2017年09月18日

続・猿の惑星

c99b5140.jpg1970年、米国、主演チャールトン・ヘストン。名作「猿の惑星」(1968年米)の続編。「猿の惑星」を観た時には感動しました。ロケットで宇宙飛行を続けているテイラー(ヘストン)達は人工冬眠にはいっていました。時に、船内時計で1972年、地球では2673年、準光速ロケットではこういう状態になっているわけです。突如発生したトラブルでロケットはとある惑星に不時着水します。この惑星は猿が支配する猿の惑星、そして、いろいろあって、テイラーがラストシーンで見るのが自由の女神という衝撃、つまりここは地球であったわけです。「続・猿の惑星」はここから始まります。続編では、人類文明がコバルト爆弾で破壊されたこと、ミュータント化した人類がコバルト爆弾ミサイルを神と崇め信仰していることが分かります。続編の最後は絶望したテイラー(ヘストン)がコバルト爆弾ミサイルを発射し、地球が消滅して終わります。当時大スターのチャールトン・ヘストンが最後に死んでしまうのも驚きでしたが、アメリカ映画がこれほど暗い結末にするとはさらに驚きでした。日本の上空をミサイルが飛ぶ現在では、余計にこの映画が重すぎます。


ishibe at 17:02|PermalinkComments(0)clip!

2017年09月12日

ドクター石部と記念写真

3bf43c67.jpg術後6週間、これからまだまだ良くなります。

ishibe at 21:55|PermalinkComments(0)clip!

2017年09月10日

ようやく出た9秒98

e2ed5c59.jpg昨日の日本学生対抗選手権で桐生祥秀が陸上100m決勝で9秒98で優勝しました。高校3年生で10秒01を出しずっと期待されていましたが、不振が続いていたので本人が一番ホッとしたかもしれません。サニブラウンが最初に10秒を切ると思っていたので少し意外でした。走るときのエンジンである筋肉は速筋と遅筋の2種類があり、生まれながらその比率は決まっていてトレーニングしても変化することはありません。瞬発力に関係する速筋は西アフリカ系で70%程度、日本人では30%程度と言われていますが、個人差もあります。小学校の運動会でリレーに選ばれる脚の速い子供は1年生から6年生までずっとリレー選手のことが多いわけです。当院のスタッフのなかにも高校生時代特に練習しなくても50m6秒台という女性もいます。脚が速いということは天成のものであり、そこに有効なトレーニングと強い精神力があって初めてトップアスリートになれると言えましょう。桐生以外にもサニブラウン、多田、ケンブリッジが9秒台を出せるようになれば2020年東京五輪の100x4リレーで金メダルも夢ではないかもしれません。

ishibe at 14:07|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月31日

サッカー日本代表W杯出場決定

5f83bd9f.jpg今晩、オーストラリアを2-0で下しW杯出場を決めました。ゴールしたのが浅野、井手口という20代前半の選手です。若いのでかえってプレッシャーを感じなかったのかもしれません。今日の勝利は、何といっても長谷部の復帰が大きかったと思います。彼の出場によって日本の組織プレーが輝いていました。6月にドイツのフィンク教授が来院して手術を見学したときに、彼はわれわれ医療スタッフの動きが統一され洗練されていることを賞讃していました。さすが、サッカー強国ドイツの医師です。個々の技量は勿論ですが、秩序だって動かなければ力として発揮されないことをよく知っています。いままで手術を見学した国内外の多数の医師で、組織プレーを指摘した医師はいませんでした。われわれのチームプレーを冷静に観察していたドイツ人は、やはり規律好きなのでしょう。

ishibe at 22:46|PermalinkComments(2)clip!

2017年08月30日

新患予約をされた方々へ

87a7affd.jpg新患の診察枠を増やすことによって、当初の予定より外来診察日が早くなっています。当院より順次、お電話にてご連絡しておりますのでお待ちになってください。よろしくお願いいたします。

ishibe at 22:33|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月26日

ドクター石部と記念写真

2d1f6fca.jpg先日、退院後はじめての診察にいらっしゃいました。左右の股関節の治療が終わり、術前の痛みが全くなくなりました。筋力訓練、ストレッチ体操を継続することによって来年の再診には杖を使わずに綺麗に歩いていらっしゃるはずです。

ishibe at 15:11|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月22日

ベア医師(豪)来院

99152de7.jpg先月、オーストラリアのメルボルン・オーソペディック・グループのベア医師が来院し、わたしの手術を見学し、その後、ディスカッションをしました。ベア医師は股関節と膝関節の手術をしている医師で、年間200件の人工股関節置換術を行っているそうです。彼はナビゲーションシステムを使用していないのですが、別の方法で術前CT検査を元にしてカップの設置位置を決定しているとのことでした。また、患者の立位での骨盤の位置を検討して適宜カップ位置を修正していました。これに関しては、術後、骨盤の位置が変化するので意義が少ないかもしれません。写真向かって右は少林寺拳法の記念タオルをプレゼントしているところですが、並んで立つとサッカー日本代表がオーストラリアに勝つのはかなり厳しいことを実感しました。まもなくW杯アジア最終予選で豪州と戦います。ガンバレ日本!!


ishibe at 22:22|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月20日

機内映画評2017

d0d7f7ba.jpg最近は羽田発着、しかも深夜便を利用して海外に行けますので、診療をできるだけ休まず出張することが可能になりました。しかしながら、機内では寝てしまいますので観ることができる映画の本数が少なくなってしまうのが悩みです。

「キングコング:髑髏島の巨神」(2017年、米)
言わずと知れた米国で最も有名な怪獣キングコングの映画。冒頭は先の大戦での日本兵とアメリカ兵の1対1の対決です。中国の資本が入っているのに日本兵が出るの?と疑問を持ちましたが、監督が日本のアニメやゲーム大好き人間とのことで納得しました。「エイリアン」や「プレデター」のように閉ざされた空間で人間が一人一人悪役モンスターに襲われていく定番のストーリーにキングコング(正義の味方)が助けてくれるというものです。このような映画をみるとCGの発達を実感します。映画館で3D・4Dで観れば、かなり迫力ありそうです。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」(2017年、米)
原作は日本の漫画「攻殻機動隊」。人間が自らサイボーグ化を選ぶようになった近未来が舞台。雰囲気は「ブレードランナー」の世界。それだけ「ブレードランナー」がSF映画に与えた影響は大きかったということでしょう。主演のスカーレット・ヨハンソンは活劇が似合う女性で、この映画にピタリです。ビートたけし、桃井かおりが出演していますが、全体的に暗い雰囲気の映画でした。

「英国王のスピーチ」(2010年、英)
2011年第83回アカデミー賞作品賞受賞。はじめて観ました。作品賞を受賞している映画は大体いい映画で。この映画も派手な活劇場面ないものの引き込まれ、あっという間の2時間でした。吃音症のヨーク公アルバート(後のジョージ6世)と言語療法士ライオネル・ローグの物語。実話に基づいています。映画中盤でアルバートの音声がまったく聞こえなくなりました。機内オーディオの故障かなと思っていたら。これは過激な台詞のため、この場面は音声OFFになったようです。

「カンフーヨガ」(2017年、中、2018年日本公開予定)
ジャッキー・チェン主演。これはがっかり映画です。さすがにジャッキー・チェンもアクションが年々低下しています。63歳ですから仕方ないです。スタントマンを使うとジャッキー映画ではなくなるし、難しいところです


ishibe at 15:27|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月06日

世界陸上2017ロンドン100m決勝

5ff70612.jpg残念ながら日本の3選手(多田、ケンブリッジ、サニブラウン)は決勝に進めませんでしたが、決勝は見応えがありました。大スター、ボルトの最後の100m、結果はまさかの3着。1位ガトリン(米国)、2位コールマン(米国)でした。もともと苦手であったスタートの遅れが響きました。むしろガトリンのほうが後半にぐいぐい加速していきました。きっと悔しい思いをしているでしょう。ボルトは30歳、ガトリンは35歳ですから、もしかしたら東京オリンピックまでに復帰して出場するかもしれませんし、ぜひ東京で走って欲しい。気になるのは2回ドーピングの既往があるガトリンです。優勝して観客は大ブーイングでした。わたしは日本体育協会のスポーツドクターであり、ドーピングの講習会を受けるですが、ドーピングはいたちごっこで違法薬物を使用しているのにかかわらず検査でひっかからないことはあります。国をあげてのドーピングをしていたロシアの例を持ち出すまでもなく、締めだすのは困難です。ガトリンやボルトの尿は冷凍保存して、数年後に再検査するはずです。彼らがドーピングをしていないことを信じたい。

ishibe at 13:43|PermalinkComments(0)clip!

2017年07月30日

ドクター石部と記念写真

5374249d.jpg「検診無事終わり全員ホッとしております。ありがとうございました。」賑やかな待合室も当院の特徴の一つです。

ishibe at 17:38|PermalinkComments(0)clip!

2017年07月24日

ドクター石部と記念写真

902ff2c4.jpg「先日は、お世話になりました。2年ごとに北海道旅行ができるのも先生のおかげです。今回は白老温泉のピリカレラホテルでモール温泉を満喫し、小樽でみんなと合流し2泊、受診後、札幌で1泊、楽しみました…(中略)今度は、トマムの雲海、見に行きたいです‼︎」
みなさん、手術後でとても楽しい北海道旅行になったようで。トマムの雲海は当院スタッフも見たがっていましたが、まだ見ることができないようです。昔、摩周湖も見るのが難しかった記憶があります。わたしは摩周湖に3回行ってようやく1回見ることができました。


ishibe at 19:19|PermalinkComments(0)clip!

2017年07月23日

さっぽろ大通ビアガーデン

f85f3d34.jpg7月20日から毎年恒例の大通公園ビアガーデンが開かれています。1959年から始まり総席数は13,000席!12時〜21時までオープンしていますが、昼過ぎからアサヒ、キリン、サントリー、サッポロビール会場は賑わっています。ちなみにわがサッポロビールはサントリーに抜かれ4位のシェアに甘んじています。昔のサントリーのTVCMで加山雄三さんが料亭で関取2名とビールを飲んでいるコマーシャルがありました。当時の現役関取だった旭国、麒麟児が字幕ではアサヒ国、キリン児となっていて、お店の人の「サッポロからのお連れさんがお着きになりました」の声に加山さんが立ち上がろうとすると、関取が「あんたが主役」と言って座らせる粋なCMでした。当時のサントリービールは4位、上位を抜こうという放送倫理ギリギリの面白いものでした。今こそサッポロビールにはにやりとさせるCMを作って欲しい。閑話休題。ビアガーデンは8月15日まで。今年から嬉しいことに全席禁煙になりました。当院受診の際には是非お立ち寄りください。

ishibe at 17:33|PermalinkComments(1)clip!

2017年07月19日

ザグラ教授(伊)来院

05aca8a7.jpg先日、イタリア・ミラノにあるガレアッツィ整形外科病院のザグラ教授が札幌外科記念病院と当クリニックを訪れました。わたしは2007年にガレアッツィ病院を訪問しました(ご興味がある方はわたしのウエブサイトの海外活動報告をお読みください)。また、ザグラ教授は2012年ミラノで開催されたヨーロッパ股関節学会の会長を努めており、この学会でわたしは人工股関節手術後の脱臼について発表しました。ガレアッツィ病院では年間1,500〜2,000件の人工関節が行われ、この数はイタリアでは最も多いそうです。ザグラ教授はこの病院の股関節部門のチーフであり、彼自身は年間400件の人工股関節手術を行っています。彼はわたしと同じように後方進入で手術を行っていますが、MISではなくナビゲーションも使っていないので、興味をもってわたしの手術を見学していました。手術後は当クリニックで検討会を行いましたが、さすがイタリア人という感じで大きな身振りでマシンガントークをしました。その後しばらく彼の姿がわたしの目に焼き付いてしまったほどです。当院訪問の記念に「ザグラ」の名前入りの少林寺拳法Tシャツとタオルをプレゼントしました(写真下)。カタカナで彼の名前を刺繍しましたので大変喜んでいました。ドイツのフィンク教授が先月来院した時に感じたように、並んで立つとサッカー日本代表がイタリアに勝つのはかなり厳しいことを実感しました。


ishibe at 22:52|PermalinkComments(0)clip!

2017年07月08日

ドクター石部と記念写真

b27426c2.jpg「先日は母の1年検診有難うございました。検診では異状なく、関節の動きも良いとおっしゃって頂きましたので診察後は早速小樽へ出掛けました。小樽運河周辺を散策したり、今年8月で閉館予定の石原裕次郎記念館や天狗山の夜景など電車やバス移動で行ってきました。昨日は円山動物園へ。飛行機の時間まで余すことなく2泊3日楽しんで北海道を後にしました。
今、スマホの万歩計機能を思い出し確認してみましたら、6月30日(金) 23007歩 7月1日(土) 18769歩も歩いていました。母が石部先生の診察を受ける前は「年齢的に誰でもこんなもの、今まで趣味の登山も沢山したし、歩けるだけまし…」そんな感じでしたが、手術後は、こうして痛みもなく以前のように歩けることに母本人も驚き、先生に大変感謝しています。先生のお人柄が母の気持ちを変えてくださいました。本当に有難うございました。」
毎日の生活が豊かになった姿を見ることほど医師として嬉しいことはありません。



ishibe at 18:29|PermalinkComments(0)clip!

2017年07月02日

ドクター石部と記念写真

cc580bc3.jpg「金曜入院だったため最初は長いなーと思っていましたが、手術後はリハビリに追われ、病室では皆さんと楽しいお喋りと気が付けばあっという間の出来事でした。」
退院後も筋力訓練、ストレッチ体操をぜひ毎日続けてください。お願いいたします。

ishibe at 20:02|PermalinkComments(0)clip!

2017年07月01日

色紙

30aad4f0.jpg手術後の定期検診で来院された方から、このような素敵な色紙を頂きました。わたしにとっては過分な文言で照れてしまいますが、手術をお受けになってから人生が輝くようになることほど嬉しいことはありません。

ishibe at 17:15|PermalinkComments(0)clip!

2017年06月29日

ドクター石部と記念写真

aef330df.jpg「明日、退院です。先生を信じて来て本当によかった。ありがとうございました。先生の健康と更なるご活躍をお祈りいたします」
退院後は石部クリニックにてまたお会いしましょう。

ishibe at 22:44|PermalinkComments(0)clip!

2017年06月27日

フィンク教授(独)来院

8bcd9584.jpg先日、マルクグレーニンゲン整形外科病院のベルント・フィンク教授が当院と札幌外科記念病院に来院し、わたしや平山副院長と一緒に回診、手術、検討会を行いました。マルクグレーニンゲンはシュトゥットガルト近くにある小さな町ですが、この病院では年間2,000件の人工関節(膝、肩を含む)が行われ、そのうち500件は再置換とのことで、近隣の病院から患者が紹介され、いわば地域の人工関節センター病院になっています。彼はわたしと同様に後方進入のMISを行っていますがナビゲーションは使用しておらず興味をもって手術見学していました。彼の病院では人工関節後の感染症例に対する治療が多く、その経験に基づいたプレゼンテーションは説得力があり、当院にとって参考になりました。翌日には帰国するという慌ただしい1日ではありましたが、彼にとっては刺激を受けた1日になったはずです。写真のように、並んで立つとサッカー日本代表がドイツ・チームに勝利することは厳しいことを実感します。

ishibe at 21:47|PermalinkComments(2)clip!

2017年06月26日

ドクター石部と記念写真

d7df5184.jpg退院後検診にて。自然と笑みがこぼれます。

ishibe at 21:56|PermalinkComments(0)clip!

2017年06月25日

第101回日本陸上競技選手権大会(大阪、2017)

254b9e52.jpgサニブラウンが100mと200mで優勝しました。ケンブリッジは100mで3着。サニブラウンの父親はガーナ人、ケンブリッジの父親はジャマイカ人。陸上競技では中長距離系に強い東アフリカの国々(ケニア、エチオピアなど)、短距離に強い西アフリカの国々(ガーナや西アフリカ出身奴隷の子孫であるジャマイカなど)に分かれます。同じアフリカなのになぜ東西で違うのか。面白い仮説が、東アフリカの女性は痩せて細長い男性(長距離に強い)を好み、一方、西アフリカの女性は筋骨逞しい男性(短距離に強い)を好むので、結局その血筋の子孫が多くなったというもの。この仮説に沿えば、日本人の若い女性はジャニーズ系を好んでいるようですから、今回の競技会で100m2着にはいった多田修平のような選手を輩出するかもしれません。多田選手のロケットスタートはジャスティン・ガトリンも賞讃するほどです。日本には1932年のロサンゼルス五輪100mで6着入賞を果たした吉岡隆徳(1909-1984)という当時50mまでは世界一速いとまで言われたスタートダッシュの名手がいました。日本人が100mで入賞するには、やはりスタートが大事に思われます。

ishibe at 22:09|PermalinkComments(0)clip!
石部基実プロフィール
Archives