う。辻元と福島の主張を比べると、似ている所はあるのだが、どちらかと言うと、福島の方が融通がきかない所があるように感じる。

微妙なところだが、女性だけの権利を主張する傾向があるのは、福島の方が強いと言った方が良いのだろうか。私には、そう感じるが、それは、辻元が、その昔に逮捕され、苦い思いをしたのが影響しているのかも知れない。その切っ掛けになったのが、「あなたは疑惑の総合商社ですよ」と、鈴木宗男に噛み付いた発言だが、後に、「私に対しては昨年の国会でちゃんと謝ってくれたし、会う度に『鈴木先生にはもっと謝らないと』と言っている。一回りも二回りも成長した証拠でしょう」と、鈴木は言っている。

人は、大きな間違いやミスを起すと、練れる事もあるから、辻本も、少しは丸くなったのかも知れない。

辻本に関しては、憲法9条を守る立場の男二人も主張が異なる。一人は残念がっているが、もう一人は、辻本の離党を歓迎している。どうも、ここに来てサヨク質の人達にも変化があるようだ。いったい、これから、どうなって行くのか、ますます分かり難くなって行くのかも知れない。

最後に、これは生きていた女性の話だが、日テレのアナウンサーが命を絶ったようだ。家族と産んだ子供を残して。。。理由は、色々とあるだろうが、最近の傾向として、その理由に鬱だったというのがある。私は、いつも不思議に思うのだが、「本当に、そうなのだろうか・・」と思ってしまうという事だ。それに、周りからすると幸せそうで充実した人生を送っているかのような人が命を絶ったりする。これが、どうも理解できない。昔から、鬱で自殺する人はいたのだろうか。どうも、最近の傾向として、鬱のせいにしておけば、それで誰もが納得するかのような感じにさえ思う。

幼い子供を残してまで命を絶つというのは、おそらく本人にとっても辛かった事だろう。旦那さんとは、一緒に住んでいなかったようだが、その辺りも影響したのかも知れない。女性は、いい意味で気が強くて明るくても、芯がしっかりしていて社交的でも、何かあると不安になったりして、それが継続したりすると、いつも傍にいて欲しいとか、常に支えて欲しいとか思う人もいる。彼女にも、何か、そのような心の葛藤があったのかも知れない。

私は、やはり心だと思う。

今、日本に必要なのは心です。


真心、誠実な心、温かい心、人の痛みが分る心など、批判や厳しい事は得意になっているように思う現代人だが、どうも、本来、日本人が持っている心が磨かれていないように思う。まぁ〜昔から、これは言ってきたが、そのポイントがシフトしない限り、日本の安心した未来も安全もないような気がする。

現代社会を生きる女たち!と題して話してきたが、まとまりもなくなって来たが、この女性達を一人の人間として考えると、欲しいもの、或いは、求めているものに共通する所があるのかも知れない。それは、人のぬくもりや温かさではないでしょうか。掘り下げていくと、本質は、そのようになっているように思います。まぁ〜これは男にも言えることですが、このポイントをシフトしないと日本の社会は好転しないように思うところもございます。


人気ブログランキングへ 日本人は生き方をシフトせよ!と思った方はクリック

同和勢力を無力にしたのは自民党と小泉元総理の功績!

依存症の独り言、坂さんが同和と解同のことを綴っていました。僕は、この二つの組織を知らないけど、小泉前首相のことも触れられていたので、その部分についてだけ話したい。まずは、その記事を部分的に引用する。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、鈴木は2002年に「あっせん収賄罪」で逮捕されます。
野中は、2003年に突然、引退します。
そして2004年に浅田が詐欺の容疑で逮捕されます。
2005年には、浅田が大阪地裁にて懲役7年の実刑判決を言い渡されます。

いっぽう、2001年には小泉純一郎が首相に就任します。
そして、野中を筆頭とする鈴木、古賀誠などの「抵抗勢力」との凄まじいまでの権力闘争が展開されます。
2003年には小泉が再選されます。
2005年には小泉率いる自民党が総選挙で圧勝します。
ここにおいて、自民党内に巣食う抵抗勢力、親同和勢力は完全に無力化されるのです。

私が昨日書いた、2006年になって立て続けに解同がらみの不祥事が明らかにされた背景には、このような体制内における権力構造の地殻変動があったわけです。
もちろん小泉首相(当時)が鈴木を直接的に追い落としたわけではありません。
が、小泉内閣にならなければ鈴木の疑惑が表面化することはなかった。
また、同和利権の塊のような「ハンナン牛肉偽装事件」の内偵が進むこともなかった。
野中が2003年に突然引退したのは謎とされてきましたが、浅田の摘発が現実味を増してきた時期であることを考えれば納得がいきます。
そして、2005年総選挙において抵抗勢力は小泉に完敗した。
メディアは「ハンナン牛肉偽装事件」の時は、まだ恐る恐る報道していましたが、2006年ころになると、「同和」タブーがふっ切れたというわけです。


・・・・・・・・・・・・・・・・

利権の話しですが、私達の税金を貪るのは、在日や朝鮮人だけではなく、同じ日本人?でもあるようです。その金額は半端ではです。ヤクザとも繋がっていたようですが、その辺りは記事をご覧になって下さい。

私は、この記事を読んで、改めて自民党は良い意味で変わっていたと思いました。野中絡みの同和利権を無力化させたのは、当時の自民党であり、そのリーダーであった小泉さんの功績と言っても過言ではないように思います。もちろん、記事にもあるように、小泉さんが意図していた事ではないようです。ですが、小泉さんは、この時期に自民党をぶっ壊すと言ってました。

私の小泉さんの印象は、信念と気迫があり、真面目だけどユーモアもあり、話し方が正々堂々としていて、特攻隊の遺書に涙する所は人情味もあると思っていました。しかし、その一方で、郵政造反組みには刺客を送るほどの厳しさも持ち合わせていたように思います。

私は、本来、小泉さんが持ち合わせている資質が、良い意味での見えない圧力となり、同和勢力を無力化させたと思います。小泉さんは、しきりに抵抗勢力と言ってました。自民党内での権力闘争のことですが、小泉さんは、その何か不誠実なものを、或いは、不誠実に動いている政治家達の心に喝!を入れたような部分もあり、結果的に、不真面目な議員は去るか、今までの所業を反省し真面目になっていく議員もいたのだと思います。

これは、小泉さんの資質が、汚い政治家達に勝っていたと言えるのではないでしょうか。

その辺りから自民党は、良い意味で変わり始め、徐々に真面目路線になって行くのだと思います。もちろん、その後も多少は、政治と金の問題はありましたが、責任を感じ命を絶つほど追い込まれてしまった人もいますし、議員辞職をした人もいます。そういう意味では、自民党の議員は真面目だと思います。民主党議員とは対応がまったく違うからです。

しかし、国民からすると、政治家は、本来、カネに誠実でなくてはいけません。ただ、戦後、右肩上がりの経済成長を遂げた日本では、政治家も、民間企業や特定の組織(特定の個人)などは、馴れ合いの部分があり、それで成り立っていた部分もあったのだと思います。

ですが、過去は変える事はできませんし、過去が悪かったから、今もダメと言う事ではないと思います。過去を教訓にして、現在は真面目にやっていれば私は問題ないと思います。

これでも、改革はされていなかったと言えるでしょうか。

これでも、反省が足りないのでしょうか。

これでも、お灸をすえる必要があったのでしょうか。


まるで、戦後教育のお約束である、相手が泣くまで、相手が謝罪するまで、追い込む手法と似ている感じがします。政権交代とは、日本人がサヨク質になってしまった現象なのかも知れません。

それも、バブルのような感じで・・・。

しかし、起こってしまったことは仕方がありません。

求めればキリがありません。

私も、言いたい事はあります。

今は大変な時期ですが、次に繋げて行くしかないと思います!

政権交代、ばんざ〜い!w



PS 私は、同和、解同、在日、朝鮮人、創価などの人間には拘った事がありません。その人達に興味はなかったので詳しく知りません。私の興味があるのは日本人の在り方です。全ては日本人次第と思っている部分があります。


人気ブログランキングへ 同和勢力を無力化した小泉さんと自民党は偉い!と思った方はクリック
ランキング・RSS取得
Amazon.co.jp
   
   
   
   
   
   
   
国益を真剣に考え隊!
img8516_05isigakiPhotoSmall
石垣市のバナーはこちら

尖閣諸島 現在そこにある危機

img8300_senkaku04photoS
東京都のバナーはこちら

尖閣諸島 - Wikipedia

尖閣諸島問題 - Wikipedia

尖閣諸島侵略の正体

竹島侵略の正体

北方領土侵略の正体

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 - Wikipedia

戦地売春婦のこと!

従軍慰安婦の正体

慰安婦 - Wikipedia

日本国憲法 - Wikipedia

日本国憲法

日本国憲法第9条 - Wikipedia

外国人参政権の正体

外国人住民基本法の正体

外国人参政権(Wikipedia)

日教組の正体 ・民主党の正体

子ども手当の正体

夫婦別姓制度の正体

人権擁護法案の正体

輿石東の正体

千葉景子の正体

反日マスコミの正体

民主党の内幕

「右翼の正体」

日本製品を買いましょう
日本製品を買いましょう〜♪

wjfproject_banner
すばらしき日本よ永遠なれ

改めて野田氏のもと戦犯の扱いに対する答弁書をリンクしておく。

2006年6月6日提出 「サンフランシスコ平和条約第十一条の解釈ならびに「A級戦犯」への追悼行為に関する質問主意書」 及びそれに対する6月16日答弁書

「戦犯」に対する認識と内閣総理大臣の靖国神社参拝に関する質問主意書と答弁書


国民が知らない動画!宣伝部隊

フランスTV !?「お笑い日本の実態」(みんな覚悟はできたかな?)

国民が知らない日本の真実 !?

my日本

J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)

ブログへの周知活動1

橋下徹Newsウォッチ
日本国自衛隊・海上保安庁
海上保安庁は、日本の官公庁の一であり、海上の安全および治安の確保を図ることを任務とする。現在は国土交通省の外局であるが、かつては機雷掃海や海上警備隊創設と軍事的な側面を有した組織であった。略称は海保(かいほ)、歴史的背景などから保安庁(ほあんちょう)、英語ロゴ標記の略称としてJCG[1]。

英称は1948年(昭和23年)の開庁当初より米国の主張から、その時々に「Maritime Safety Board」や「Maritime Safety Agency」を用いた歴史的な経緯がある[2]。2000年(平成12年)4月より、『広く国民の皆様に海上保安庁の業務を分かりやすく理解していただくため、海上保安庁のロゴ、ロゴマーク及びキャッチコピーを定めた。』[1]との公表後に、権限や法律の変更は全くないが、2001年以降は船舶などへも、このロゴを用いたJapan Coast Guard(略称: JCG 「日本国沿岸警備隊」の直訳)に変更している。

海上保安庁 - Wikipedia


陸上自衛隊

海上自衛隊

航空自衛隊

自衛隊の公式な英訳名称は「Japan Self-Defense Forces」であるが、日本国外においては、陸海空の各自衛隊は日本国の実質的な国軍として認知されており、「Japanese Army(日本陸軍)」「Japanese Navy(日本海軍)」「Japanese Air Force(日本空軍)」と表記されることがある。これは「Self-Defense Forces」という呼称が、国際社会上一般的ではなく、自衛隊の実態組織を表している呼称とは言い難いためである。

防衛省・自衛隊

自衛隊 - Wikipedia
報道と世の中の把握

朝日新聞デジタル
BLOGOS
YOMIURI ONLINE
時事ドットコム
産経ニュース イザ!
J-CAST ニュース
livedoor NEWS
Diamond Online
ライブドア・最新ネットリサーチ
Business Media 誠
FACTA online
トラックバック・ピープル政治
ザ・勝手にニュース解説
衆議院TV  参議院TV
報道機関 – Wikipedia

報道機関(ほうどうきかん、the press)とは大衆に対し報道する機関の総称である。「マスコミ」はこの俗称で、新聞社・放送局・出版社・通信社等がこれに該当する。特に新聞社、放送局等よりも、社会的な公共的役割を果たす主体を指して用いられる場合が多い。自由と平等を原則とし表現の自由が法的に保障されている民主国家においては、政府系報道機関を除いて、報道機関は公正、公平、中立を旨とし、国家権力に屈せず、国民の利益に適う報道姿勢を理念とする。

また、自由を基本とする報道機関も、電波通信や圧倒的な情報網という公共財を用いて事業を行っている関係から、国民の生命、身体、財産にかかる災害及び有事その他の緊急事態には、国家により広く国民に知らせる義務を負っている面もある。特に放送局、新聞社等は災害対策基本法及び国民保護法等で指定公共機関ないし指定地方公共機関として、国民の生命、身体、財産を保全にかかる報道を義務付けられる。
管理者にメッセージを送る
記事検索
バックナンバー
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ