2017年01月10日

メルマガ発行(1/10)

地元事務所です

新年にあたってのごあいさつと
年末の国会で議論された法案の詳細について
石田がメルマガでご報告いたしました

ホームページに掲載しておりますので
ぜひご覧ください
http://www.ishida-masatoshi.net/

ishida_masatoshi_net at 17:58|Permalink議員会館・お知らせ 

2016年12月31日

元旦のあり方

石田です

今日の新聞折込に
大型ショッピングモールの初売が
1日9時とあり思わず驚きました

働くほうからすれば嫌とも言えず
従業員やご家族の方は大変だなぁ
というのが率直な印象です

働き方改革が話題となっていますが
長時間労働の是正だけでなく
正月のような特別なときの対応もまた
求められると思います

公共交通など社会からどうしても
求められる仕事はありますが
多くの場合は正月ぐらい休んでも
困る人はさほどいないでしょう

正月とお盆は、神道でも仏教でも
古来より年2回、祖先を祀る風習が
続いているものと言われています

それだけに家族そろって
一年の初めを言祝ぐことは
社会や家族にとって重要であり
企業にとっても売上以上に
必要だと思います

経営者をはじめ日本の皆さんが
働き方について幅広く考える
契機としたいものです


ishida_masatoshi_net at 20:27|Permalink石田の発言 | 主張・提言

2016年12月28日

新設される和歌山の大学

石田です

和歌山市の本町小学校地への
大学開学の協定が締結され
予定されていた3つの大学の
設置環境が整いました

伏虎中跡地への県立医科大学の薬学部(H33)
雄湊小跡地への東京医療保健大学の
和歌山看護学部(H30)、そして今回の
本町小跡地への男女共学の
和歌山信愛大学教育学部(H31)です

合わせて1300人の学生が予定され
非常に喜ばしいことです

仁坂知事、尾花和歌山市長はじめ
関係する皆さんのご尽力に
深く感謝と敬意を表します


和歌山は大学進学で
県外に流出するワースト県であり
大学設置は長年の課題だっただけに
それだけに今回の大学新設は
県民の期待に大いに応えるものです

順調に開学され発展していくよう
私もしっかり応援していきます

少子化と人口減少、そして
人工知能などの技術革新などにより
社会の大変革期を迎えています

それだけに卒業生が就職する頃には
社会環境も大きく変わっていると思いますが
和歌山で学んだ若者たちが
期待を持って社会に出て行けるよう
関係者の一段のご尽力をお願いいたします


ishida_masatoshi_net at 17:10|Permalink石田の発言 | 地元活動

2016年12月21日

今年最後の総務会

石田です

昨日、今年最後の党総務会が開かれ
今年度の第三次補正予算案と
来年度の本予算案を承認しました

このあと閣議で決定される予定です

そして通常では年明けに通常国会が開会し
すぐに予算委員会が開かれ予算審議が行われます

筆頭理事として多忙な日々が
1カ月ほど続くことになります


さて総務会では今回も
激論が交わされました

今回は社会保険料の負担と
税による負担の問題です

政治的には双方とも
それぞれの理屈に基づいて
皆さんに負担をお願いしています

しかし皆さんの財布からすれば
どちらの場合であっても
出て行くお金に変わりはありません

それだけに税と保険料の違いや役割を含め
いかに皆さんにご納得いただくのか
といった内容でした

とくに年金生活の方々には切実な問題であり
意義ある議論だったと思います


ishida_masatoshi_net at 18:46|Permalink石田の発言 | 国会活動

2016年12月09日

また吹く解散風

石田です
また解散風が吹き始めました

「支持率が高いうちに」との
理由が考えられますが
2年後の総裁任期切れの前には
アベノミクス5年の評価が
善し悪しにかかわらずなされます

高評価であればスムーズに3期目に入り
そうでなければ一転、総裁選が考えられ
衆院選の勝利は意味を持ってきません

また与党で衆議院の2/3を確保しており
これ以上、議席を増やす意味もありません

こうしたことから現状での解散に
積極的な理由を見いだせません


一方で米、欧、韓の政治状況は
あえて日本で政治的空白をつくってよい
状況とも思えません

今は国民から与えられた安定政権だけに
まずは課題にしっかり取り組んで
期待に応えていくべきと考えます


ishida_masatoshi_net at 18:12|Permalink石田の発言 | 主張・提言