2010年02月08日

ありがとう♪青森ドロップキッカーズ

青森市のスポーツ会館がなんといっても中心となるお話
ですが、青森市民にとっては、慣れ親しんだ地名が随所に出てくる
ので、尚更嬉しくなる本です。

Aomori Drop Kikers

ついつい、モデルになったのはあの人かな?なんて思いながら
読んでしまいましたが、

それよりも、何よりも、強ければ何でも許されるという、昨今の風潮に「喝!」という部分に感動します。


「カーラーは不当に勝つなら、むしろ負けを選ぶ」という
カーリング精神」って、なんて素敵なんでしょ!

カーリングへの理解が深まることも嬉しいですが、日本の武道にも通じるような、気高い理念の「カーリングの精神」が浸透していきますように。

せめて、青森県内学校図書室での「おすすめ」にならないかな。。。

読み進んでいくうちにカーリングの知識も吸収できるという臨場感あふれる内容です。

バンクーバーオリンピックの前に読めば、より一層、カーリングの試合が楽しくなりそうです。


作者は青森通で有名な、森沢明夫さん。映画化決定の「津軽百年食堂」の作者でもあって、青森ドロップキッカーズも映画化にならないかしら。。。

あとがきを読んで、さらに、さらに感謝の念深しです。 

 

 



ishida55 at 12:00│Comments(0)TrackBack(1)clip!カーリング 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

僕のカーリング好きをよく知っている『俺と100冊の成功本』の聖幸さんからのご紹介で、小学館から献本いただいた。丁寧なお手紙つきだった。お礼申し上げます。 まあ、言いたいことはだいたいアマゾンのレビューに書いちゃった。 カーリングの魅力に寄せて語られる「フェ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔