メルマガ発行(1/27)

2020年02月04日

委員会の開始時刻

石田です

先日、ふるさと納税に関する判決が
大阪高裁から出され
総務省側の主張が全面的に認められました

法施行以来、ふるさと納税はルールの下で
順調に運営されているようで
所期の目的に沿って
健全に発展することを期待しています


さて本日、与党の委員長・筆頭理事による
打ち合わせ会が開かれました

その際、大臣在任中に感じていた
委員会の開始時刻について
意見を申し述べました


衆議院では通常9時からの開催ですが
参議院では予算委員会をのぞいて
通常10時からとなっています

そのスケジュールを大臣側から見ると
通常、答弁の打ち合わせは
早朝から行われますが
閣議や閣議後記者会見などがある日は
さらに早くなります

自ずと役所の皆さんは
さらに早朝からの出勤となります

わずか1時間とはいえ
参議院のほうが余裕を持てるのが実感です

また与野党ともに連日
朝は8時から党内の会合が開かれ
法案などについて議論を行います

委員会が9時開会となると
十分に議論を尽くせないまま
退席することが多くなります

そこで与野党ともに十分に
党の議論を深めることができ
大臣、官僚も余裕が持てるよう
特段の事情がなければ
10時開会にできないか
協議してもらいたい旨を発言した次第です

参加者の多くに賛同いただきましたが
今後の展開を見守っていきたいと思います


ishida_masatoshi_net at 16:51│ 石田の発言 | 主張・提言
メルマガ発行(1/27)