2017年08月02日

教育無償化に関する議論

石田です

昨日、憲法改正推進本部の
役員会と全体会議がありました

4回目となる今回の議題は教育無償化で
これで議論が一巡したことになります

会議では新聞で報じられているように
慎重な意見が多数を占めましたが
詳しく説明すると
「教育の重要性に鑑み、教育環境の
 整備に努める」という
いわゆるプログラム規定を書き加える
加憲については賛同するものの
無償化の明記については
異論が多くありました


私自身は役員会で少し違う観点から
次のような旨を申し述べました

SOCIETY5.0時代を間近に迎えつつあり
まずパラダイムシフトの先に
どのような教育がふさわしいか議論すべき

その上で高等教育だけに目を向けるのでなく
幼児、初・中等教育を含め
子どもたちの将来が阻害されることのないよう
必ずしも潤沢ではない財源を有効に使っていくべき


いずれにしろ議論が一巡し今後は
月末に次の議論が予定されていますが
しっかり頑張っていきます


ishida_masatoshi_net at 11:34│ 石田の発言 | 主張・提言