2016年06月25日

英国のEU離脱問題

石田です

英国のEU問題を注目していましたが
離脱の方向となりました
大きな混乱をもたらす大変なことだと思います

ただ2年の準備期間があるので
まずはどう変化していくのか注意深く
見守っていくことがもっとも重要です


この問題の背景はEUによる政策決定が進むほど
英国の自主性が失われることへの不満と
増え続ける移民問題とそれに伴う雇用不安が
指摘されています

そしてこれはアメリカ大統領選における
共和党のトランプ現象や民主党のサンダース現象、
強硬派と言われるフィリピン新大統領選出などと
通底するものがあるように感じられます

すなわち低所得層だけでなく
若年層や中間層も巻き込んだ
国民の生活不安です


こうした世の流れはいずれ日本にも
少なからず影響が及ぼされると考えられるだけに
所得の再配分など日本も十分に備える必要があります

ただリスクを抱えて出発し
成果を上げたベンチャーには
将来的にも大きな雇用や税収を生み出すだけに
成長戦略の観点からも配慮が必要です

こうしたバランスを考慮に入れ
今後の日本を形づくる新たな社会システムを
模索していかなければいけない時期だと思います



ishida_masatoshi_net at 13:19|Permalink石田の発言 | 主張・提言

2016年06月21日

参議院選挙にあたって

石田です

今回の参院選は従来から指摘しているように
私の歴史観からすれば
とても重要な時機にあります

政府は「第四次産業革命」という
言葉を使いはじめました
まさしく大きな変革の時です

そして産業革命には光と陰があり
光を伸ばし陰に手立てを講じて
いかなければならない時期です

そのためには政治の安定がなければ
適時適切、時宜に適う対応ができません


野党連合を主張していますが
選挙のための連合に過ぎず
野合と言わざるを得ません

今までの経験から野合の結果は
混乱でしかありませんでした

日本の将来を左右するこの時期には
何としても安定した政治が必要です

そのために勝利を目指して頑張ります



ishida_masatoshi_net at 23:37|Permalink石田の発言 | 主張・提言

2016年06月16日

都知事の去就

石田です

舛添さんの問題が都政を超えて
大きく報道されています

そもそも政治家の基本として
公私混同は厳に慎むべきであり
政治資金規正法の前提が
政治活動である以上
辞任はやむを得ないと思います


しかし一方で舛添さんが
知事候補となった背景には
世論調査での圧倒的な支持がありました

当時、何度世論調査をしても
舛添さんの支持が圧倒的で
自民党から飛び出した方だけに
党として不本意ながらも
候補者に選んだように聞いています

もちろんこうした背景を理由に
候補者とした責任を自民党は免れませんが
ただ当初から有権者が選んだ知事だったと言えます


今回もまた辞職に至る前から早くも
テレビによく出ている人々を中心に
候補者候補としてさまざまに取り上げられています

しかし候補者の行政手腕など
知事に求められる能力が問われることなく
取り沙汰されています

マスコミもジャーナリズムの責任を持って
しっかり候補者の実力に焦点を当てる
報道をしてもらいたいものです

そして都民の皆さんにしても
マスコミが取り上げた人々を念頭に
候補者選びが大きく左右されるのではなく
地に足の付いた実力を評価する選挙を
期待しています

東京都知事は日本の首都の首長であり
都民だけの問題ではなく
国内的にも国際的にも注目されています



ishida_masatoshi_net at 11:43|Permalink石田の発言 | 主張・提言

2016年06月15日

霞ヶ関人事

石田です

通常国会が閉会して
霞ヶ関はいま人事の季節です

連日報道される人事のニュースを見ると
感慨深いものがあります


各省庁の幹部職員の皆さんには
日頃から大変お世話になっていますが
30年前にもなる県議の頃に
和歌山県に出向されていた縁で
長年お付き合いのある方々や
14年前、衆議院議員に当選した頃から
お付き合いのある方々には
とくにお世話になっています

そうした方々が今回とくに数多く
新聞紙面に顔写真付きで紹介されるような
事務次官やそれに準じる役職、局長など
各省庁の重職に就かれるようです


県に出向するような若手時代や
新人・若手議員の相手をするような
中堅時代からのお付き合いだけに
非常にうれしく思うとともに
それだけの月日が経っていることを実感します

重職に就かれた皆さんには
心からお祝い申し上げますとともに
これまで以上に頑張っていただきたいと思います

それと同時に今までどおりのお付き合いをいただき
私もしっかり頑張っていきたいと思います



ishida_masatoshi_net at 10:00|Permalink石田の発言 | 主張・提言

2016年06月03日

消費増税延期に際して

石田です
通常国会が閉会しました

会期末寸前には消費税の延期をめぐり
党内で議論があり
今回の政策決定のあり方について
自民党の多くの人が
違和感を覚えたのも確かです

そこで政調全体会議では
従来の自民党にはなかったことなので
今後、対処いただきたい旨を申し述べました


消費税については私自身、従来より
予定どおり増税すると同時に
景気の落ち込みを大きな財政出動により
支えるという考えでした

そして、その財政出動は従来と視点を変え
ようやく見えてきた未来志向の分野に
重点的に投資するというものです

たとえば人工知能など新時代の産業への投資や
高齢者が働ける場の創造、地方創生や少子化対策、
そして若者が結婚できるだけの賃金対策など
これらへの投資を通して消費を上向かせ
同時に将来への備えを講じるとの考えです


もちろん総理が中心となって
さまざまな状況を勘案して
増税の先送りを判断されたことは
尊重しなければならないと思います

異なる意見で議論を交わしながらも
結論が出れば一致結束するのが自民党の長所です

参議院選挙も一丸となって勝利を目指します



ishida_masatoshi_net at 14:29|Permalink石田の発言 | 主張・提言