メルマガ発行(11/25)体感 首都直下地震ウイーク

2019年11月27日

税調が始まりました

石田です

いよいよ来年度税制の議論が始まりました
今年の税調では副会長として
幹部会などに参加していきます


さて昨日は全ての部会からの要望を聞き取り
今日も朝から幹部会に出席しました

主要項目について国際課税、法人課税、
たばこ税などがある中で
企業の内部留保に関する発言が多く
私も発言しました


内部留保の指標である「現預金対総資産比」を見ると
2015年から上昇傾向にあり
主要国では10数%程度なのに比べ
日本では20数%と明らかに過剰です

今まで自民党はデフレ対策として
投資や賃金アップを促すため
さまざまな政策を講じてきましたが
増配当や自社株買いなどは見られつつも
積極的な投資や賃上げなどには
大きな効果が見られていません


現在は非常に重要な、大きな改革期であり
積極的な投資が必要なことは論をまちません
そして賃上げの重要性も今さら言うまでもありません

日本の成長という所期の目的のためには
投資をしっかり促す税制とするのか
内部留保への課税とするのか
企業の状況や行動などの分析をして
判断する必要があると思います


ishida_masatoshi_net at 17:41│ 石田の発言 | 主張・提言
メルマガ発行(11/25)体感 首都直下地震ウイーク