2017年11月20日

Society5.0時代の教育に向けて

石田です

党内の文科部会を中心に
Society5.0時代の教育に対応すべきと
強く主張してきましたがそれを受けた形で
2つの会議が立ち上がりました

「新たな時代を豊かに生きる力の
 育成に関する省内タスクフォース」は
林大臣を筆頭に省内課長級で構成され
文科省として実施すべき課題を
検討することになります

もう一つは「Society5.0に向けた
人材育成に係る大臣懇談会」です

Society5.0時代に広く国民に
どのような能力が必要か
また社会を先導するにあたって
どのような人材が必要か具体的に
社会像を描きながら議論するもので
林大臣を座長に大学教授をはじめ
民間識者から構成されます


従来の延長線上の教育では
おそらく対応しきれない課題も
多くあると思います

まさしく時代の大変化に
教育も大きく変えていくつもりで
取り組んでもらいたいものです

この2つの会議に大いに期待しています


ishida_masatoshi_net at 17:41│ 石田の発言 | 主張・提言