コロナ感染拡大の本質

2020年03月17日

若手の公務員離れ

石田です

「公務員転職希望が急増」「長時間労働の見直し課題」
との見出しで公務員の人材流出について
日経新聞が報じています

国家公務員の離職者が3年連続で増加しており
将来の行政機能の低下を招く恐れとも指摘しています


実際に私の同級生のお子さんも退職するなど
こうした動きは永田町界隈で結構話題です

記事ではその理由に民間に比べて7倍にもなる
残業時間を挙げており長時間労働の理由に
国会対応のための長時間拘束や
電話対応などの雑務を例示し
若手の働く意欲の減退を指摘しています


この問題は以前から指摘されており
対策として国会改革が叫ばれるものの
与野党の駆け引きの中で
立ち消えになってきました

しかし最早看過できない状況だけに
与野党挙げての改革が急務だと思います


先にブログで大臣のときの経験から
委員会開始時刻の変更を提言した旨を
報告しましたが
根本的な問題は質問の通告期限です

法案質疑にしろ一般質疑にしろ質問者は
予め時間をかけて準備しているはずであり
従来からの申し合わせの通り余裕を持って
質問を通告することは難しくないはずです

それだけでも官庁は質問通告の待機や
深夜におよぶ答弁作成などが緩和されます


人材育成には時間も手間もかかるだけに
日本の将来を考えて若手の流出を阻むべく
真摯に取り組む時期と考えます


ishida_masatoshi_net at 19:40│ 石田の発言 | 主張・提言
コロナ感染拡大の本質