主張・提言

2018年10月09日

地方議員の年金問題

石田です

大臣就任後、記者の皆さんから受けた
グループインタビューの内容が
紙面となって報道されていますが
本意を伝える難しさを感じています

至らなさを反省するとともに
しっかり答えていきたいと思います


さて、インタビューではまず
地方議員のなり手不足について
どう思うかという質問がされました

地方議員のなり手が減っているのは
ご家族や周辺の方々の反対など
いろいろな要因がありますが
地方議員への住民の思いも
ずいぶん変わってきました

かつては地域住民の代表として
たとえば地区の道路や排水といった
住環境の改善などの期待もありました

それらがずいぶん整備され
住民の関心が趣を変えていることも
なり手不足の一因のように思います

ただ立候補者が少なければ有権者の選択肢も
狭まってしまうだけに大きな課題です


そのような中で議員年金の話となり
なり手不足対策と認識されがちだが
私の捉え方は少し異なる旨を答えました

今や転職が普通になり年金を持ち歩く
ポータブルペンションの時代です

特権的な年金が許されないのは当然ですが
一方で地方議員も給与所得者とも考えられる面もあり
自分の経験を踏まえると青壮年の地方議員が
継続して掛けられる年金の仕組みは
必要ではないかとの趣旨です

いずれにしろ議員立法ですので
各党各会派で熟議されることと思います


ishida_masatoshi_net at 12:56|Permalink

2018年10月06日

総務大臣就任

石田です

このたびの内閣改造で
総務大臣を拝命しました

報道以来、多くの皆さんから
励ましのご祝意を頂戴し
心よりお礼申し上げます

従来より申し上げてきたように
社会が大きく変わろうとしている時であり
地方の疲弊と東京一極集中も
限界と思われる時だけに
地方行政に係わる大臣を拝命し
身の引き締まる思いです

すべての地方の思いを代弁し
地方の活力を維持できるよう
全力で頑張ってまいります

※(事務所より)
明日のNHK「日曜討論」に
石田が登場予定です
ぜひご覧ください


ishida_masatoshi_net at 10:12|Permalink

2018年07月11日

赤坂自民亭について

石田です

「赤坂自民亭」が注目を集めています
ご批判はしっかり受け止めなければなりません

ただ誤った情報も多く流れているので
あらためてブログで説明します


自民亭はそもそも平成24年の政権復帰後
数名の同期の友人たちと始めたものです

多くの新人議員をはじめ期数の若い議員が
日ごろ話す機会の少ない大臣や
党幹部の皆さんと気軽に談笑できる場を
先輩議員の務めとして設けようとの趣旨です

議員宿舎の会議室に各人が
酒やつまみを持ち寄って
国会開会中に1、2カ月に一度
開いており今回で27回を数えました

とくに期数の若い議員からは
貴重な話を聞ける場であり
意見も言える場と好評いただいているもので
単なる飲み会ではありません


そして批判をいただいている5日の会ですが
総理出席の会ということで終了後
30人近い報道陣の要望により
会合に関する質疑応答をしましたが
大雨に関連した質問は全くありませんでした

また総理をはじめ大臣など
秘書官が待機しており
緊急時の対応に備えていたことは
通常と何ら変わりありません


今回の集中豪雨により
広範な地域に大きな被害が生じ
多くの被災者がおられます

ご批判を真摯に受け止め
しっかり復旧・支援に努め
さらに今後の防災減災に
取り組んでまいります


ishida_masatoshi_net at 18:00|Permalink

2018年01月22日

5Gの新たな取り組み

石田です

新しい通信規格5Gは
21世紀の基幹インフラであり
地方から敷設されなければ
都会と地方の格差が一段と広がり
取り返しがつかなくなると
従来から主張してきました

そうした中ようやく総務省で
「ICTインフラ地域展開戦略検討会」
が設けられました

地方代表を含めた有識者の方々により
2020年に実用化が見込まれる
5Gを活用した地域での展開について
議論が重ねられることになります

5Gは新技術の活用に不可欠なだけに
どこでも5Gの恩恵を
受けられることは重要であり
検討会の今後に大いに期待します


また先日、5Gに関する展示会が
NTTドコモで行われ視察しました

建設重機の遠隔操作をはじめ
ヒト型ロボットの遠隔作業、
分身ロボットによるテレワーク、
超ワイドパノラマを通じた野球観戦、
和医大で実証実験を進めている遠隔診療
などの実演を見ることができました

一日も早い社会実装を期待しています


ishida_masatoshi_net at 21:34|Permalink

2017年12月21日

パンダ報道とネットニュース

石田です

スマホでよく見るのですが
ネットのニュースでは
さまざまな記事が発信されていて
興味深く有用です

たとえば今日のパンダの記事です

上野の赤ちゃんパンダが話題ですが
白浜では1、2年ぐらいごとに
赤ちゃんパンダが生まれています

そうした過熱報道に対して
仁坂知事も指摘されましたがネット記事でも
「全国ネットで東京ローカル番組やめよう」や
「なんで、東京のパンダだけが
 チヤホヤされているのか全く理解できない」
といったマスコミに疑問を呈する声が
多く上がっていることが紹介されていました


振り返れば今夏、内閣支持率が
30%や40%と言われていた頃
ネットの調査では50%を切ったことは
ありませんでした

そのように見るとネットニュースの多様性も
必要なものに思われます

同時に最近よく取り上げられる
フェイクニュースをどう防ぐかも
難しい問題ですが重大だと考えます


ishida_masatoshi_net at 19:09|Permalink