福祉・高齢者・子育て

2013年11月13日

難病対策ヒアリング

石田です

先だって地元で
アンジェルマン症候群児親の会の
山本会長にお目にかかり
難病対策に力を注いでもらいたいとの
要請をうかがいました

私が従来よりさまざまな機会に
申し上げているのは
自助、共助、公助のうち
もっとも公助を必要とするのは
障害者や難病への対策ということです

そうしたなか本日、党厚労部会の難病PTで
難病や小児慢性特定疾患への対策に関する
関係団体からのヒアリングがありました


このところ年末に向けた予算編成や
税制改正に関する会合が立て続けで
本日のPTには残念ながら
わずかな時間しか出席できませんでした

しかしヒアリングで話をうかがうほど
成長とともにそれぞれの段階における
ご苦労がしのばれます

それだけに今後も
治療研究や福祉施策の充実に
しっかり取り組んでまいります



ishida_masatoshi_net at 14:39|Permalink